出産・子育て

シングルマザーが出産前に準備しておくべきこと

出産予定日が近づいてくるにつれて、ワクワク感が高まってくる方も多いのではないでしょうか。それと同時に、母になることへの不安がある方もいるかもしれません。モヤモヤした落ち着かない気持ちは、産前産後に向けた準備を十分することで払拭できるかも。

里帰り出産を予定している方は親からの援助を受けられますが、そうでないシングルマザーは人一倍しっかりと出産に備えた準備をしておく必要があります。

この記事では、シングルマザーが出産に向けて揃えておきたいものや準備しておくべき手続きなどについてご紹介していきます。

■破水・陣痛がきたときの準備

◎陣痛バッグと入院バッグを用意

破水や陣痛は突然始まるもの。特に臨月に入ってからはいつでも入院できるように荷物を準備しておきましょう。

一般的には、陣痛が来たら持っていけるような小さめの「陣痛バッグ」と、後から身内の人などに持ってきてもらうその他の大きめの「入院バッグ」を準備しておきます。もし、身近に荷物を持ってきてもらえそうな人がいなければ、予定日が近づいてきたら産院で預かってもらえるか相談してみましょう。

断られてしまったらやはり自分で持っていく必要があるので、極力荷物を軽くしたり、動かしやすいキャリーケースに入れて、陣痛時にまとめて持っていけるようにする工夫が必要です。

以下では、陣痛バッグと入院バッグに入れておきたいものをリストでご紹介します。産院で用意してくれているものや持ってくるようにいわれているものも確認してみてくださいね。

【陣痛バッグに入れておきたいもの】

・母子手帳、保険証、印鑑

・ペットボトル用のストローキャップ

・飲み物3〜4本(気分に合わせて選べるように数種類用意)

・軽食(カロリーメイト、ゼリー飲料、お菓子など)

・冷えピタやうちわ(陣痛時の火照りを和らげる)

・カイロ(腰痛やお腹の痛みを和らげる)

・ヘアゴム

・携帯充電器

・メガネやコンタクト

・パジャマ1セット

・タオル1枚

・テニスボール(いきみ逃し用)

【入院バッグ】

・骨盤ベルト

・円座クッション

・スキンケア・ヘアケア用品

・産褥ショーツ

・産褥パッド

・授乳用キャミソール

・パジャマやタオルの替え

・靴下

・母乳バッド

・ベビードレス

・ベビー肌着

・おくるみ

・ガーゼハンカチ

・ベビー用爪切り

・自分用の退院着

◎陣痛タクシーの登録

普段は自力で電車やバスを乗り継いで行ける産院でも、陣痛時にはたどり着くのが難しい場合があります。ですが、基本的に破水や陣痛で救急車を使うことは避けるべきとされています。通常のタクシーも、移動中のトラブルに責任を負えないことから乗車を断られてしまう可能性が高いことを知っておきましょう。

破水・陣痛時の移動手段には「陣痛タクシー」がおすすめです。こちらであれば、破水や陣痛時にも基本的に24時間無休で対応してくれます。

利用するには、まずはお住いの地域に対応している陣痛タクシー会社を探してみましょう。会社によってサービスは異なりますが、基本的には事前に自宅と産院、出産予定日を登録しておきます。このため、迎えに来てもらってからは道案内の必要がなく、スムーズに産院にたどり着くことができます。出産前後の妊婦検診や乳児健診でも利用できるので安心ですね。

事前登録を済ませたら、いつでも連絡できるように陣痛タクシーの連絡先を携帯電話に登録しておくのもお忘れなく。

■免除制度や手当の申請

出産には何かとお金がかかるものです。妊婦健診やベビーグッズの購入で家計が心配になっている方も少なくないはず。使える制度は活用してできる限り節約を心がけましょう。

以下では、出産前に忘れずに申請しておきたい手続きを2つご紹介します。どちらも出産後の申請も可能ですが、シングルマザーは産後の手続きが多くなりがちなので、前倒しできるものは先に済ませておくのがおすすめです。

◎産前産後休業保険料免除の申請

企業に勤めている方は、産休・育休期間中の社会保険料が免除される制度があります。対象期間は「産前42日(多胎の場合は98日)、産後56日のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間」が該当し、有給・無給にかかわらず適用されます。

将来受け取れる年金の額には影響しないので、必ず申請しておくようにしましょう。申請期間は産前産後休業をしている間に事業主を通じて行います。

また、2019年より国民年金保険に加入している方にも免除制度ができました。この制度では、出産日の前月から4カ月間(多胎の場合は出産日の3カ月前から6カ月間)の国民保険料が免除されます。こちらも将来受け取れる年金額には影響しません。

免除申請は出産予定日の6カ月前から可能で、年金事務所や役所に備えられている申請書のほか、Webページからもダウンロードできます。フリーランスや自営業、パートで生計を立てている方も手続きを忘れないようにしましょう。

