• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーで低所得でもなんとかなる! 今すぐ取り組んでみたいこと

出産・子育て

シングルマザーで低所得でもなんとかなる! 今すぐ取り組んでみたいこと

ゆー

ひとり親で働いていても、十分な収入が得られていないシングルマザー家庭は多いです。国や自治体の手当や支援制度はあるけれど、それでも貯蓄するには難しいと嘆く家庭もあるでしょう。

今の状況を少しずつでもなんとかしたいと思うのなら、ぜひ取り組んでもらいたいことを紹介します。知識として知っておくだけでも頼りになりますよ。

■将来への不安は、厚生年金に加入する

国民年金に加入していても、将来もらえる年金はそれほどありません。ただし、働いていれば、条件次第で社会保険や厚生年金保険に加入する必要があります。

厚生年金は、会社に勤める社員などの場合で給料から差し引かれるのですが、社会保険は、年収によってパートでも支払わなければならないため、実質手取り年収が減ることにはなります。しかし、将来もらえる年金額が変わってきます。

とくに、厚生年金保険の場合はかなり額に違いが出てきますので、今は子育てのためなどでパートで働いているママも、将来的には、厚生年金がもらえるフルタイムなどの仕事にシフトチェンジをしたほうがいいでしょう。

■子ども食堂を利用する

全国に子ども食堂が広がりを見せつつあります。地域によっても特色はさまざまです。平日の夕食時に、母親が仕事で居場所がない子どもたちは無料で食べられるという子ども食堂があります。そこでは、大人だけは300円でした。

ある地域では、日曜日に大人は300円で子どもは100円で昼食を食べることができる子ども食堂があります。仕事で帰りが遅くなり、子どもの食事のことや安全が心配な親にとってはありがたいものです。また、親も一緒に食事ができるところが多く、普段心のよりどころがないママにとっても安心できる場所となりそうです。また、親同士のつながりも増えるかもしれません。

■NPO法人の支援を利用する

NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」では、近年、低所得のシングルマザー家庭への食糧支援に力を入れています。月に1度、ひと箱4000~5000円相当の食料品を、1年間で1785世帯に送ってきました。中身は、お米やコーヒー、缶詰などがメインのようですが、お米は本当に助かるといわれています。

その他にも、シングルマザーを支える目的で設立されたNPO法人では、住宅を一緒に探すほか、仕事探しのサポートなどをしています。

■住まいを見直す

シングルマザーが住みやすいところとして、まずは子どもの通学面など環境面は大事です。それ以外に、物価が安い地域に住むことや、中学校も給食がある地区を選ぶことなどがあります。

また、思い切って公営住宅を選ぶという方法もありますが、住民としてやらなければならないことや、住んでいる住民はどういった人がいるかなどを知っておく必要はあるでしょう。

親などである程度資金を援助してくれる人がいるならば、マンションや戸建てを中古で買うという方が、賃貸住宅に住むよりも結果的に安くなり、将来子どもに財産として残してやることができるので、メリットが大きい場合があります。

■項目別に使う金額を決めておく

日々の生活費も、積み重なれば大きな金額になります。まずは、通信費です。パケットはなるべく使わない、料金が安い格安スマホを使うことで、格段に費用が抑えられます。子どもが使うとか人数とかにも寄りますが、家庭内で上限5000円とか1万円までとか決めておくといいでしょう。

次に食費ですが、外食はなるべくしないということも大事ですが、あるシンママさんはスーパーに行く回数と1回で使うお金を決めておくのだそうです。そのときに、財布には決めたお金しか入れておかないようにすれば、無駄を省くことができます。

家計簿をつけることで、月にどれくらい使っているかを把握できるはずですから、それを見直して改善していくといいでしょう。判断するのが苦手な人は、思い切ってFPさんに家計診断をしてもらうのもいいでしょう。

~おわりに~

まずは働くこと、それからいろいろ節約できることを見直していきましょう。1人で頑張り過ぎずに、行政や支援サービスを利用するのも大切です。

児童扶養手当も子どもが18歳になれば打ち切られますし、所得が基準額を超えればもらえなくなります。そのときのことも考えて計画していきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!