• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーになりたいあなたへ〜現状と手続きのあれこれ〜

シングルマザーになりたいあなたへ〜現状と手続きのあれこれ〜

結婚したけど夫との生活がうまくいかない、すれ違いが多いなどで離婚を考える女性は少なくありません。しかし単に離婚と言っても、夫と別れたあとに子供の世話をどうするか、生活費をどうするかなどいろいろと悩むことはあると思います。シングルマザーになりたい人の現状はいったいどうなっているのでしょうか。そこで今回はシングルマザーの現状と、シングルマザーになりたい人のための手続き。またそんなシングルマザーを支えてくれる支援制度についてまとめていこうと思います!

5111

結婚したけど夫との生活がうまくいかない、すれ違いが多いなどで離婚を考える女性は少なくありません。しかし単に離婚と言っても、夫と別れたあとに子供の世話をどうするか、生活費をどうするかなどいろいろと悩むことはあると思います。シングルマザーになりたい人の現状はいったいどうなっているのでしょうか。そこで今回はシングルマザーの現状と、シングルマザーになりたい人のための手続き。またそんなシングルマザーを支えてくれる支援制度についてまとめていこうと思います!

 

(1) シングルマザーになりたい方に知って欲しい現状

5112

一般的にシングルマザーと言っても、離婚した人もいれば未婚の人もいます。どちらにせよ、年収は夫のいる世帯と比べたらだいぶ低くなっているのが現状です。経済的にも不安な要素はたくさんありますよね。夫と別れたいという一心で勢い任せに離婚をしてしまったりすると、生活費や子育て資金に何も当てがなく、途方に暮れてしまう可能性もあります。

生活費を稼ぐために無理に仕事をして体を壊してしまう女性も少なくありません。結婚したことで現実を知り、夫と別れて自分一人で子供を育てるシングルマザーになりたいと考えているあなた、別れた後にやはり収入の問題で夫と別れなければよかったと後悔したくありませんよね?

そのためにも、事前にシングルマザーになった際にどのような生活を送ることになるのか、シングルマザーになった場合にどのように生活費を稼いでいくかなど、きちんとシミュレーションすることが大切です。また、シングルマザーの生活を支える手続きがいくつか存在します。そのため次はシングルマザーになりたい人に知っていてもらいたい手続きについてまとめていこうと思います!

 

(2) シングルマザーになりたい方に知って欲しい手続き

5113

さて、シングルマザーになりたい人のための手続きとは一体どのようなものがあるのでしょうか?

シングルマザーの家庭には、児童扶養手当というものが支給されます。しかしこの手当は申請をしないと受け取ることができません。また、児童扶養手当は、認定を請求した次の月から支給されるため、離婚届を出した月に必要な書類の提出ができていない場合、手当の支給の開始が遅れてしまうことがあります。1ヶ月分の手当と言ってもシングルマザーにとっては馬鹿にならない額ですよね。そのため、シングルマザーになりたい人は事前に役所に行き、離婚後速やかに手当の手続きをできるよう準備しておくことをお勧めします。

また、児童手当についても変更の手続きが必要な場合があります。両親どちらも揃っている時は、児童手当の受給者を父親に設定することが多いです。そのため、変更をしないとシングルマザーになってからも父親に児童手当が支給されてしまう可能性があるのです。受給者の変更手続きをしてから実際に支給されるまでは少し時間がかかるので、離婚後速やかに受給者を父親から母親に変更する手続きをしましょう。

 

(3) シングルマザーになりたい方に知って欲しい支援制度

5114

シングルマザーを支える制度はたくさん存在します。今回はその中でもいくつかを選んで紹介していこうと思います。まず、就学援助です。皆さんも知っていると思いますが、現在の日本では小学校・中学校までの義務教育の間は授業料が無料となっています。しかしその後高校や大学、などの就学時にはたいていの場合さまざまな費用が必要となります。しかしシングルマザーの収入で子供たちを十分な学校生活を送らせるためには相当必死に働いてお金を稼がなくてはなりませんよね。そこで、就学関連の費用を支援するための就学援助制度というものが設けられています。

自分の住んでいる地域の学校や教育機関に申請することで、通学費や学用品費、修学旅行費、医療費、宿泊校外活動費などが援助可能となるのです。他にも、所得税・住民税の免税や交通機関・水道機関の割引など、様々な形でシングルマザーになりたい人を支援する制度が存在しています。シングルマザーになりたい方は、事前にどのような支援が自分に当てはまるかなどを調べておくと良いでしょう。

(4)最後に

5115

いかがでしょうか? 増え続けているシングルマザーに対して、家庭の生活を支えるために国や自治体は様々な経済的支援制度を設けています。しかし残念ながら、そのことはあまり広く知られていないようです。

自分の自治体がどのような支援をしてくれるかわからない場合は、実際に住まいの近くの役所に足を運んで条件などを聞いてみると良いでしょう。シングルマザーになりたい人は特に、シングルマザーの現状と必要な手続き、またそれを支える支援を把握しておくことが、生活の安定の助けになると思います!