出産・子育て

シングルマザーは子どものお小遣いどうしてる?

シンママStyle編集部

シングルマザーは、働きながら一人で子どもを育てているため、お金の大切さをより理解していますよね。子どもにも同じようにお金の大切さと使い方をしっかり教えていきたいですね。

■小学校低学年にお小遣いは不要か?

一般的に小学校低学年までは決められたお小遣いはあげていない家庭がほとんど。友達とお菓子を買いに行くなど必要なときはその都度か、一日いくらといって渡す家庭が多いようです。低学年の頃までは親と行動をともにするケースがほとんどなので、お小遣いを渡す必要性がないからだともいえます。

■中高学年からは定額お小遣い制

この頃からは友達同士で出かけることも増えてきます。お店でお菓子を買ったり、飲み物を買ったりすることもありますよね。そこで1カ月いくらと決められたお小遣いを渡す家庭が増えてきます。

大切なのは毎日お小遣い帳をつけるように癖をつけること。渡したお金と入出金が合っているか親子で確認しながらやりくりしましょう。子どもの家計簿ですね。そうすることで子どもにも少しずつ経済観念が芽生えてくると思います。

限られたお小遣いの中でどうやってやりくりをして1カ月を過ごすのか…親子でチェックすることが大切です。子どもも楽しみながらお金の勉強ができるのでおすすめです。

もちろん月によっては足が出ることもあるかもしれませんが、その原因を追求しましょう。無駄使いがどこにあったのか、渡したお小遣いが少なすぎたのか検証するのです。ママ友仲間で子どものお小遣いについて情報交換をして金額が適正かどうかも確認しましょう。

■金銭教育は余計な口出しはしない

最初は日々チェックをしてあげますが、そのうち一人で管理させましょう。極力口出しはしないように見守って、お小遣い帳でなにか失敗が見つかれば、それを気付かせるようにしましょう。責めるのではなく、どうしてそうなったのか客観的に見つめ直すようにしてあげるのです。

■お金の話はタブーじゃない

日本人は親子でもお金の話は遠慮する傾向があります。しかし欧米では子どもに小さい頃から株の話をしたりするなど、お金を身近に感じさせる教育が積極的になされています。それらは将来子どもが自立するときに困らないようにするためです。自分で考え自分で結論を出す。そして自己責任を身につけさせる…というわけですね。

最近はクレジットカードやキャッシュレス決済が中心になりつつあります。子どもには見えないお金の世界。だからこそ、子どもにはお金の話は丁寧にしたいものです。

親がどのくらい働いたら、どれくらい収入が得られるのかを知ることは親子でもとても重要です。そうすることでお金を稼ぐことの大変さ、お金のありがたさを身につけられるようになりますよね。

■たまには子どもの好きなものを

日頃お小遣い管理をしている子どもに、お年玉などある程度まとまったお金が入るときは一部貯金させるのもいいですが、自分の好きなものを買うようにすすめることも大切です。そうすることで「お金を貯めるとこういう楽しいこともあるよ」と実感させるのです。

☆まとめ

子どもには小さい頃から金銭感覚を身につけさせたいもの。特にシングルマザーは自分一人で家族を養っているため、病気にでもなれば家計に影響を及ぼします。子どもにはなんとか早く自立心を養ってもらいたいものです。

そのためにお小遣い帳をつけさせることでお金の管理を任せます。決められた範囲内でどうやりくりして1カ月を乗り切るか。親子でお金の話をしながら楽しんでみませんか?

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!