• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーが子育てで工夫したい方法を紹介します!

出産・子育て

シングルマザーが子育てで工夫したい方法を紹介します!

シングルマザーになってどういう意識を持って子育てをしていったらいいか、シングルマザーであるがゆえに我慢しなければならないことが増えるのではないか、そういった不安はありませんか。シングルマザーだからといって子どもに何か諦めさせてしまうことも、ママ自身が諦めてしまうこともしたくないですよね。

そこで、シングルマザーが子どもと日々を明るく過ごすためのおすすめの方法を紹介します!

■子どもとの時間を大切に過ごす

平日仕事で忙しいママも、仕事がない休日には子どもと一緒に過ごす工夫ができるでしょう。お金をかけなくても子どもとの時間を楽しく過ごす方法があります。具体的に以下に紹介します。

◎子どもと料理作りをする

包丁や火を使うことは、小学生になっても危なっかしく感じるものです。ずっと見守っていることが大変なときは、子ども包丁やセラミック包丁を使うのもおすすめです。また、火を使わなくても卵を割ったり混ぜたりするだけでも楽しいものです。おすすめはホットケーキ作りです。ホットケーキミックス粉に卵や牛乳があれば簡単にできますよね。

カレー作りも、子どもとやると時間はかかりますが、むいたり切ったりする工程が多いので、興味がある子どもなら喜んでするでしょう。そして、いつしかお料理上手になってママを助けてくれる日が来るかもしれません。

◎雨の日は工作を楽しむ

雨の日で出かけられない日は、家で楽しむ工夫をしてみましょう。お金をそんなにかけなくても、工作であれば工作キットや折り紙などでたくさん遊ぶことができます。

ちなみに我が家では、大きな段ボールやいくつかの段ボールを組み合わせておうちを作ることがあります。すぐ壊れてしまうのですが、それでおままごとをしたり家に絵を描いたり半日は遊べます。わざわざ買わなくても、家にあるチラシや新聞などを使えば、工作はできます。ちぎり絵をしたり、広告やチラシを切り抜いてお店屋さんをしたり、いろいろ工夫はできるでしょう。

ハサミを子どもに持たせるのも、幼少期は気になるところですが、持ち方を学ばなければ使うことはできません。子供向けに安全に作られたハサミも売っていますので、そのあたりを購入のポイントにしてもよいでしょう。

◎部屋の模様替えをする

今日は何しようかな、と思った休日には、親子で部屋を明るくする工夫をしてみてはどうでしょう。あるシンママさんは、部屋が殺風景で一人で留守番しているときに寂しい思いをしているのではないかと心配し、部屋を明るい雰囲気にすれば少しでも明るく楽しく過ごせるのではないかと思いつきました。

そこで使用したのがウォールステッカーです。Amazonなどでバリエーション豊かなものが売っていますが、実は100均でも買えます。先日は、ダイソーで身長計のウォールステッカーを買いました。動物もついていて、貼ってはがすことができるので便利です。子どもが喜んで早速身長を自分で測ろうとしていましたよ。

さらに、カラフルな動物のステッカーもあり、それはトイレに貼りました。子どもが便秘がちで少しでもトイレに行ってくれたらという願いもこめて貼ったのですが、とてもかわいらしい空間ができましたよ。

明るい色やかわいいデザインのものを取り入れてみることで、安く手軽に部屋の雰囲気を変えることができるので、おすすめの方法です。子どもと一緒に「これはどこに貼ろう?」などと相談して決めてもいいですね。

■親子の思い出をたくさん作る

忙しくて時間がないなかでも、実はシングルマザーのほうがふたり親よりも親子で密な時間を過ごすことができます。それゆえに、大切にしたいのが思い出作りです。そのときばかりは少し奮発して楽しい時間を持ちたいものです。その方法を紹介します。

◎年に一度は親子で旅行する

小さな子どもでも、宿泊施設には子ども向けの食事や布団が用意されているところも増えてきました。車があればドライブに出てもいいし、新幹線を使って旅行するのも楽しいですよね。普段はあまりお金をかけていられなくても、年に一度そういうイベントがあることで刺激にもなるし、いい思い出が作れるでしょう。

◎写真をたくさん撮る

記念日や普段の日に写真を撮ってアルバムにしたり、フォトブックにしてまとめるのもおすすめです。そうやって、まとめたものを親子で一緒に見たり振り返ったりするのも大切なひとときです。子どもにとっても、「自分が大切にされて育てられている」という実感が持てる宝物になるでしょう。

~まとめ~

シングルマザーだからといって、何かを犠牲にするとか我慢したりするとか考える必要はありません。お金をかけなくても楽しめる方法はたくさんあって、お金や時間をかけたからといってよい子どもに育つわけではありません。今できると思うなかで精一杯の愛情を注いであげることが子育てには必要なことです。

何よりママと子どもが笑顔で過ごす時間を大切にしていきたいものですね。料理や工作、旅行など楽しいですよ。ぜひトライしてみてくださいね。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!