出産・子育て

シングルマザーにお伝えしたい、3つの子育てノウハウ

ゆー

子どものことが大好きなのになんだかうまくいかない、こんな風に思ったことはありませんか。みんな何かしら不安を抱えて子育てをしています。シングルマザーのように一人で子育てをしていると、ふと心配したり不安になったりすることが多いかもしれません。

そこで、子育てに役立つノウハウを紹介したいと思います。日々の子育てに役立ててみてください。

■子どもとうまくコミュニケーションを取るためのノウハウ

子どもとうまくコミュニケーションを取ったり、やり取りができたりしているか不安に思うママって結構多いようです。ママとしては、子どものことを思っていろいろとアドバイスをしたり口を出したりしてしまうのですが、子どもからそっぽを向かれたり反発されたりすると、「親子のコミュニケーションがうまくいっていない」と落ち込むことになりますよね。

まして、シングルマザーは一人で頑張って仕事も家事もこなしているため、時間がいくらあっても足りないという人が多いです。だからこそ、1日の間でどれだけ子どもと話ができたかを考えると、コミュニケーション不足を感じる人もたくさんいるのです。

シングルマザー協会では、コミュニケーション講座を開いています。無料で動画を見ることができたり、会員登録すれば体験版で学習したりすることができます。

動画の体験版では、コミュニケーションの基本は伝えることではなく聞くことだといいます。あるシンママさんは、子どもの話を毎日ただうなずいて聞いてあげるように意識をしているといいます。子どもの言うことややることについ上から言いたくなってしまうものですが、それをぐっと抑える気持ちも大事です。

子どもを思うあまり、つい周りと比べてしまったり正しい価値観を植え付けようとしてしまったりすることがありますが、そうするとうまくコミュニケーションができません。

最初から正しいコミュニケーションの取り方を知っている人は少ないですし、失敗もしながら覚えていくこともあるでしょう。時間に少し余裕があるときに、講座を受けてみると、実行してみようと思えるきっかけになります。

詳細はこちら▶https://xn--qckmb1noc2bzdv147ah7h.com/2020/05/09/11889

■子どもに勉強をやる気にさせるノウハウ

お金があれば子どもに塾に行かせたり、優秀な家庭教師を雇ったりすることができるのに、と思ったことはありませんか。それで子どもが勉強する気になり、成績がアップしてくれれば言うことはないかもしれません。

しかし、お金なんてかけていられないというママや、ましてコロナなど感染症がはやっている時期に対面で教えてもらうことに抵抗があるママはどうしようと悩んでしまうかもしれません。そこで、子どもに勉強をやる気にさせる方法を考えてみました。

◎塾に行けない子には「オンライン授業」

塾に行く余裕がない家庭や対面授業が難しい環境下にあるときには、オンライン授業がおすすめです。中・高生には、動画授業が分かりやすいと定評がある「スタディサプリ」というものがあります。月1980円から受講ができ、コーチにチャットで質問ができる個別授業は月9800円です。

また、コロナによる影響で授業が受けられない全国の小中学生対象に、東進が無料の映像授業を提供しています。テストがあり合格しないと次に進めないようになっているので、子どももいい加減に見られない工夫がされています。

2020年度いっぱい無料なのです。ここに限らず、こういったサービスが提供されていることを折に触れてチェックしておくといいでしょう。

◎そもそも勉強が嫌いな子には、キャラクタードリルや通信教材、youtube動画

勉強嫌いでゲームやテレビばっかりの子には、何か動機付けが必要です。書店やオンラインショップでは、キャラクターのドリルが売られています。すみっこぐらしやリラックマ、アナと雪の女王2(漢字)、ディズニー、うんこドリルあたりが有名ですよね。

また、youtubeの動画を見れば、短い映像でも勉強に関わるものがたくさんあります。一方通行の授業にはなりますが、テレビを見る感覚で勉強になるのできっかけ作りにはなるでしょう。

また、勉強が嫌いな子ほど、「なんで勉強なんてしなければならないの?」「勉強なんて人生の役に立つの?」なんて聞いてきます。この質問に関しては、あるシンママさんが明快な答えを出してくれています。

「数学など科目そのものを学ぶというより、問題に対応する力をつけるんだ」「①問題を把握して②道筋を考えて③実行して④振り返る、この4つを面倒くさくても考え続ける。それができる人は世の中がどう変わっても大丈夫」

確かに、算数とか数学の文章題って考えさせる問題が多く、途中で投げ出したいと思うこともあります。でも、それを投げ出さずにやり遂げること、そして間違ったら振り返って学び直すことが大事です。これって、人生で困難にぶち当たったときにもきっと役立つと教えてあげたいものです。

◎市販のドリルが嫌な子にはオンラインプリント

無料学習プリントは、オンラインで気軽に手に入れることができます。ドリルをしない子でもプリント1枚からなら、ストレスなく取り組めるかもしれないので試してみる価値はあります。

幼児から中学生までの無料オンラインプリントサイトは、「ちびむすドリル」がおすすめです。プリントアウトができるし無料なので一度使ってみてください。

詳細はこちら▶https://www.happylilac.net/

■子育てと仕事の両立をするためのノウハウ

子どもの性格や状況、年齢にもよりますが、仕事に忙しいと子育てがちゃんとできているか不安に思うことがあるでしょう。そんなときに、意識しておくといいことをまとめました。

◎両立しやすい仕事を選ぶ

時短勤務があるところや有給を取りやすいところ、また残業がない仕事につくのも両立をかなえるための1つの方法です。職種や職場によっても違うのでよく確認しておきましょう。

◎助けてくれる人を見つけておく

親や親戚、近所の人など、子育てが大変なときに手伝ってくれる人を見つけておくと安心です。子どもが病気になっても仕事に行かなければならないときや、急に発熱して園や学校から電話がかかってきたときに対処できる方法を考えておく必要があります。

地域の子育てボランティアさんや、有料にはなりますがファミリーサポーターやベビーシッターにお願いするためのネットワークを作っておきましょう。

また、保育園児は何かと感染症や病気にかかりやすく、知り合いの子は肺炎で入院しました。母子入院が義務付けられている場合が多いので、その間は会社を休まなければなりません。母も子も強くなるはずですよね。そういった場合もゼロではないことを覚悟しておきましょう。

◎家事の手抜きや分担方法を見つけておく

仕事から帰ってきても、子どもに手がかかると家事がおろそかになり全部思うようにやろうとすると疲れ切ってしまいます。仕事で疲れた日には手抜きをする方法を学んでいきましょう。また、子どもも大きくなってくれば家事を手伝ってくれるようになります。まずは、箸をならべたりテーブルをふいたりするような簡単なことからお願いしてみてはどうでしょう。

~おわりに~

子育てのなかで、気になることを3つのテーマにしぼって紹介させていただきました。もちろん、長く子育てをしていると子どもの月齢によってはさまざまなことが不安になったり、分からなくて困ったりすることがきっとあるでしょう。でも、シングルだけど一人ではないことを知っておきましょう。

人にたくさん頼った分、人から頼られたときに倍ほどお返しすればいいのです。サイトを見たり、人のアドバイスを聞いてみたり、子育てでできないことは人にお願いしてみたりしつつ無理なくやっていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!