• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーがもらってうれしい出産祝いとありがた迷惑な出産祝い

出産・子育て

シングルマザーがもらってうれしい出産祝いとありがた迷惑な出産祝い

ゆー

シングルマザーであろうがそうでなかろうが、出産はおめでたいことです。シングルマザーの家庭がそれほど珍しくはなくなってきた時代とはいえ、出産祝いに何を送ったらいいか戸惑う人もいるようです。そこで、シングルマザーがもらって嬉しい出産祝いと、正直なところちょっと迷惑な出産祝いをお伝えします! 選び方の参考にしてみてください。

◇ありがた迷惑な出産祝い

「シングルマザーで苦労してるよね」「ちょっとお祝いは多めにしたらいいかな」と思う人もいるかもしれません。もちろん、人知れぬところでシングルマザーは苦労をしているでしょう。しかし、それが前面に現れるような贈り物は、シングルマザーにとってはありがた迷惑でしかありません。

「もしかして、同情してるのかな?」「私の何にそんなに苦労してると感じるの?」と疑いの気持ちを持たれても不思議ではありません。気遣いや苦労をねぎらう気持ちで贈った贈り物は、シングルマザーにとっては全くうれしくない出産祝いになってしまうことがあります。その一例を紹介します。

◎高額なお金や商品券など

あるシングルマザーは親戚から2万円入ったご祝儀袋を渡されたそうです。そのとき言われた言葉が、「大変ね。苦労してるでしょ」の一言だったそうです。それを聞いて、もらった本人は複雑な気持ちになったそうです。

出産祝いは、本来お祝いの意味を込めて贈るものです。苦労や大変さをねぎらうものではありません。出産のお祝いでは、たとえ苦労をしていてもそんな苦しさは横に置いておきたいものです。シングルマザーだからということは関係なく、一人のママとして純粋にお祝いしてあげることが一番です。

また、お祝いの相場はどれだけ親しいかにもよりますが、友人や親戚であれば1万円くらいが相場です。あまり高額なものを贈られるとお返しに困ります。贈り物の半額相当のお返しを期待されると考えると、1万円は痛い出費となります。どうしても2万円以上という場合には、「お返しはいりません」の一言を添えておくと負担がないでしょう。

さらに、お金や商品券は「お金に困ってるでしょう」という意図が見え透いているときには、かえって不快な気持ちにさせてしまうことがありますので、注意しましょう。

◎離乳食やミルク

シングルマザーは子どもを預けて保育所に預けたり世話をゆっくりしたりしている暇はないから、離乳食や粉ミルクを贈ってあげたいと思う人がいるかもしれません。しかし、ママによってはずっと母乳で育てることを決めている人や、離乳食でなく手作りにこだわりたいと思っている人がいます。

実用的だとはいえ、本当に必要かどうかをよく考えておきましょう。特に食べ物は好みもありますので、選び方が難しいです。避けたほうがいいでしょう。

◎靴

子どもの靴はかわいいものがたくさんお店に並んでいますよね。服を見ていたら目に留まって出産祝いの贈り物にいいかなと思うかもしれません。

しかし、サイズや足の形は子どもによって違います。足が細い子もいれば、甲高な子もいます。靴ははいてみないとわからないのと、変に合わない靴をはくと、赤ちゃん~幼児の頃は特に、足の形が悪くなったり歩き方がおかしくなったりする弊害があるといわれています。

そういうわけで、靴は子どもの足に合うものをと決めているママもいるので、「このブランドでこの色のこのサイズがほしい。」という具体的なリクエストがない限りは、靴を出産祝いに選ぶことは避けておくことをおすすめします。

◇もらってうれしい出産祝い

では、シングルマザーはもちろん、ママがもらってうれしい出産祝いは何でしょうか。私がもらってうれしかった出産祝いも含めてお伝えします。

◎おむつケーキ

おむつケーキはママにかなり人気のプレゼントです。おむつケーキの中身は、オムツとタオルとぬいぐるみというパターンが多いですよね。おむつケーキに使われるタオルは肌ざわりがよいものが多く、かわいいですよね。

私がもらったものは、魔女の宅急便のジジのおむつケーキでした。キャラクターものも多いので、好みに合わせて選べます。紙オムツは新生児用だとすぐにサイズアウトしてしまう子もいるので、Sサイズのものがよいです。ほとんどのおむつケーキのオムツがそうなっているはずなので、確認はしておきましょう。

◎80サイズの子ども服

新生児服はママの好みもあってすでに買っている場合が多いので、1歳頃から着られるブランド服がおすすめです。ミキハウスやファミリアなど、自分では定価でなかなか買えないような服が喜ばれます。

すでに上の子がいて同姓だったら必要ないかな!?と思う場合があるかもしれませんが、意外とそうではありません。下の子だからこそ、新品を買ってあげることがあまりないので、ママにとって嬉しいものです。

◎おもちゃ

0歳児から遊べる歯固めや音が出るおもちゃは、衛生上、上の子が使っていたものより新品を使いたいものです。おもちゃに関しては、「生まれてから買えばいいや。」と思っているママが多いので、あまり家にない場合があります。

「すでに持っているのとかぶったら悪いな。」と心配になる場合は、どんなおもちゃがいいかリクエストを聞いておくと安心ですね。

乗用おもちゃ(別名ブーブー)もおすすめです。家の中で乗って遊ぶこともできます。私は友人の出産祝いでミキハウスのブーブーをプレゼントしました。子どもが幼稚園になる頃も乗ってくれていて、長く愛用できるのもメリットです。これなら、兄弟でかぶっても取り合いにはならないのでよいかもしれませんよ。

~おわりに~

出産祝いについて、シングルマザーであることは関係ありません。もらって嬉しいもの、また出産経験がある人は自分がもらって嬉しかったものを考えてみましょう。

贈り物は中身も大事ですが、気持ちが伝わることが一番です。かけがえのない大切な命が生まれたことを祝福し、心からおめでとうと伝えたいですね。どうしても悩む場合は、実用性があるものや子ども服など子どものためになるものを候補にいろいろ選んでみましょう。お店に行っても店員さんからアドバイスがもらえますよ。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!