• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーが子育てに失敗したかもと思う瞬間、子育て失敗の基準はどこに?

出産・子育て

シングルマザーが子育てに失敗したかもと思う瞬間、子育て失敗の基準はどこに?

シンママStyle編集部

子育てって難しいですよね。子どもの想いにこたえてやりたくて言うことを聞いていたら甘やかしと言われたり、子どもが思うように育ってくれていなくて、暴言をはいたり暴れたりしたら子育て失敗だとか言われたりします。

シングルマザーだから今の子どもの状況をみて、子育て失敗かもしれないと思う時もあるようです。そんな時に自分を責めてはいませんか。その子育てって本当に失敗なのでしょうか。どんな時に失敗したと思うのか、そしてそれが本当に失敗なのか、その基準について考えてみました。

■子どもが「買って!」とねだって泣く

離婚をして父親がいない寂しさもあるだろうと申し訳ない気持ちから、生活費を切り詰める一方で、子どもがねだったものはできるだけ買ってあげていました。ぜいたくなものは買えなかったけれど、おもちゃやお菓子などはよく買っていました。

そうすることで、自分の罪悪感も解消していたように思います。そして、父親がいないことで寂しい思いを子どもはしているのに、欲しいものまで我慢させることができなかったのです。でも、我慢を学ばせることも大事だと気付き、なんでもかんでも買い与えないことにしました。すると、子どもが買ってもらえないとなった時に、大声で泣いて暴れて大変になりました。自分の子育てが失敗だったと思いました。まだ小さいので、根気強く教えていきたいと思います。

■自立心ゼロで母親に頼る

仕事や子育て、家事に追われていて毎日忙しいのは言い訳かもしれませんが、子どもがやるよりも自分がやった方が早いので、ついつい子どもの身の回りのことにも手を出してしまっていました。幼児ともなれば着替えや食事くらいは自分でできるのに、「ママ、着替えさせて。」とか「食べさせて。」とかなっています。このままでは自立が遅れてしまうのではないかと心配です。子育てのやり方を間違ったかなと思ってしまいます。

■子どもが上から目線になった

子どもが反抗期で言い争いになったり親子けんかに発展してしまったりした時、泣いたりふてくされたりする子どもを見て、ついご機嫌取りをしてしまいます。ママは全く悪くないはずだけど、つい謝ってしまったりすることもありました。こんな時、仲裁してくれる夫がいればいいのになと思いますが、現実は難しいです。

それを繰り返していると、ママよりも自分の方が上だと思ったのか、「ママとはもう口をきいてやらないから!」と言われました。「ママはこういう理由でおこっているんだよ。」と言ってくれる大人がいないので、結局自分がなんとかするしかないのです。

母子2人でけんかしてしまうと、重苦しい雰囲気に耐えられず、つい優しく接してしまいます。このままでは子どもには良くないかもしれないと思い、怒る時はちゃんと怒るなどのメリハリを考えています。

■子育て失敗の基準はどこにあるのか

子どもの態度によって、子育ては失敗したかもしれないうまくいっているかもしれないなど親は一喜一憂してしまいがちです。特に子育て失敗の基準ってどこにあるのでしょうか。それを知っておけば、それほど気に病まずに子育てができるかもしれません。

◎母子家庭だからと気をつかいすぎていなかったか

母子家庭だから子どもにかわいそうな思いをさせている、不自由をさせているなどの申し訳ない気持ちで子どもに接してはいませんか。もちろん、そういう気持ちを抱くのは離婚したばかりの頃はだれしもあります。でも、そういうマイナス感情の気持ちで子どもに接し続けることはあまり良いことではありません。その結果、子どもに過剰に甘えさせたり子どものわがままを放置してしまったりすることになります。

子どもに申し訳ないという気持ちから、子どもを幸せにするという気持ちにシフトすることで、子育てのやり方や子どもへの接し方が変わるかもしれません。

◎外での子どもの様子をみる

家ではやりたい放題、甘えん坊で自立心がない、わがまま、という子どもでも、外ではきちんとできているっていう子どもっていますよね。実は外では我慢したり頑張り過ぎたりしている子どもが家で発散しているだけというケースって意外と多いのです。そうだったら、これは子育て失敗ではありません。これは母子家庭に限らず、どこの家庭でも起こりうることです。

ただ、あまりにひどいと思う行動はきちんといけないと注意はする姿勢は必要です。子どもの人格ではなくその行動を否定することが大切なのです。

~まとめ~

子どもの予想外の態度や反抗はそのまま子育て失敗というわけではありません。子どもが親の手を離れて完全に自立するまで、大変ですが親も軌道修正をしたり反省したりしながら、学んでいくものです。

ママはこんなに悩んでいるんだということを子どもに伝えてみてもいいかもしれません。自分を責めずに子育てをがんばっていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!