• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育ては大変! 疲れたママお悩み5タイプ別リフレッシュ法!

出産・子育て

子育ては大変! 疲れたママお悩み5タイプ別リフレッシュ法!

シンママStyle編集部

シンママの皆さま。今日も1日お疲れ様です! 私は今の子育てが4人目ですが、1人目の育児が始まって母となった日から「しんどい」と思わなかった日は1日もないと言っても過言ではなく、むしろ日に日に疲れを蓄積していっています。

ママ友のなかには「育児が楽しい! 毎日充実してる!」という方もいますが、そんなママは非常にまれ。過半数のママが疲弊し、心のよりどころを求めています。

皆さんは、子育てで疲れたとき、どんなリフレッシュ方法で乗り切っていますか? ここではママの悩みに寄り添い、5種類タイプ別のリフレッシュ方法をご紹介します!

■仕事と家事の両立で悩むママにおススメの解消法!

朝早く起きて子どもを起こして、着替え→朝食→保育園or小学校の準備の確認。自分の準備もそこそこに子どもを保育園に預けて出勤! 長い拘束時間を経て保育園にお迎えに行ったら、夕飯準備そしてお風呂と寝かしつけ…。

これって本当に1日が24時間の世界での出来事なのか!?と言いたくなるほど、子育て中のシングルマザーは忙しいんです。ほぼ週5でこんな生活を送っていたら、疲れて当然。息抜きが必要です。

仕事と子育ての両立のはざまでママが悩んでいることは『今のところ頑張れているけど、自分に何かあったらどうしよう』といった将来への不安や『子どもたちに無理をさせてはいないだろうか』といった愛に満ちた心配です。

そんな悩みを持ったママにおすすめのリフレッシュ法は、週に1回、休みの日に昼食も夕飯も作らない。洗濯物以外の家事はやらないという日を作ることです。掃除や洗い物、スーパーでの買い物はやらない。必然的に外食になったりコンビニで夕飯を探すことになったりですが、意外と子どもたちは喜びます。

仕事と育児の両立で悩むママは、休日にこう思います。「仕事休みな分、子どもたちにかまってあげたい!」しかし家事が邪魔をして、結局自分の思うように子どもたちと遊んであげることはできず、罪悪感を残したまままた出勤…となり、悩みが蓄積していきます。

掃除ができない・手料理を子どもに食べさせられないことがストレスになるママは、全力で家事をやることもいいでしょう。自分の本心に耳を傾ける日を作る。それだけでもリフレッシュになるでしょう。

■子どものしつけに悩むママにはあったかリフレを♪

子どものしつけ。うまく行きませんよね。

ママ「トイレ行こうよ!」子ども「イヤ!」ママ「食べた後はごちそうさまでしょ?」子ども「はーい(おもちゃの方に走る)」

もう毎日毎日、なんど言わせるんだ!と叫びたくなってしまう衝動を、現在3歳の男の子を育てている私も持っています。

そんな、子どものしつけに悩むママにおすすめのリフレッシュ法は、しつけとしつけを頑張る自分から距離を置いて、癒しのアロマでじっくりホットタオルセラピーをすることです。

①洗面器に入ったお湯(39℃程度)にアロマオイルを1滴たらす

②タオルを湯に入れてしぼる

③たたんでアイマスクの様に目にあてる

これだけです。

アロマオイルはラベンダー、カモミール、ベルガモット、ローズウッドなどがおすすめですが、『私は柑橘系が好き!』というママはグレープフルーツなどお好きなアロマを選択していいとおもいます。ホットタオルで目の周りの筋肉と神経が柔らかくなり、リラックス。

ストレスを感じ、感情的になった脳も、元の状態に向かうでしょう。肩こりがつらい方はちょっとお湯の温度をお好みまで上げて、熱すぎない程度にして肩にホットタオルをあててください。

お湯に1滴たらした瞬間広がるアロマの香りに、子どもたちもホッとするかもしれません。

■怒りを抑えられなくて悩むママ。大丈夫ですよ!

