• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育ての卒業っていつ!? シングルマザーが思う子育ての卒業とは

出産・子育て

子育ての卒業っていつ!? シングルマザーが思う子育ての卒業とは

シンママStyle編集部

女性は子供を妊娠し、そのお腹に宿った時からお子さん中心の生活になってしまいますよね。生まれる前から子育てが始まっていると言っても過言ではありません。

そこから成人するまでとして約20年、長い長い子育てが始まります。子育てに追われている毎日だと、早く子育てを卒業したい! 自分の時間が少しは欲しい!というお母さんもいらっしゃるかと思います。もちろん私もそうです…。

では、この子育ての卒業とはいつ頃なのでしょうか? 人によりけり、様々かと思いますが、今回は子育ての卒業についてお話したいと思います。

■幼いころは成長を願い、卒業だらけな毎日が嬉しく感じますし成長を感じられたものですよね

親が子の成長を願うのは当然でして、寝返りが出来る様になるとお座りしてほしい、伝え歩きしてほしいと願い、いざお子さんが歩き出すと本当に嬉しいものですよね。歩いて目が離せなくなると、今度は意思疎通を試みて早く喋らないかなぁ~と心待ちにしていたものです。

このように、子供が小さい時は成長を願い喜んでいましたが、だんだんと成長を重ねるにつれて、素直に喜べない気持ちもまた分かります。毎日成長しているわが子に対し嬉しいやら寂しいやら…親心とは本当に難しいものです。

特にシングルマザーで子育てをしていると一瞬一瞬を独り占めできているようで、この瞬間を一生忘れたくないですよね。毎日仕事に家事に子育てに頑張っているシングルマザーだからこそ、子供の一つ一つの成長が本当に頑張る糧になるものです。

そんな毎日ですが、ふと「子育ての卒業」について考えた事のあるお母さんも多いのではないでしょうか? 実際、シングルマザーで子供を育てている私は毎日の様に考えています。幼いわが子とはいえ、いっちょ前に好きな子がいたりしますし、最近の子はませていますので、カップルとまではいきませんが結婚の約束までしたりするんです。

そんな時には将来を考えちゃいますよね~、この子と結婚すると言ったら私はなんていえばいいのだろう、いくつで結婚するんだ?等早すぎる悩みが爆発してしまいます。これも一つの成長と余裕をもって接する事のできる大人になりたいものですが…(笑)。

■子育ての卒業は20歳の成人? それとも親にとって子供はずっと子供なのでしょうか?

親にとってみればいくつになっても子供は子供…と言いますが皆さんはどうでしょうか? 私の周りでは、18歳を超えたら容赦なく家から追い出す!という家庭もあれば、ずっと一緒に暮らしたい!という家庭もあり本当に千差万別だと感じます。

シングルマザーで子供を育てている私は、やっぱり自分の子供が20歳で成人してもいくつになっても子供は子供と思い甘やかしてしまいそうなのですが、きっと本人の為にはよくないのかなぁと思います。

また、皆さんも思った事があるかと思うのですが自分自身が20歳の時ってすごく大人になって感じがしませんでしたか? 成人式を終え、もう立派な大人なんだ!と。ですが実際20代というのは坂を転げ落ちる様なスピードで過ぎますし、自分が年を重ねるにつれて20歳の頃の自分がいかに子供だったのか身に染みて分かりますよね。

子育ての卒業を節目で例えるなら【20歳の成人式】と言っても良いかもしれません、又は手がかからなくなりお金がかかる様になった頃、就職してから、又は子供に自分自身が心配されるようになってからでしょうか??

子育ての卒業の定義は存在しませんし、自分自身の感じ方だとは思いますが、やはり自分の子はいくつになっても可愛いものというのはいつの時代も変わる事がない事実であり、一生を通して親の役目は付いて回るのかと思います。

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!