• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育て中でも上手な息抜きをすることで、また頑張ることができる!

出産・子育て

子育て中でも上手な息抜きをすることで、また頑張ることができる!

シンママStyle編集部

子育てを考えてみると、今の時代は恵まれていますね。特に子育て支援は充実しているように思えます。シンママには十分ではないかもしれませんが、困難な事にぶつかった時、何らかの救済措置は取られているのではないでしょうか? 相談するという勇気も必要ですが、とにかく行動を起こすというのが大事です。

そして子育てに必要なことの一つに、人との関りを持つという事があります。人というのは身内もそうですし、友人、ご近所さんなど関わる人全てです。その中で必要である人とのコミュニケーションが、支えになる時があります。

子育ては孤独との闘いでもあって、のんびりと考える時間が持てない時期があります。無我夢中というか、正解か不正解なんて思うのはずっと後のことのような気がします。そんな子育てをする中で息抜きというのは、ママには必要不可欠な休息であり、ストレス解消でもあります。今回は子育て中の息抜きについて考えてみましょう。

■息抜きの仕方は人其々

子育てに疲れている時、身内や友人に話を聞いて貰う人もいるでしょう。でも身内には話せるようで中々話せない時があります。例えば親が病弱であったり、兄弟がトラブルブルを抱えていたりすると言いそびれてしまいます。親兄弟への気遣いからですが、言いたくても言えない辛さがあります。友人に対しても、余ほど心を許した相手でなければ真剣な悩みは打ち明けられません。

お節介なご近所さんがいる時代でもないので、母親は悩みを抱えながら子育てをしています。そのような状況を考えると、息抜きをするというのはとても大事なことのように感じます。ネット検索などをすると様々な息抜き法が紹介されています。なるほど!と思えるものから、こんなことしてもな~とか余計に疲れるものもあります。

息抜きというのは、自分自身が心地よいものでなくてはいけない筈です。社交的でない人がママ共とお茶したりするのはどうでしょうか? まして子育てで疲れている時には疲れが増すような気がします。情報にあやつられていけないのは、誰もがしていると勘違いすることです。大人でも子供でも、皆同じであることにどこか安心する傾向があります。育った環境も性格も違うのですから、右へ慣れする必要はないのです。

其々の息抜きの仕方が違っているのは当たり前で、気持ちが楽になるのが一番の息抜き法と言えるでしょう。

■自分が心地よい息抜き法とは?

私も一時期子育てに悩み、ストレスからアレルギーを発症したことがあります。中々親にも言えず、アレルギーによる湿疹などに対処することしかできませんでした。そんな時子供の掛かりつけの小児科医のアドバイスは、とても心強いものでした。女医さんという事もあったので、心のモヤモヤ感を話すことができたのだと思います。

自分の経験を話され最後に、「大丈夫!」と言って下さいました。その「大丈夫!」という一言が支えになり、何時しか湿疹や喘息も出なくなっていきました。人の身体というのは摩訶不思議で、精神的なものが大きく作用します。だからストレスというのは、人間にとって大敵なのですよね。

息抜きしなくては!と思って息抜きしようと思ってもできるものではありません。私が先生と話をして勇気を貰えたのも、ある意味息抜きしたのだと思えます。ほんのひと時でも好きなものを食べてボ~ッとしているだけで、息抜きになっていると感じませんか? 自分だけの心地よい空間を見つけることが息抜きに繋がります。

■まとめ

たまには親に子共を預けて、ストレス発散したり息抜きしたりと言いますね。でも母親って悲しいかな常に子供の事が頭のどこかにあるのです。

今頃どうしてるのかな?とか思ってしまって、思い切り楽しめないことってありませんか? それこそ人其々で楽しめる人もいるかもしれませんが、母性ってそういう物のような気がします。それなら子供と美味しい物を食べて一緒に過ごす方がいいですね。

子供が巣立ってしまった私には、子育てに奮闘し、悩んでいたことも良い思い出となっています。何事も時が解決するのだと実感します。

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!