• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てが楽しめない原因とは? 理想を追い求めすぎると苦しいだけです

出産・子育て

子育てが楽しめない原因とは? 理想を追い求めすぎると苦しいだけです

シンママStyle編集部

私も同じように悩んだことがありますが、誰しも一度は子育てにおいて悩み、苦しくなってしまう時がありますよね。

それは理想を追い求めすぎてしまっていたり、仕事や人間関係など子育て以外の面で上手くいかずにストレスが溜まっているときではないでしょうか。そんなときは、子育てに影響が出てきてしまうのかもしれません。

実際、生きていく上での悩みとは人間関係とお金と健康と言っても過言ではない!という言葉をなにかの本で読んだのですが、本当にその通りだと感じます。

そこで今回は子育てが楽しめない、しんどく感じてしまう原因と最近のニュースを騒がす児童虐待について少しお話したいと思います。

■子育てを楽しく行う為には…適度な息抜きと好い加減が大切です

私が思うに、子育てを楽しく行う為には適度な息抜きが必要だと感じます。息抜きと言っても旅行に行ったり、お金をかけるエステなどリラクゼーションに限る事ではなく、友達とランチへ行ってみたり、飲みに出かけてみたり、はたまた映画鑑賞や一人でドライブなどなんでも構いません。

実際、シングルマザーで子供を育てている私は息抜きにはお友達を家に招いてご飯を食べたり、軽く飲んだりする事が多いのですが、お金もかかりませんしお子さんと一緒に過ごせますし、友達との時間は本当に必要だと感じました。

ですが、その息抜きでも思わぬ落とし穴が待っている事もあるんです。若くしてお子さんを産んだりすると、周りはまだまだ遊びたい盛りですし、自分にお金をかけエステや旅行などを楽しんでいて、自分とはかけ離れた暮らしをしている…と感じてしまうこともあるでしょう。

そんな話を聞いてしまうと、どうしても今の自分自身の生活と比べてしまいますよね。私も若くして子供を生んでいるのですが、若い時には周りの友達を羨ましいと思いましたし、ある程度年齢を重ねてもまた違った悩みがでてきてしまいます。

年齢でどうこう言いたいわけではありませんが、あまりにも自分と違う生活を送っている方との交流は思わぬギャップと価値観の違いに戸惑ってしまう場合もあるという事を覚えていてほしいのです。

そして、息抜きもとても大事な子となのですが、やはり子育てにおいて理想って存在しますよね。こうゆうお母さんになりたい、どうゆう子に育ってほしいなどなど、そういった理想を一旦忘れて自然体でお子さんと向き合う事でまた違った子育てができるのかもしれません。

■最近のニュースを騒がす児童虐待…実際にこんな例が存在するんです

最近…ここ数年で児童虐待のニュースが増えたと思いませんか? 最近では、小学生の男の子が養父に殺される事件や、姉妹の姉だけが殺されてしまう事件、また車内放置など後を絶ちません。

そんな児童虐待の増加をうけてなのか、YouTubeでは虐待を子供目線で追体験するVR動画が公開されています。この動画は2018年横浜で実際に起きた児童虐待を再現したものであり、そのリアルな表現や虐待の様子に回覧注意の文字まで記載されています。

私もこの動画を視聴したのですが、まず思ったのは子供目線だとこんなにも大人が大きく見えるのか…というものです。自分が大人になった今、あまり感じない事を生々しく感じる事ができましたし、一番身近にいる信用している大人からの虐待は逆らえるものではありませんし、本当に恐怖以外のなにものでもないと感じました。

厚生労働省の発表によれば、平成30年度の児童虐待の相談対応件数は15万9000以上とされており、過去最多を記録しています。年々増え続ける児童虐待に対して、このVR動画を通して少しでも多くの方の心に届くものがあればと感じました。

YouTubeでは回覧注意となっているこの動画ですが、興味のある方は検索してみてください。きっと何か考えるものがあると思います。

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!