• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーが知っておくべき、子育てにかかるお金はどれくらい?

出産・子育て

シングルマザーが知っておくべき、子育てにかかるお金はどれくらい?

ゆー

シングルマザーが気になっている項目のひとつに、お金のことがあります。子ども1人育てて大学に行かせるまで、どれくらいかかるかご存知でしょうか。子育てしていくうえで、大学費用が最もかかると言われていますが、それまでにかかる費用についても知っておく必要があります。

子育てにかかるお金について知って、貯蓄や使い方について気を付けていきたいですね。そこで、統計などに基づいて、子育てにかかるお金がどれくらいか、そして無駄なくお金をためるどういうことに気を付けたらいいかをご紹介します。

◇子育て費用は教育費と養育費

◎養育費はどれくらいかかる?

子育てにかかるお金というと、一般的に教育費のみを考えてしまいがちです。というのも、大学費用がそもそも大きな費用になってくるからです。しかし、子育て費用は教育費だけでなく、養育費も含めて考えなければなりません。

この養育費も意外と大きくて、AIU保険「AIUの現代子育て経済考」によれば、出産から大学卒業まで子どもが社会人になる22年間の養育費は、約1,640万円とされています。

養育費の内訳としては以下の通りとされています。

・出産。育児費用・・・約91万円

・子どもの食費・・・約671万円

・子どもの衣料費・・・約141万円

・子どもの保険医療・理美容費用・・・約193万円

・子どものおこづかい額・・・約451万円

・子どもの私的所有物・・・約93万円

計1,640万円

◎教育費はどれくらいかかる?

最もお金がかかると考えられている教育費についてみていきましょう。これは子どもがどういった進路を歩むかによって大きく差がでます。つまり、子どもがすべて公立学校で通った場合と私立で通った場合には差が出るということです。

たとえば、幼稚園から高校まで私立の場合、約504万円かかります。大学が国公立大学の場合で、4年間で511万円ほどかかるといわれています。つまり、幼児から大学生まで全て公立だった場合、トータルで1015万円ほどかかるということになります。

一方、幼稚園から大学まですべて私立(大学は文系よりお金がかかる理系の場合)で、約2465万円かかります。また、大学でも最も費用がかかると言われる私立医歯系になると、6年通学の場合で3000万円近くかかるようです。

◇養育費と教育費をしっかり貯めるためにできること

思ったよりも子ども1人にお金がかかることに驚く人もいるかもしれません。子どもが1人でなく2人以上いるシングルマザーはなおさら金額だけを見ると不安に思うかもしれません。しかし、こういった費用は一度に払うものではありません。コツコツ貯めるなどして少しずつ支払っていくものなのです。では、どう貯めていくといいのか、そのコツについてお伝えします!

◎児童手当など支給される手当は貯める方に回す

児童手当は3歳未満の子どもを育てる場合には、ひとりにつき月額15,000円、3歳から小学生まではひとりにつき月額10,000円(第二子まで)、第三子以降は月額15,000円、中学生になればひとりにつき月額10,000円が支給されます。

また、シングルマザーであれば児童扶養手当が別途支給されます。これらの費用を臨時収入として決して使わないようにしましょう。これらは子どものためのお金と考えて、よほどの場合でない限り手をつけないことです。

子ども用の口座を作ってそこに入れるのも可能ですが、振込されるのは親の口座なので、いちいち入出金が面倒になるかもしれません。たとえば、学資保険などの保険に入って教育費として貯めるという方法もおすすめです。

◎奨学金を賢く利用する

今やシングルマザーに限らず、2人に1人が大学費用を奨学金でまかなっているといいます。しかし、この奨学金のほとんどは無利子あるいは有利子(卒業後)でお金を貸してくれるものの、将来的に返済をしなければなりません。

子どもが社会人になって返済が負担になっている家庭も実際多いようです。もし、子どもに借金を背負わすのが嫌だと思えば、国の教育ローンを借りれば、親が返済することになります。

ある経済に詳しい方は以下のようにされていました。奨学金を借りてそのお金を保険で運用し、倍にして返済しました。金利情勢に目を配る必要がありますが、学資保険などの保険は今後の金利情勢によって不利になる場合もあることを考えると、賢い選択といえるかもしれません。

~おわりに~

上記のお金の数字はあくまでも統計的なものです。統計自体も2005年のものであることから、2019年10月から実施される保育料無償化はもちろん、就学援助も含まれていません。また、塾や家庭教師などお金がかかる教育サービスを利用するかしないかによっても、実質大きな差があります。

学校も公立か私立かによって金額面で大きな差があります。しかし、私立は教育サービスが充実していて結果的に塾に通わせずに済んだので公立と大差がなかったという話も聞きます。

いずれにせよ、養育費や教育費など子育てにかかるお金は削れない大事な費用です。必要な時に払えないということにならないよう、早めに準備や計画をしておきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!