• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てで「面倒だ!」と思ったら実践すべき3つのアイデア

出産・子育て

子育てで「面倒だ!」と思ったら実践すべき3つのアイデア

妊娠中、周囲の方によく言われませんでしたか? 「子どもが生まれたら、自分の時間無くなるよ~」「子ども中心の生活でストレスも増えるよ~」などなど。とにかく何もかも計画通り・予定通り・教科書通りに行かないのが育児ですので「ああもう面倒!!」って叫びたくなるような衝動、私もあります…笑。

ですがそれって何とかできないものではありません。ここでは誰でも実践できる育児の「面倒!」への対処法をご紹介します。

◇子供が片付けなくて面倒な時のアイデア

子供って、出すのは好きですが、その出したものを元に戻すことをやりませんよね。それを片付けるのがママにとってはムチャクチャ面倒なのです。

子供が片付けない1番の理由は、片付けに興味がないからです。育児書や実用書などには、子供に片付けを教えたければ、まず大人が懸命に片付けをする姿を見せて。など書かれていることがありますが、背中を見させるよりもまずはおもちゃを見やすくするのが優先。

まずオモチャはカテゴリ別に分けます。できたら全部同じものでシンプルな入れ物がおすすめ。分けるとき、子供がもう遊んでいないものがあればまとめて袋に入れ、後で処分を検討します。そしてカテゴリ別に分けたオモチャを子供の目線、子供の手の届くところに置きます。そしてその入れ物に、何が入っているのか写真を貼り付けます。

この方法で「どこになにを片付けるか」がハッキリします。あなたのお子さんが3~4歳だったら、オモチャを分けて写真を撮り、それを貼るのを一緒にやると尚いいです。子供の心にオモチャへの愛着やこだわりが生まれ、片付けに興味がわくきっかけになるでしょう。

◇子供が騒いで面倒な時のアイデア

デパート、スーパー、電車、エレベーターの中でさえマイペースに騒ぐ子供たち。恥ずかしいやら辛いやら…周囲の目が気になり面倒ですよね。3人目くらいでようやく気付いたのですが、子供って騒いでいる時に騒がないでと言われても、いう事を聞かないんです。

色々試してみて1番効いた方法は、騒いでほしくない、もしくは絶対に騒ぐであろう状況になる前にあらかじめ「静かにしていようね」とお願いしておく事でした。

例えば、子供と一緒にスーパーに行く。「カート押したい~」「おやつ買って~」と、騒ぐことが予想される場合、家を出る前、さらにスーパーの自動ドアに入る前に「ココでは静かにね。ママのお話を聞いてね」と目を合わせて伝えます。

もしもこれでも通用しない場合はもっと具体的に伝えましょう。「スーパーでは普通の声で話してね」とか「優しい声で話そうね」など。電車でテンションが上がってしまったりもしますよね。

その時も同じように、乗る前のホームで「電車では静かにしていようね」「静かにしてるといいことあるよ」などとポジティブな言葉で明るくマナーを守らせてあげてください。

しかしモノで釣っては変わったクセがついてしまいますので、「いいことあるよ」のご褒美はなるべくシールやお菓子ではなく、ママからのハグ。そして「電車で○○が静かだったから、みんな○○の事お兄ちゃんだなぁ~っていう目で見てくれたよ!」とか「静かにできた事先生に自慢しようね!」など、目に見えないけど価値があるものにしてあげてはいかがでしょうか?

◇正直ママ付き合いのアイデア

私だけでしょうか? ママ友とのお付き合いが非常~に面倒だと思うのは。保育園に受かる前、子供が4カ月~2歳になるまでの間、私はママ友が欲しくて地域の子育てサークルに通ったり支援センターに行ったりしていました。

そのおかげで同じ境遇のママ達とのつながりができましたが、支援センターから家に帰ろうと思っていたらボスママの一声でランチに。それが必ず週1回はあって、いつ声がかかるか分からないからいつでも気が抜けず面倒でした。

こういう時、ママ同士の交流のから得られる「情報」や「安心感」といったうま味だけ吸収してそそくさと輪から外れるのはズルいことでしょうか?

いえ、まったくそんなことはありません。家に帰ればみんな自分の家の家事や子供のお世話に追われています。さらに子ども1人1人がそれぞれ生活リズムも違うので、無理をして合わせる必要はないんです。

ママのコミュニティにどっぷり浸かってしまうと抜けるのが難しくなりますので、垣根の向こうから眺める様な印象でママ付き合いをすれば面倒事は増えず、そのうち自分の時間も持てるでしょう。

★まとめ

面倒事はどうやったらきりぬけられるか。どうやったらお金をかけずにラクしてより良い育児ができるのか。考えればもっともっといろんなアイデアがあるかもしれませんね。

(文/namiki 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!