• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てもう限界…施設を利用したいと思った経緯と実際に利用するまで

出産・子育て

子育てもう限界…施設を利用したいと思った経緯と実際に利用するまで

シンママStyle編集部

父親も育児参加ができるよう、積極的に育児休暇を推進するような会社が増えてきてはいますが、まだまだ数が少なく、父親の帰宅が遅いせいで過半数の家庭が母親一人で育児を行っています。

子育ての役割は、しつけや教育、社会のルールをなど、単にお世話するだけに留まりません。いろいろなことを教え、子どもに理解させることも子育ての一環ですが、これに加えて洗濯、買い物、家計簿つけなども母親の役目。心を病んでしまうのも無理はありません。

ここでは、私自身が離婚する前の結婚生活で、育児に限界を感じ、実際に育児施設利用までに至った経緯をお伝えします。

■子育てがもう限界と感じた日

その頃長女は4歳、次女はまだ生後3カ月で、長女は保育園に行っていました。長女が保育園に行っている間は比較的楽でしたが、夕方以降は3カ月の次女を見ながら長女に食べさせ、お風呂に入れるのが大変でした。

なぜなら当時、元夫は3年半務めた会社を辞め、求職中で家に居ながらも、子どものお世話や家事を一切やらなかったからです。必然的に家庭のストレスが私一人にかかるので、精神的にも疲弊していました。

そして元夫は子どもが嫌いで、子どもが食べている最中、こぼしたり遊び食いしたりすれば頭を叩く、服を掴んで投げるなどし、言うことを聞かなければ大きな声で怒鳴り、謝るまで許しませんでした。

そんな折、ある出来事が起こりました。私がインフルエンザにかかり、やむなく長女のお風呂を元夫にお願いしたところ、元夫が長女を裸のまま玄関から追い出し、カギをかけたのです。慌てて子どもを廊下から引き入れた私まで怒鳴られ、髪を掴んで振り回された瞬間、「ああ、もうだめだ」と、子どもと施設に逃げることを決意しました。

■親子で施設へ

私が施設に子どもと一時避難したいと相談したのは、区役所の児童福祉課です。次女妊娠中から何度か相談に行っており、担当のケースワーカーに事情を話すと、母子生活支援施設というところを紹介されました。

母子生活支援施設とは、DV、虐待、貧困など、さまざまな事情を抱えているけれど、引っ越しができない、または夫が離婚してくれないなどの理由から、子連れのママ達が一時的に利用する施設のこと。私は入所を勧められて、すぐ申し込むための手続きを行いました。

私たちが与えられたのは施設内の2Kの1室で、トイレはきれいな洋式。小さな台所がついており、お風呂は共用でした。約1カ月利用しましたが、その間に夫は頭を冷やしてくれたようでした。私たちも、いつでも逃げられる場所があるという安心感を得られることができました。

■子どもの預け先、ショートステイなど

上記のように母子で利用する施設ではなく、子どもだけを一時的に預ける施設もあります。ショートステイといって、ママの病気や家庭の事情で、家とは別の場所で暮らす必要がある場合、役所の福祉課を通して子どもを預けることができます。

費用はかかってしまいますが、児童相談所から紹介される一次保護のための施設よりもかなり設備が整っており、子どもがゆっくりと過ごせる施設です。

もしくは24時間対応しており、さらに一時保育も受け入れている託児所があります。全ての市町村にまんべんなく配置されているという訳ではないのですが、運よく近所にあれば、一度利用してみてはいかがでしょうか?

■まとめ

出産してママになったといえども、仕事と育児の両立を全員ができるかどうかといえば、それはまた別問題です。

子どもと一時的に離れて、少し落ち着かないともう限界。眠れない、イライラする、子どもに笑顔を向けることができない。もし周囲に助けを呼べない場合は、市町村の窓口まで相談してみてはいかがでしょうか?

(文/namiki 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!