• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てが上手くいかないのは何故!? 経験談や心理学を用いてお話します

出産・子育て

子育てが上手くいかないのは何故!? 経験談や心理学を用いてお話します

シンママStyle編集部

子供を育てるお母さんなら誰しも一度は思った事があると思うのですが、子育てに対して真剣に取り組めば取り組む程、向き合おうとすればするほど難しくなりますよね。そもそも皆さんも一度は聞いた事があると思うのですが、子供が一歳を迎えるとお母さんも一歳になる。

つまり、子供と一緒に成長しているという事ですよね。そんな中で完璧な子育てをしてください!という方が困難であり、そんな完璧なお母さんは存在しません。

ですが、現在の日本の風潮と言いますか、子供を生んだらもう母親なんだからしっかり子育てが出来るという思い込みや、母親だから子供の事を100%分かっているという考え方がありますよね。

そこで今回は子育てに対する悩みやうまくいかない時の対処法をお話したいと思います。

■子供の気持ちが分からない! 上手く理解してあげられない時はどうしたらいい?

お母さんだからといって、子供の気持ちが手に取る様に分かるのかと言われるとそうじゃないですよね。お母さんと子供はあくまで別の人間ですし、好きなものや嫌いな物は全然違いますし、性別が異なってくると考えている事や思考回路がますます理解できません。

まだおしゃべりが出来ない時期は、お話出来る様になるとこの子の求めている事がわかるのになぁ~とシングルマザーで子供を育てている私も思っていました。ですが、実際はそんなに甘くありません。おしゃべりできるから意思疎通が出来ると言うのは大きな勘違いでして、子供の考えている事や起こす行動は予想外に未知数です。

私が最初にもう限界かも…と思ったのは、子供が3歳半の頃どうしても言う事を聞いてくれず、朝は保育園に行きたくないと泣き叫び、お迎えに行くとママ嫌い! 帰って!と泣き叫ばれ、保育園の先生からも保健師さんとの相談を進められる程でした。そんな時に私が心掛けていたのは、程よく手を抜くという事です。

なんで!?と思う方もいらっしゃると思うのですが、大人でもその日の気分でやる気があったりなかったりしますよね。子供もそれは同じでその日の気分で出来る事をやらなかったり、わざと邪魔してみたりとだいぶ変わってしまいます。

そんな気分に合わせて叱ったり怒鳴ったりしているとお母さん自身がもちませんよね。そうゆう時はうまく手を抜き、お子さんと向き合うといいかもしれません。

■これ以上どうしたらいいの!? どうしても子育てが上手くいかない時の原因とは

自分なりに上手く息抜きをしたり、お子さんと向き合ってみているけどそれでも上手くいかない時はなにが原因なんでしょうか?

マズローの欲求段階説を用いてお話します。ピラミッド型に構成されており、第一欲求が生理的欲求・第二欲求が安全への欲求・第三欲求が所属と愛情の欲求・第四欲求が承認欲求・第五欲求が自己実現の欲求とされています。

生理的欲求は睡眠 食欲など生活をする上で最低限必要な欲求で、安全への欲求が生きていく上で住む家があり、安全に暮らしたいという欲求、所属と愛情の欲求は学校や組織など集団に属したいという欲求であり、承認欲求は親や友達に認められたいという欲求です。

これら四段階までは基本的欲求(欠乏欲求)であり、子を育てる責任のある親が与えてあげるべきものだと考えます。ですが、最後の自己実現欲求とは成長欲求であり、自分自身で行動し成長していく欲求だといえます。

マズローの欲求段階説で説明すると、私たち保護者は子供をこの成長欲求の段階まで導いてあげる事が目的であり、そのためのプロセスを応援し提供するべきだと感じます。

子育てが上手くいかない!と悩む前に、今現状でお子さんにしてあげられるベストを尽くしているだけで充分親としての責務は果たせているのではないでしょうか? 今一度ゆっくり考えてみるとまた新しい答えが出るかもしれません。

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!