• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーの産後も安心、出産手当金の条件とメリットとは

出産・子育て

シングルマザーの産後も安心、出産手当金の条件とメリットとは

ゆー

働くシングルマザーは、出産にあたって仕事を辞めたり産休に入ったりすることになるでしょう。そうなると、産後しばらくは働けないため、生活できるだけのお金が確保できるか気になってくるはずです。

そこで、ぜひ利用するべきなのが、出産手当金です。ここからは、その出産手当金がどういったものなのか、また条件やメリットについてまとめます。

■出産手当金とは

出産手当金とは、産後の女性の出産や生活を支えるために支給されるお金のことです。出産までは働いていたのに、出産のために働けないことで収入が減ってしまう女性を救済するために設けられた休業補償になります。働いている勤務先が加入している健康保険組合や共済組合から支給される手当金になります。

■支給額

実際に働いている会社の給与をもとに計算されるので、一律ではありません。しかし、およそ給与の2/3くらいを目安に考えておきましょう。

■支給期間

出産手当金の支給期間は、原則として、出産予定日の42日前から出産後56日までの合計98日間です。出産予定日が遅れた場合には、その日数も加えることができます。また、双子など多胎児の場合には、産前から98日前までさかのぼって支給されます。

■支給条件

出産一時金と異なり、支給条件があります。第一に、支給を受ける本人が勤務先の健康保険に被保険者として加入していることが条件となります。つまり、シングルマザーの場合は、シングルマザー本人が働いていて、かつその企業や勤務先の健康保険に入っていることが前提となっています。

第二に、妊娠4カ月以降の出産であることが求められます。たとえ、流産や早産、死産、人工中絶となった場合でも、この時期を過ぎていれば支給対象となります。

第三に、出産後も給与をもらっていないか、あるいは出産手当金よりも低い金額しかもらっていない場合であることです。産後すぐにバリバリ働く人はそういないでしょうし、それなりに稼いでいたら出産手当金の目的とずれが出てきてしまうことになります。

■退職者でももらえる3つの条件

出産のために退職をしてしまうと、勤務先の保険組合から外れることになりますので、通常では支給されません。しかし、以下の3つの条件をすべて満たせば支給してもらうことが可能です。

●退職日から抜けなく1年間健康保険に入っている

退職日からさかのぼって1日も抜けることなく健康保険組合に加入していること

●退職日に勤務していない

退職する日に勤務していないことが条件になりますので、雇い主と相談が必要になってきます。

●退職日が出産予定日の0日前~42日前である

出産手当金には支給期間があるため、退職日がその期間内に入っていることが大事です。

■出産手当金をもらうメリット

出産手当金をもらうことで、産後の生活において経済的な心配が少し軽くなったと思うでしょう。それ以外にも実はメリットがあります。

出産手当金の支給期間は、年金保険料や健康保険料、雇用保険料などの保険料がすべて免除されるのです。免除されても、保険の権利は放棄されることなく変わらずそのまま持っておくことができるので、いざというときにも安心です。

■申請しないともらえない手当金

出産手当金は手続きをしないともらえないことになっています。勤務先の総務や事務などに確認して書類を書いて提出する必要があります。たまに用意をしていないとか担当部署がいない勤務先もありますが、その場合は自分で書類を準備します。インターネットで保険組合のサイトからダウンロードも可能です。

手続きをすれば、1~2カ月後に指定の口座あてに一括で振り込まれます。また、申請期限があり、産休開始日から2年以内となっています。

~おわりに~

産休に入るまで頑張って働いてきたシングルマザーは、出産手当金をもらわないと絶対に損です。条件や手続きなどの決まりがありますので、勤務先の担当部署の人に聞いて段取りよく手続きをしておきましょう。

出産のため退職をする人も、一定の条件を満たせばもらえるかもしれません。退職するまでにしっかりと確認をしておきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!