出産・子育て

動画を上手く活用すれば、子育ての知恵が見つかります

子育て初心者のママには、戸惑うことがたくさんあります。時が経てば、「何であんなことに悩んでいたのだろう?」というようなことも少なくありません。けれど授乳やおむつ替えなど赤ちゃんのケアだけでも大変なのに、家事もこなさなくてはなりません。

産後体調が優れない人も多く、夜泣きなどが続くと精神的にも身体的にも疲れが出て、産後うつを発症する人もいます。身近に相談する人がいないことが要因でもありますが、昔のように3世代が一緒に暮らすというようなこともないですからね。

お嫁さんとお姑さんの関係性を良くないものと決めつける傾向があって、これは遥か昔から変わることはないでしょう。それでも子育ての先輩からのアドバイスは有難いもので、教わることも多々あります。若い人は合理性を求めますが、ちょっと古臭くて効率が悪いと感じることでも、それはそれで理にかなっているように思えます。

それでは身近に相談相手がいないママ達は、子育てに戸惑った時どのように対処しているのでしょうか? 今回は子育てに役立つネットの活用について考えていきましょう。

■ネットの活用

今生活する中でネットの存在は大きく、利用することで多くのメリットが得られます。例えば、調べ物をする時、PCやスマホがあれば言葉の意味や使い方など即時に知ることができます。

数十年前まで何かを知るには書物を見、時には図書館へ行って詳細を調べるというのが常でした。それが今ではネットを利用することで、移動することなくその場である程度理解することができるのです。

これは人類にとって学びの大きな進歩であり、時代が進化しているという表れでもあります。学び以外にも、ショッピングやゲーム、音楽などの娯楽を楽しみ、お店や医療機関の予約まで様々なメリットが考えられます。そして銀行などに行かなくても、ネット銀行を開設することで、振込も安価な手数料で行うことができます。

特にネットショッピングの利用者は年々増え、これには高齢化社会という時代の背景があるのも確かです。また高齢者だけでなく多くの人に支持されているのは、実店舗にはないサービスやクリアな画像による販売力です。

実際手に取って見なくても、その商品の良さが十分伝わるような努力をしています。これがネットショップの強みかもしれません。このようにネット環境というものは、人の生活全般を進化させていったのは事実です。

■動画がもたらすものとは?

年配者が動画と聞けば、あまり良いイメージを持ってはいないでしょう。子供に悪影響を及ぼすものと思い込んでいる人も多い筈です。ユーチューバーというのが職業と見なされているのは驚きですが、ネットの影響力は凄い!と感じます。

「百聞は一見にしかず」ということわざがありますが、まさにその通りで、百回聞いても今一理解できなかったことでも、一回見るだけで分かることってありますね。

ファッションはカラーやデザインを事細かく説明しても中々イメージがわきませんが、画像を一回見ると解決ですね。数年前孫に産湯を使わせる時、すっかり忘れてしまっていて、動画を観ながら学び直したことがあります。

子育てに関係する動画は限りなくあって、ミルクの作り方、おむつの代え方、離乳食の作り方などはとても参考になります。ある意味この時代のママ達が羨ましいと感じています。

このように動画を上手く活用すれば、ママの強力なサポーターになって子育てが少し楽になるのではないでしょうか。只使い方を間違えればデメリットもあるということを忘れず、善し悪しを見極める目も必要ですね。

■まとめ

冠婚葬祭のマナーって難しいですよね。私も時々自信が持てなくなって調べ直すことがあります。人前で恥をかきたくないですものね。まあ今の世の中は少々アバウトでも、指摘されることなどほとんどありません。でも最低限のマナーは守りたいと思っています。そんな時も静止画より動画の方が完璧に覚えられますね。

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!