• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育て中のシングルマザーは要注意! 子どもに言ってはいけないNGワード

出産・子育て

子育て中のシングルマザーは要注意! 子どもに言ってはいけないNGワード

ゆー

シングルマザーが子育てでつい言ってしまいがちな一言ってありませんか。その一言が子どもを傷つけてしまったり、悪影響を及ぼしてしまったりすることがあります。なるべく避けておきたい子どもへのNGワードを紹介します。

■父親を否定する言葉「パパは悪い」「パパと結婚しなければよかった」

死別シングルマザーを除き、シングルマザーになる前から夫へのストレスやイライラ、嫌悪感を抱えてきた人も多いでしょう。そのため、子どもが父親のことを好きだと言ったり、父親のもとへ行きたがったりしたときには、ジェラシーもあって、つい父親を否定してしまう言葉を発してしまいがちです。気持ちはとても分かります。

でも、子どもにとって父親はかけがえのない親なのです。子どもにとってよほど嫌な父親でない限り、父親との思い出も大切なものとなっています。

また、シングルマザーにとって父親は離婚した以上他人のようなものだと感じられていても、子どもは父親の一部を受け継いでいて、血のつながりはあるのです。そこで母親が父親のことを否定するような発言をしてしまうと、子どもは自分の一部を否定されたと感じてしまうことがあります。

どれほど夫のことが嫌いで嫌だったとしても、子どもの前でそれを言うことは控えるようにしましょう。

■行動を否定する言葉「だめ」「しちゃいけない」

子どもは好奇心旺盛でなんでもやろうとします。しかし、それがママにとって好ましくない行動だったらどうでしょう。

「そんなことはしたらダメでしょ!」「やっちゃだめ」などと厳しく言ってしまうことがあるかもしれません。しかし、子どもからしたら行動を制限されたと感じたり、不快感をおぼえて行動をエスカレートさせて反発してしまったりするかもしれません。

子どもにとって危ない行動であれば、親は必死に止めようとしますよね。しかし、そうでない限りは、どうしてそれがいけないのかを具体的に説明してあげることが大切です。また、その行動をやめさせる代わりに、ではどうするのがよいのかを教えてあげることも大切です。

■誰かと比較する言葉「〇〇ちゃんと比べてあなたは…」「ママがあなたくらいのときには」

子どもはまるごとそのままの自分を親に受け止めてもらえないと、自己肯定感が低い大人になってしまうといわれています。どうせだめなんだ、自分は何をやってもうまくできない、という風に思い込んでしまうと、その後の人生も思うようにいかないことがあります。

とくに、子どもが幼いころから、親が他者と比べて否定的な言葉で評価したり、自分が小さい頃と比べて悪く言ったりしてしまうと、子どもは親に愛されていないと思ってしまいます。そして、何か困ったときに親に相談することを諦めてしまうことも起こりかねません。

比較していいのは、子どもの過去と褒めるときだけだと思っておくといいでしょう。「前と比べて上手になったね!」などとほめることは子どもにとってプラスになるでしょう。

■命令ワード「○○しなさい」

子どもがゲームやテレビばかりで勉強や宿題をしないところを見ると、ついイライラしてしまいますよね。「勉強しなさい!」「ゲームをやめなさい!」と口頭でさっと命令してしまうことって、どのママでも経験あるかもしれません。

しかし、この命令は一時的なものです。最初は怖いと思って聞いても、そのうち効果がなくなります。子どもにとっては、悪いことをしているわけでもないのに、なんで怒られるんだろうという気持ちでしかありません。

命令ワードを使うことは極力やめて、宿題をしなければどういうことになるのか、今すぐしないとどう困るのかを、子どもに考えさせるような声かけをするほうが有効です。

■子どもの存在を否定する言葉「あなたを生まなければ」「男の子(女の子)ならよかったのに」

親の言葉は子どもの成長に大きな影響を与えます。シングルマザーで育児に苦労し、自分一人だったらどんなに楽だっただろうと思うことがあるかもしれません。そう思ってつい発してしまった言葉でも、子どもにとっては大きな傷を残すことがあります。また、性別が希望と違っていて後悔…となっている場合でも、そのことを子どもに伝えるべきではありません。

「ママにとって自分はいらない人間だったんだ」と思ってしまうと、子どもは将来への夢を描くことができなくなったり、失望してしまったりするでしょう。

~まとめ~

子どものためにと言ったつもりの言葉でも、子どものためになっていないNGワードがいくつかあります。行動を制したり命令したりする言葉をかけることは簡単ですが、それが悪影響を及ぼしてしまう可能性があることを知っておくことで、具体的な言葉で声かけする努力ができますよね。

難しく考え過ぎずに、自分が子どもであれば言われてうれしいことや言われたらうれしくないことを意識して子育てをしていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!