• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てに適した環境とは? シンママの場合どんな環境を整えればいい?

出産・子育て

子育てに適した環境とは? シンママの場合どんな環境を整えればいい?

シンママStyle編集部

子育てに関して調べていると、必ずと言っていいほど子育てしやすい街ランキングなどに行き当たります。其々の街のPRの中に、子育てするメリットなどが紹介されています。地方などの取り組みも様々ですが、独自の子育て支援を行っているようです。

子育てというのは親の価値観によって大きく変わってくるもので、何を重要視するかということでもあります。今回は子育てに敵した環境について考えてみましょう。

■子供を取り巻く様々な環境

子育てには環境が大事だとよく言われますね。環境と言っても色々あって、地域だったり、教育環境、家庭環境だったりします。子供が大人になっていく過程で、環境というものは大きく作用するように感じます。けれど昔と今では随分様変わりしているようにも思えます。

◆地域の環境

子供によくない環境とは? 地域で考えてみると、人気のない寂しい道や夜になると外灯がなくて暗かったり、交通量が多くて危なかったりとか色々ありますね。池や川の側は水難事故の可能性も考えられますし、線路が近いと電車の事故も…。考えるとキリがないように思えて、完全に安全な地域なんてないに等しいでしょう。

私が小さい頃は真っ暗な道も多くて、池や川なんて簡単に入れる環境でした。家の前にあった池には兄弟ではまったことがあって、今でこそ笑い話になっていますが命を落としていたかもしれないです。私のいとこは線路で遊んでいて、運転手に終点の駅まで連れていかれたというエピソードがあります。

今では路面電車であっても、そのような事はあり得ないでしょう。今の時代は危険な場所には看板などが設置されていて、地域の安全性は確保されているように見えます。それでも事故や事件はおきてしまって防ぐことは難しいです。

子供に良いとされる自然豊かな環境は、時に牙をむくことがあります。自転車で転倒したり、木から落ちたり、危険な生物に遭遇したりして怪我をすることも結構あります。それでも思い返すと楽しい思い出として残っています。

危険を回避するにこしたことはありませんが、あれもこれも駄目というのは、果たして子供にとって良いものなのでしょうか? そして何より昔と大きく違うと感じるのは、他人への無関心、事なかれ主義です。核家族化している現代では、よその事に介入するのは良くないことで、お節介に過ぎないと思われているのです。

安全な地域を選択するのも良いですが、人との繋がりを持つことで安全が保たれるような気がしてなりません。「遠くの親戚より近くの他人」というような環境は心強い筈です。

◆子供にとって家庭環境とは?

子育てをしている中で、育て方に自信が持てなくなる親がいます。自分自身が思っているような子育てができていないと感じ、次第に大きな悩みとなっていきます。子供はまだ小さくてもイヤイヤ期と言われる反抗期があり、それを通過しても又思春期という反抗期がやってきます。それが分かっていたとしても、対処が上手くできないと子供を虐待したりしてしまう場合があります。

子供を取り巻く環境の中で、家庭環境が一番ネックではないでしょうか? 学校のいじめ問題でも、全て学校側が悪いわけではない場合もあります。学校が悪いと言う人もいますが、家庭内に問題がある場合も多いようです。

ある世間を騒がせた事件で、罪を犯した少年の親が手記を書いています。ずっと「まさかうちの子が!」しか頭に浮かばなかったそうです。常に子供を信じ、子供の異常性を見抜けなかったという後悔が綴られていました。

その家庭の何が子供をそうさせたのかを探るのは難しいでしょう。けれどその母親は子供を信じ切り、自分の子供を否定された時には、相手に威圧的な態度を取っていたそうです。

母親にとっては本当に「良い子」だったのでしょう。一方罪を犯した子供は、事件後親を毛嫌いし暴言を浴びせ続けたそうです。やはり親子は真剣に向き合い、時には争いになっても受け止める勇気と忍耐が必要だと痛感します。

■まとめ

小さい頃、友人の家に遊びに行くのが楽しみでした。その友人の家には、オシャレで綺麗なお母さんがいて、ハンサムなお父さんがいました。友人の宝箱の中には、可愛いキャラクター物やレース使いのハンカチ、外国製の雑貨が詰まっていました。

羨ましくて、『何で私もこんなお家に生まれなかったのだろう?』とよく思ったものです。けれど歳を重ねていくと、どんな環境であっても「幸せ!」という瞬間が必ずあるのだと思えるようになりました。

勿論「天は二物を与えず」じゃなくて与えているというのが本音ですけどね。辛いとか苦しい環境に置かれる場合もありますが、環境は変えることが可能ですから、それには努力と行動力、そして少しの運が必要と思いませんか?

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!