◎出産育児一時金の申請

正常分娩の場合は保険が適用されないため、出産にかかる費用は全額自己負担になります。ですが、出産には入院を伴いますので費用はかなり高額になります。全国の平均出産費用は約50万円といわれており、都心になるほどより高額になる傾向にあります。

ここで活用できるのが「出産育児一時金」という制度。こちらは会社の健康保険組合や国民健康保険から出産の際に支給されるもので、現在(20年1月末時点)の支給額は42万円です。これを活用すれば出産費用の大部分がまかなえます。出産費用が42万円を下回った場合は申請をすれば差額が戻ってくるので逆に得する人も。

一時金の受け取り方法は3つあります。もっとも手続きが少なくて済むのが「直接支払制度」です。この方法の場合、出産育児一時金が病院に直接支払われるため、退院時には出産費用と42万円の差額のみを支払うかたちになります。申請方法は、産院にて申請書を記入するのみでとても簡単です。

手続きが楽なうえ、大金の持ち出しを避けることができるのがメリットですが、病院に数千円の手数料を支払わなければならない点は注意しましょう。また、産院によっては直接支払制度に対応していないところもあります。

2つ目の方法が、自分自身で加入している健康保険組合に申請をする「受取代理制度」です。この場合、自分自身で手続きを行うだけで病院に対しては差額分のみを支払うかたちになります。産院が直接支払制度に対応していない場合はこの方法をとりましょう。手続きは出産予定日の2カ月前以降から行えます。

3つ目は出産後に申請を行う方法です。産前の体調などにより手続きができなくても、後から健康保険組合もしくは役所に申請書類を提出することで、指定口座に42万円が振り込まれます。出産後に産院ではいったん全額を納めることになりますが、1〜2カ月後には戻ってくるので安心してくださいね。申請期限は、出産日の翌日から2年間です。

■退院後に必要な赤ちゃんグッズの準備

「産後は全治1カ月の怪我と同じ」といわれるように、出産後の体はかなりのダメージを受けています。回復状況にもよりますが、基本的にこの1カ月間は外出できないという前提のもとに、余裕を持って準備をしていきましょう。足りなくなった場合は、必要に応じてAmazonや楽天、ネットスーパーなどを活用するのもおすすめです。

【早めに用意しておきたい赤ちゃんのお世話グッズ】

・ベビーベッド

・ベビー布団

・ベビーバス

・沐浴剤

・湯温計

・保湿剤

・ベビー用綿棒

・ガーゼ

・新生児用おむつ

・おしりふき

・おむつ用ゴミ箱

・タオルケット

・哺乳瓶

・粉ミルク

・哺乳瓶洗浄グッズ

・肌着

■産後のサポート環境を整えておく

里帰り出産を選択する女性が多いように、出産後は周りの人の助けが不可欠です。どうしても実家を頼ることが難しいシングルマザーの場合でも、産後のサポート体制は整えておく必要があります。出産前に、必要になる可能性のあるサポート先を探して登録まで済ませておきましょう。

◎産前産後サポートサービス

沐浴や授乳、おむつ交換などを含めてサポートしてくれる産前産後サービスも存在しています。初めての出産の方は戸惑うことも多い時期ですが、育児に関するアドバイスも受けられるのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。自治体が実施している地域もあり、そちらは利用料金も低価格なので安心です。

◎家事代行サービス

産後の体では洗濯や食器洗い、掃除などはもちろん自分のごはんを用意するのも一苦労。苦しいときは思い切って家事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。出費をもったいなく感じてしまう方もいるかと思いますが、やはり赤ちゃんのお世話だけでクタクタになりがちな産後は、たまにでも家事の一切をお任せできるだけで気持ちもぐっと楽になりますよ。

◎ネットスーパーの契約

もうひとつおすすめしたいのが、近所のネットスーパーを契約しておくことです。自宅のPCなどから商品を注文すれば食材を玄関先まで持ってきてもらえるので、こまめにスーパーに行ったり重たいものを運ぶ必要がなくなります。

子どもが寝ている間にさっと食べられる冷凍食品やお惣菜が売られているところや、混ぜて炒めるだけでできる食材セットを販売しているところもあるのでフル活用してみましょう。

■余裕があれば出産後に行う手続きの準備も

出産後には、まず2週間以内に役所に「出生届」を出す必要があります。また、「児童手当」も最短で受け取るなら出産の翌日から15日以内に申請したいところです。さらに、人によっては「認知届」や「児童扶養手当の臨時・特別給付金」などシングルマザーならではの手続きが発生する場合も。

とくに、認知届には時間がかかることがあるので、妊娠中からできる限り準備を始めておきましょう。

☆まとめ

シングルマザーになる予定の方のなかには、身近で支えてくれるはずの夫がいない状態での出産を不安に感じている方もいるかもしれません。ですが、準備を怠らなければ不安も払拭され、気持ちが晴れてくるはず。マタニティのうちからできる限りのことを前倒しで用意しておくのがおすすめです。

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!