• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーだってゆったりのんびり子育てしたい! のんびり子育てのためにできること

出産・子育て

シングルマザーだってゆったりのんびり子育てしたい! のんびり子育てのためにできること

ゆー

仕事と家事、育児に追われるシングルマザーの中には、「仕事も子育ても忙しくて、イライラしてしまう」という人もいます。一方で、経済的にそれほどゆとりがあるわけではないけれど、のんびりと子育てができているという人もいます。

できることなら、誰だって、イライラしたりあせったりせずに、のんびりゆったりした気持ちで子育てをしたいものですよね。そんな、のんびり育児のためにシンママさんができることをまとめました。

■のんびり子育てができているシンママの特徴

のんびり子育てしているママとそうでないママの違いはどこにあるのでしょうか。のんびり育児をしているママによくある特徴をまとめました。

◎ママも子育て初心者と割り切る

子育ては初めてのことだらけです。うまくいくことよりうまくいかないことの方が多くて、落ち込むこともあるかもしれません。でも、子どもが1歳ならママだって1歳です。子どもと一緒に成長していくつもりでちょうどいいです。そう思っていれば、少々うまくいかないことがあったってイライラせずに済みます。

◎家事は最低限にしている

シンママは、仕事をしている人がほとんどです。親と同居でない限り、仕事の後帰宅して家事や子育てをしなければならないのは、時間的にも体力的にも大変なことです。

仕事と家事、育児を並べて考えてみたとき、最も手が抜けるものといえば家事ではないでしょうか。仕事がある日の掃除や料理はほどほどにすることも大切です。出来合いのものをスーパーで買って来たり、掃除をさぼったりしてみても死ぬわけじゃない、と考えると楽になるようです。

◎自分のペースを作っている

マイペースに生きるのが最も楽な方法です。「〇時までにこれをしなきゃ!」と時間に追われるような生活をしていると、イライラしたり、子どもに八つ当たりしてしまったりすることがあります。計画通りに1日が進まなくても、「今日はたまたまうまくいかない日だった」とゆったりした気持ちで過ごすことも大切です。

◎上手に周りに頼っている

子育てにおいても、シングルマザーだから自分でなんとかしなきゃと気構えていると疲れてしまいます。どれほど子育てが大変だと感じていても、それを伝えなければ周りの人も気付いてくれることはほぼありません。

ただ、助けてもらったら感謝の気持ちを伝えることと、余力があれば自分からも相手を助けようという気持ちで関わろうとすることが大切です。そうすれば、相手もまた次も気持ちよく助けてあげたいと思ってくれるでしょう。

たまに、シングルなんだから助けてもらって当然、という態度を取る人がいるようですが、不快に思われるだけですので気を付けたいものです。

また、子どもが大きくなれば子どもが家事などを手伝ってくれることがあります。小さいときから一緒に料理や掃除などのお手伝いを覚えさせておくと、いざというときに役立つでしょう。

■のんびり子育ての実践方法とは

では、シンママさんでのんびり子育てを実践している方の方法について紹介します。のんびり育児の参考にしてみてください。

◎田舎暮らしでのんびり子育て

糸島という福岡県最西の市で子育てをしているシンママさんがいます。自然たっぷりの場所で子育てできれば、どんなにゆったりとした気持ちで過ごせるでしょう。かといって、わざわざ都市から離れた場所に住むと、仕事場から住まいが遠いなど不便さを感じて困るかもしれません。都心にアクセスがよく、自然も満喫できるところで子育てできたら最高ですね。

自宅から、すぐハイキングができてピクニック感覚で絶景を見ながら子どもと一緒に食事するのも楽しそうです。実際に移住するには、田舎や島ではよそ者扱いされて苦労することもあるようなのでよく調べたほうがよさそうです。住むまでには至らなくとも、休日に島や田舎に子どもと一緒にお出かけしてリフレッシュするのもいいですね。

