• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てに向いてないと悩むシングルマザーの傾向って? 悩まずに前に進める方法とは

出産・子育て

子育てに向いてないと悩むシングルマザーの傾向って? 悩まずに前に進める方法とは

子育てが苦手だけど頑張っている…なのにだれにも褒められず、いい母親にはなれないけれど、子どもを生んでしまったことに悩むシングルマザーがいます。家庭の中では親は自分1人だからこそ、悩みも人一倍大きくなりがちなのです。どんなシングルマザーが子育ての向き不向きで悩むのでしょうか。また、その傾向を知って前に進むためにどうしたらいいかを考えてみました。

■子育てに向いてないかも、と悩むママの傾向

◎真面目なママ

育児書などを読んだことがあり、教科書通りにいかないとストレスを抱えてしまいがちな真面目なママに多いです。真面目であることは決して悪いことでもなんでもなく、初めての子育てならだれしも必死に育児書を読んだことがあるでしょう。

ただ、理想通りにいかなくても、まあこういうこともあるよね、とうまく切り替えができないと「私ってだめなママだ。」と自分を責めてしまうことが真面目すぎるママにはよくあることなのです。

◎疲れすぎているママ

シングルマザーで仕事をして、帰宅して家事や子育てまで全てをしようとすると慣れないうちはとても疲れることでしょう。だんだんとペースがつかめてきて、母子暮らしに慣れてきたら余裕も出てくるかもしれませんが、それまでは本当に毎日がハードなのです。

そんな日々のタスクに疲労困憊状態で子どもの相手をする時に、ついきつく怒ってしまったりたたいてしまったりすると、自己嫌悪に陥ってしまいますよね。疲れると心の余裕がなくなり、子育てがうまくいかないことがよくあるようです。

◎周りを気にしすぎるママ

よその子と比べてうちの子どもは、などと比較してしまうと、「私の子育ての仕方が良くないのかもしれない、子育てに向いていないわ。」と思ってしまうことがあります。よそはよそ、うちはうち、隣の芝生が青く見えるだけだと思えば少しは楽になるかもしれません。

■子育てに向いてないと悩まないで! みんな一度は思う気持ちから解放されるためにできること

◎愚痴をインターネットの掲示板やコミュニティに書き込んだり見たりする

ガールズちゃんねるやウィメンズパークなどの掲示板やコミュニティで、子育てに向いていないと検索すると、みなそれぞれ悩んでいることがよくわかります。他の人のコメントを読んで、自分だけじゃないと思うと心からほっとすると思います。

そして、ストレスはためずにそういうところで吐き出すと、とてもスッキリします。子育てに向いてないと書くだけで、「子育てに向いている人ってそもそもいるのかな?」というコメントには納得してしまいました。

◎ストレス発散法を見つける

仕事から帰ってきたら子どものあれしてこれして攻撃に、自分のしたいことまでが中断されがちです。子どもにイライラすることが増えると、子どもに当たってしまいがちです。もちろん、子どものことを思ってこそ怒ることもあるのですが、家で簡単にできる小さなストレス発散法を見つけると、おおらかな気持ちで子育てができるようになってきます。

◎考え方を変えてみる

子育ては母親だけがするものだと思ってはいませんか。実は子どもは母親だけに頼らずとも大きくなっていけるのです。もちろん、一番は母親なんですけどね。保育士さんや先生、祖父母や近所のおじさんおばさんに励まされたり助けられたりしながら育っていくのです。

そう思ったら、自分1人で頑張るんじゃなくて、もっと周囲に甘えてみようと思えるかもしれません。そこから気持ちが楽になれば、子育てに向いていないと自分を責める気持ちが和らいでいくのではないでしょうか。

◎今よりも稼いでベビーシッターに頼る

子育てに向いていない、辛いと感じたら、ベビーシッターなどに週1くらいで預けてみてもいいかもしれません。ただ、ベビーシッターを雇うとお金がかかりますよね。そんな金銭的な余裕がないと感じても、何よりママの心の健康が大事、副業してみたりネットでお小遣い稼ぎをしたりして、今よりも少し多めに稼ぐことができたら、ベビーシッター代もどうにかなります。

ママの自由時間に少し子どもと離れる時間を作ってみることで、明るい気持ちで子育てができるかもしれません。

◎周りの先輩ママの話に耳を傾けてみる

思い切って、自分の子どもよりも大きい子どもを育てている先輩ママに相談してみましょう。ほとんどのママが、「うちもそうだったよ~。」と口をそろえたように言うでしょう。大変な時期はみな体験していて、子育て無理とか子育て向いてないとかだれもが思ったことがあるようです。そんな時にどうしていたかを聞いてみることで、自分にもこれならできそうと思うことが見つかるかもしれません。

~まとめ~

子育てに自分は向いていると思う人は本当にごくわずかです。多くのママは、失敗したり挫折したりを繰り返しながら、少しずつ子育てのやり方を見つけていくのです。子育ての方法には正解はなくて、それぞれのママの自分流でいいのです。自信を失うことはこれからもあるかもしれませんが、へこたれないで長い目で見ていきましょう。きっと子育てをしていて良かった、楽しいと思える瞬間が訪れるはずです。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!