子どもの行動がいちいち気になって、ついつい口出ししてしまう。命令したり、否定したりすることをやめられない。一体どうしたら?と悩んでいるママ、多いですよね。私の周りにも、つい怒りっぽくなってしまうことが1番の悩みというママがいて、実際いつも子どもに怒っています。

子どものことで怒る・イライラするということはどういうことかというと、それだけ子育てに責任を感じていて、「自分がやらなくちゃ」という気持ちで一生懸命子どものお世話をやっているということです。

だから子どもがちゃんとしていないと不安になって怒ってしまうし、先の見えない育児につらさを覚え、さらにイライラしてしまいます。

そんなママにおすすめしたいリフレッシュ法は、一時保育を使って、一人で好きなことをする時間を作るという方法です。

一人で行動することが苦手なら、友達を誘ったりしてもOK。子どもと離れ、一旦子どものことを考えなくてもいい時間を作る。そうすると怒りとも距離多くことができます。

■終わらない家事にイライラ! そんなときは?

家事にイライラする! そんなママは、きっと家の中を「こんな風にきれいにしたい」という理想のイメージがあるのでしょう。ママとしてすごく立派なことですね。でも家事は思うようにできません。まず子どもに時間を取られます。

着替え・食事・片付け・お風呂…そうこうしているうちに、今日やろうと思った家事を残して寝落ちしてしまう。私にも経験があるのでよく分かります!

今日やろうと思った家事を後日に残すのは悪いことではありませんが、キレイ好きのママにとってはストレスが溜まります。では、終わらない家事に対するイライラは、どうすれば解消できるのでしょう?

1つ目は、家事自体を減らすことです。

子どもが食べ散らかすので困るという場合は、子どもの椅子の下に新聞やレジャーシートをひいて拭き掃除をなくす。洗濯物たたみも、干していたハンガーのままクローゼットに収納できるように工夫してみましょう。

2つ目は子どもにも家事を手伝ってもらうこと。

靴は脱いだら揃える。鞄やリュックは決まった場所に掛ける。ごちそうさまの後自分が食事をしていたエリアだけでもテーブルを拭いてもらう。などなど、ゲーム感覚で一緒に頑張るといいかもしれません。

3つ目は、イメージ通りに家事が終わらず寝かしつけに入ってしまっても「まぁいいか」と諦めること。片付いていないとスッキリしませんが、いつかちゃんとできる余裕ができる日を待ちながら、今日は諦める。そんな気持ちがあれば、イライラをため込むことはないでしょう。

■うちの子大丈夫?と悩むママ! リフレッシュしましょう!

心身の発達に遅れがあってもなくても、どのママも「うちの子大丈夫かなぁ…」と、いつでも心配の種を抱えています。もちろん私もそうです。

長女は食べなくて心配でしたが、次女はパクパク食べるので「食べすぎでは」と心配だったし、三女はすごく怒りっぽくて心配していたら、次に産まれた長男はボーっとしていて、転んでも泣かないので「この子大丈夫?」と問いたくなります。

母子手帳に載っている成長曲線も、眺めると不安になりますよね。「うちの子小さい(大きい)」あと公園やプレイルーム、保育園のお迎えのときなど何気ない瞬間に見かける他の子と自分の子との違い。

とくに保育園では、同年代の子どもたちと比べることができるので、観察して比較してしまいますよね。ちゃんとリュックを背負って歩く子もいるのに、うちの子はリュックを背負わないうえに抱っこして欲しがる。

「ママ! 見てー!」と自己アピールしている子の横で、うちの子は黙々と自分の足元を観察している。発表会ではちゃんとできている子と比べてしまい、「もっと頑張ってよ!」と心で叱咤してしまいます。

こんなときのイライラは、どうすればいいのでしょう?

子どもの成長に関する問題は、正直すぐには解決できません。長い時間と共に霧が晴れるように消えていきます。まず時間がかかることであると受け入れるとともに、一旦他と比べるのをやめてみることをおすすめします。

そして、どうしても子どもを責めてしまったり、思うようにいかないとイライラしてしまう場合は、意識して子どもと距離を置いてみましょう。一時預かりやお泊りサービスに子どもを預けてしまってもいいかもしれません。

子どものことばかり考えていませんか? 自分のために時間を使うのも育児をする上で大切なことですよ。

☆まとめ

仕事もやって、家事もやって、子育てもやって…他にもシングルマザーには数々の役割がありますが、とっくに一人では抱えきれなくなっているのではありませんか?

「自分でやらなきゃ!」「一人で頑張るんだ!」と張り切って数々の問題に取り組むことが楽しいと感じる方もいますが、すべての方はそうではない。むしろ子育てしているママたちには多くの手助けが必要です。

ストレス発散やリフレッシュの方法には数え切れないくらい手段があります。たくさん試して、あなたにピッタリのリラックス法を見つけましょう!

(文/namiki 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!