• HOME
  • 出産・子育て
  • これからシングルマザーとして子育てをするママへ。一番大変な時期っていつ?

出産・子育て

これからシングルマザーとして子育てをするママへ。一番大変な時期っていつ?

シンママStyle編集部

子育てって本当に大変ですよね。毎日お子さんと向き合っているママたち、本当にお疲れ様です。私は1歳1か月の息子を育てている身ですが、産まれてからずっと大変だなと思い続けてきて、「大変だと思う時期」を更新し続けています。

●新生児(産まれてから~生後28日)

初めての育児で意思疎通ができません。夜通し泣き続け、昼なのか夜なのか分からない生活。顔を洗ったり歯を磨いたりするリズムすら崩れました。母乳育児で頑張りたかったけれど乳首が切れてしまい泣きながら授乳しました。

夜中も明け方も授乳の時間になれば母乳が足りないといけないと思い、ミルクも準備しました。里帰り出産で実家にはポットがなかったので毎回お湯を沸かすところからです。赤ちゃんの泣き声を聞きながらお湯が沸くのを待つのはとても長い時間に感じられました。

●ねんねの頃(生後1~5ヵ月)←()内は参考までにわが子です。

新生児期が終わり、外出できるようになりますが、赤ちゃんの生活リズムが整ってくるのはもう少し先。おしっこやうんちの回数も多いし、授乳回数も多いので出かけるタイミングがとっても難しいです。出かけようと思ったらうんち出てる!なんてことはしょっちゅうで、なかなか思うようには動けません。

少し外で買い物したいだけなのに出発するまでの準備と、出かけた先での移動方法と、途中でおむつ替えや授乳をはさむと、あっという間に日が暮れていることもざらにあります。

●寝返り~歩き始め(生後6~10ヵ月)

寝返りができるようになるまでは、なかなか見える世界が変わらないので、退屈するのかうちの息子は不機嫌そうにキーキー声を上げ始めました。寝返りができたかと思うと今まで寝かしておいた場所から離れるようになり、寝ている間に布団から落ちたり、落ちているものや床に置いてあるものに手が届くようになったりします。

親はハッとしたりヒヤッとしたり目が離せなくなり家の中の改造改良を検討し始めます。目に入ったもの、興味をもったものへの興味関心は強く、そこに向かって進もうとし始めます。

ズリバイのスタートです。個人差はありますが息子はこのズリバイの時期がほぼなく一気にハイハイになりました。ハイハイもできるようになったと思ったらすぐに高速化し、7ヵ月でつかまり立ちを始めました。

寝返りからつかまり立ちまでが1ヵ月。この間、家の中の危ないものを高いところへ移動したりベビーゲートを設置したりマットのないところに臨時で敷き布団を引いたりと大忙しだったのはいうまでもありません。

え? 赤ちゃんってこんなに急に成長するの?と親があくせくしているうちに、支え無しで立ち上がってにこにこするようになりました。でもまだまだバランス感覚が悪いので(ただでさえ頭重いんだから)、突然予期せぬ方向に倒れたりします。

見ている側はひやひやしますが、市販の背中につけるクッションなどに頼らず、転びそうなときは頭が床に当たらないように見守っていました。ポイントは「頭が床に当たらないように」することで、「転ばないように」はしなかったことですね。

転ばないように、と手を差し伸べているといざというときに手が付けない子になる気がしてどんどん転ばしています。今では後頭部を打ちそうになってもなんとか腹筋と腕の力で後ろに倒れないように耐えていますよ。

●歩き始め~(生後11ヵ月~現在)

11ヵ月になるかならないかくらいで、歩き始めました。歩き始めると姿はとってもかわいらしいですが、両手が使えるようになるのでものを両手に持って運ぶようになりました。家の中におもちゃが散らばり、あるべきものがあるべき場所になくなります。

引き出し(戸棚)を開ける、物を入れる、しめる。という動作ができるようになると、もう大人は何がどこに行ったのか形跡さえ残っていないので分からなくなります。ダメ、という言葉や大人の怒っている表情がほんの少し理解できるようになったところです。

ほとんどは分かっていないので今が一番活発に動き回り、なのに言葉を理解できない一番大変な時期だと思い込んでいます。

しかし、これから1歳後半から2歳にかけてイヤイヤ期が訪れますし、少し親から離れることができるようになると親は心配と戦わなければいけなくなるでしょうし、思春期の壁にもぶつかるでしょう。

考えただけでぞっとしますが、30年子育てをしてきた親たちに聞くと、たいてい笑って「楽しかったし、大変だったことは覚えていない」と答えるんですよね。人間、苦しいことは忘れるようにできているみたいです。プレママ、子育てママたち、お子さんが30歳になったときには忘れますから、頑張りましょうね。

(文/ぺこはうす 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!