• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーが参考にしたい、共働きワンオペ家庭の子育てのコツ

出産・子育て

シングルマザーが参考にしたい、共働きワンオペ家庭の子育てのコツ

シングルマザーがとても大変だと世間では思われがちですが、夫婦そろった家庭でも、共働きで夫は夜遅く帰宅するとか単身赴任とかで妻が家事や育児を1人で行うワンオペ育児状態の家庭もあります。それってシングルマザーと似たような状況かもしれません。

シングルマザーであっても共働き家庭であっても、工夫して育児を頑張っているママがいます。みんなどんな工夫をしているのか、今育児に苦労をしているシングルマザーに向けて紹介したいと思います。

■落ち込んだ時の気持ちの切り替え方を持っておく

子育てやいろんなことがうまくいかなくて落ち込むこともあるでしょう。そんな時に気持ちの切り替え方を持っておくといいでしょう。ストレス発散ができるような何か趣味を持つとか好きなことをするとかで切り替えることができる人もいるでしょうし、もっと簡単なことで精神的に立ち直る方法を持っておく人もいるでしょう。

あるママは、夫がアメリカに単身赴任で実家も遠方、子どもが2人いる状況ですが、ある思考を持つことで、子育てが楽になったといいます。

それは、「主体的であること=自分が決めたことと思って行動すること」です。なにごとも「しなければならない」と思うと、しんどくなりますよね。でも、転勤のある人と結婚することを決めたのは自分だし、子どもを生むことを選択したのも自分、夫の転勤についていかずに残って仕事をすることを決めたのは自分、実家から離れて暮らすことに決めたのも自分だと思うのです。そうすることで、自分が決めたことなんだから、責任持って頑張るぞ、と自分を奮い立たせる気持ちというか、勇気がわいてくるのだそうです。

離婚したことも、夫が転勤したことも、考えようによってはちょっと不幸なのかもしれない、でも、これらは全て自分が選んだことなのだと思えば、少しこれからの覚悟や勇気がわいてくるのです。もしかしたら、一番不幸なのは、「なんで夫が転勤するんだろう。」「1人で子どもの面倒みなくちゃいけない。」と思ったまま過ごすことなのかもしれません。そうすると、子育ても辛いものになってしまいますよね。

自分が選んできたから今があり、これからの未来も自分が選んで切り開いていけると考えれば、自然と前向きに取り組めるようになるのかもしれません。

■朝の時間と夜の時間を効率的に

あるワーキングマザー(ワ―ママ)のライフスタイルを時間ごとに追いました。

AM4時 起床

AM4時~6時 夕飯の下ごしらえ、自分の身支度、洗濯などすべて自分のことを済ましておく

AM6時~7時 子どもたちを起こす、子どもの朝食、身支度、検温、歯磨き、登園準備

AM7時 保育園に送る

AM9時 出社

PM5時 退社(正社員の残業免除制度を利用)

PM6時 保育園お迎え

PM6時半 夕食の準備

PM7時 夕食

PM8時 洗濯物を取り込む、たたむ、明日の準備、お風呂

PM9時 子どもと一緒に就寝

1日のタイムスケジュールを見てみると、ずいぶん早起きだなと思うかもしれませんが、朝に自分のことを全部済ましてから子どもを起こして準備をする方が楽かもしれません。朝は、子どもによってはなかなか起きてくれなかったり、起こすまでに時間がかかったり、いざ出発しようとしたら自分の好きなことを始めてしまったりで、思うようなペースで進まないことがあります。

そのため、朝早めに起きてしまえば、少しゆとりが持てますよね。ママ自身もいらいらせずに済みます。朝早く起きたら、その分夜は早めに、子どもと一緒に寝てしまうのは、とても賢い方法かもしれません。

子どもを夜9時に寝かせたいので、そこから逆算してどうしていけばいいか、ということも考えられるといいでしょう。そして、夕食作りはこちらのママさんは、基本的に20分としたうえで、大変な時は前もってカレーを大量に作って出すだけにしておくと楽だと言っておられました。

また、外付けの食洗機を購入して、毎日15分ほど手洗いの時間が短縮されたといいます。そういった時短になるものをうまく利用しながら、時間を作っていくと良いかもしれません。

☆まとめ

子育て本などを利用して、精神的な面での切り替えがうまくできるようになったら、少し子育ても楽になることがあるかもしれません。そして、子育てだけでなく仕事も頑張るワーキングママでもあるシングルマザーは、時間配分についても、「今日はここがうまくいかなかったから、明日はこうしてみよう。」などと試行錯誤しながら工夫していくと少しずつ家事も育児も自分のペースが作れていけるかもしれません。

子どもが小さいうちは、何かと思うようにいかない日もあり、大変ですが、いろいろ試しながら頑張っていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!