• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーが4才児の子育てで知っておきたいポイントとは

出産・子育て

シングルマザーが4才児の子育てで知っておきたいポイントとは

ゆー

4才といえば、幼稚園年少や年中にあたる時期です。赤ちゃんらしさが抜けてしっかりしてきたなと思う反面、思わぬところで大変だと思うママも多いようです。そのため、天使の4才児とか4才の壁といった言葉で表現されることもあるようです。

シングルマザーが4才の子どもを育てていくときに知っておきたいポイントをまとめました。

■手先が器用になる

これまでできなかったパジャマのボタンがかけられるようになったり、ハサミを自分で使えるようになったり、いろいろなことができるようになります。かた結びができたり、ケンケンができたり、身体的な能力も成長していきます。

■おしゃべりになる

脳が急激に発達し、それまでうまく言葉に表せなかったことも話せるようになるので、親としては意思疎通ができて楽になったと感じられることが増えるでしょう。

■嘘をつくことが増える

思ったことをなんでも言っていたのに、急に言わなくなることが増えます。この頃は自分の気持ちだけでなく相手の気持ちも少しずつ分かるようになってくる時期です。そのため、「これはママに言わないほうがいいかも」と思ったことは隠したり、嘘をついたりしてごまかしたりするようになります。

これはママにとって好ましくないことですが、子どもなりに何かを隠している場合があります。子ども自身悩んでいることがないかどうかを冷静になって見てあげる目が必要になります。

■わがまままになったり甘えん坊になったりする子どももいる

認知能力や脳の発達が目ざましいこの時期、子ども自身が自分自身の変化についていけず、とまどいを起こすことがあります。それがわがままになったり甘えん坊になったりする形で現れるのです。子どもによっては、3才のころのほうが落ち着いていたのに、4才になって落ち着きがなくなったりよく泣いたりするようになったと感じられることがあるかもしれません。

親にとってはマイナスとしか思えない行動や言動、悩ましいですが、子どもの発達過程に現れる成長の証だと見方を変えれば、接し方も変わってきますよね。この時期はまだまだ十分甘えさせてあげていい時期です。甘えたり泣いたりぐずっているときには、抱きしめて話を聞いてあげるとよいでしょう。

■悪いことをくりかえす

うちの子どもの場合ですが、注意してもカーテンで遊ぶのをやめずについに破ってしまいました。ボロボロのカーテンをみて、怒りたくなる衝動を止めることはとても難しいです。こういうとき、どう対応するのがいいのでしょう。

「〇〇したらダメ」「〇〇したら○○するよ!」などという罰的な対応は、そのときの行動をおさめることはできても、次につながっていかないようです。

子どもが悪いことをやめないと思うとき、親は子どもが頑張ればできる目標や約束事を設定してみてください。そして、それが守れたらほめるという行動をくりかえすと、子どもは純粋に学んでいけるのだそうです。

■反抗的になる

指示されるのを嫌がったり、注意をしたら「今やろうと思ってたのに」と生意気な口をきいたりする時期ですよね。また、説明しようとしても、「なんで?」「どうして?」などと質問攻めにもしてきます。

私の子育てが間違っていたのかも、と思ってしまいがちですが、これは4才児によくある行動パターンに入ります。4才では自分が思うことと実際にできることのギャップが大きくなるため、それに戸惑って反抗期のような態度に出てしまうことがよくあるようです。

~まとめ~

4才の壁や4才特有の反抗的な態度も、成長している証だととらえれば、子育ても楽な気持ちでできますね。4才はまだまだ赤ちゃんのようなところがあって手がかかりますが、少しずつ他人の気持ちがわかるようになり、言葉も発達していきます。楽になった部分も確かにあるはずです。

ママも悩みながら一緒に成長していく、くらいの気持ちで子育てをしていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!