◎親は急がず、子を急かさない

専門家の方の話によれば、親たちがとても忙しくなってきていて限られた時間の中でたくさんのことをこなさなければならなくなっています。そんな社会の中で、子どもにも「早く!早くできるようになりなさい」と焦って急かしてしまうことがあります。

子どもの勉強がその一例です。塾に行かすこともできず、かといって家でなかなか勉強しない子どもを見ているとなんとか学力をつけなければと焦ってしまいます。しかし、勉強で計算ができるようになっても、物事を見通す力や、自己肯定感は育まれません。

お手伝いを例にしたら、料理では手順があり実際にやってみることによって見通す力がつきます。こういった生活の中にこそ成長のタネがあるのだそうです。子どもが時間をかけて「できた」ということを親はすかさずほめることが大切です。

それによって、子どもは自分のしたことや考えに自信を持つようになるのだそうです。お勉強だけではつけられない力を、日々の生活の中で自分の家庭のスタイルで築き上げていくことを考えていれば、周りのお友だちがどうだとか比較して焦らずに済みます。

◎子ども会や子ども食堂を利用する

少子化により子ども会もなくなっているところもありますが、小学校では、子ども会に入っておけばいろいろな行事に参加したり子どもだけで遊びに行く機会もあったりするので、ママ自身もその間はのんびり過ごすことができます。

また、地域には子ども食堂が開設されているところが増えてきています。子どもは無料あるいは格安の料金で昼食や夕食を食べることができます。本来子ども食堂は、親が仕事などにより子どもだけで食事をとる家庭に対し、子どもの居場所作りとして作られています。

しかし、そうでない家庭の子どもも行くことがあるらしいです。親が参加することもできるので、親子や母親同士の交流の場としても提供されています。

◎子どもの行動を先読みして前もって準備しておく

忙しい朝の支度や準備のときには、のんびりやりたくてもできないことって多々あるものです。子どもがテレビを見ようとしていっこうに学校や園の準備をしないと、親としてはきつく言いたくなるものです。

子どもができないことを、ダメだと後から追いかけていたのでは時間ばかりかかってしまいます。そういうときは、子どもがやるべきことの障害になるものははじめから用意しないほうが得策です。

「朝の準備がぜんぶ終わって時間が余ったらテレビをつけていいよ」と決めておけば、朝から親子喧嘩をしなくて済みますよね。あとは、時間を見ながら意識して準備をさせたり、前日までに学校に持っていくものは用意を済ませたりしておくとスムーズです。

少しの工夫で、忙しくてバタバタする朝の時間が、少しのんびりした気持ちで過ごせるのではないでしょうか。

◎自分の時間を作る

平日忙しく過ごしているので、休日はのんびり過ごしたいと思っても、子どもがいるので結局忙しくなると思うママも多いのではないでしょうか。もし、自分の時間を作ってのんびり過ごしたいと思うことがあるのなら、休日に少しの時間だけでも自分の時間を持ってはどうでしょうか。

親がいれば親に預けることができますし、どうしても預ける人が身近にいない場合には、平日帰宅途中にカフェでお茶をして帰るという人もいます。数時間くらいなら、自宅で子どもと一緒に見られないような映画を見たり、ゆっくり読書したり、誰にも邪魔されない時間を持つことはできるでしょう。好きなことをしたら、リフレッシュして子育てもゆとりある気分でできる気がしませんか。

~おわりに~

私の家では、のんびり子育てといえば休日にゆっくり寝て起きることです。いつも子どもの園や学校がある日は、夜9時半には寝て朝7時には起きる生活です。しかし休日は、夜10時に寝て朝8時半に起きています。

のんびりというか、ややダラダラした朝を過ごしていますがそれが息抜きになっています。小さい子は、早寝早起きさせるという育児書通りにしていると疲れるし、ストレスがたまるだけです。子どものライフスタイルを崩さずリフレッシュもできるなら、そんなのんびり育児もいいですよね。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!