• HOME
  • 出産・子育て
  • 気になる! シンママが子育てにかかるお金。総額おいくら!?

出産・子育て

気になる! シンママが子育てにかかるお金。総額おいくら!?

シンママStyle編集部

子育てしているママにとって考えずにはいられない金銭事情。子供が大きくなるまでに総額いくら必要か…実際考えて計算したことありますよね。まだちいさい子供のお世話をしていると、目先のことばかりに気をとられてしまい、肝心の貯金計画に目がいかなくなることも。

子供が小学校に入ってからでは遅いので、今のうちに子供が自立するまでにかかるお金を知っておきましょう。

■公立・私立。大学卒業までにかかるお金は?

こどもを幼稚園から私立に入れたいというママもいると思いますので、それも視野に入れてまとめました。

1…全て公立の場合・・・約1000万円

2…すべて私立で大学が文系・・・約2500万円

3…すべて私立で大学が理系・・・約2600万円

公立と私立ではこんなにも違うのかと、正直びっくりします。

公立高校には約150万円。私立高校には約400万円。私立高校には約300万円。私立大学(文系)には約700万円(理系)だと100万円上乗せの800万円かかります。中高では子供が運動部系の部活動に入っていれば活動費(部費・運営費・移動費・備品費)など必要になりますし、上記がすべてではないことを頭に入れておいてください。

さらに大学3年になれば就職活動のためのお金がかかります。説明会が家から遠い場所であればその交通費。面接もまた遠方だったら新幹線代や航空費がかかるのは当然のこと。気が遠くなりそうなことですが現実です。

■産んでから自立するまで(ここでは22歳までとします)にかかるお金

赤ちゃんがお腹にいる頃から考えると、すでにいろいろなお金がかかっていますよね。

1…出産・育児費用・・・約100万円

2…22年間の食費・・・約700万円

3…22年間の保険医療費・理美容費・・・約200万円

4…22年間の衣料費・・・約200万円

5…22年間のおこずかい・・・約450万円

6…子供の所有物代・・・約100万円

1から6の合計は約1700万円です。生きていくだけでこれだけのお金がかかるんですね。

■学費と生活費の合算

子供がすべて公立の高校・大学で進学した場合、自立するまでにかかるお金は約2500万円です。逆に私立に進学すると、かかるお金は4000万円以上。子供が1人2人と増えるごとに、また同様のお金がかかってくるのかと思うと、なんだか辛くなってしまいそう。でもこれも現実ですね。

こども1人あたりにつき数千万単位のお金がかかってくることは判りましたが、これらの金額を時間をかけてゆっくりと貯蓄することだって不可能ではありません。

子育てしているとついつい「ご褒美」を買ってしまう。光熱費にこだわらなくなってしまったりしますが、それでも大丈夫。親が「1年間で100万円」などと目標を立ててコツコツ積み立てて行けば、無理な金額ではないんです。

他にも国からの児童手当に手を付けず貯めておく。学資保険などの利用で、無理なく貯蓄しているママもいます。どうすれば将来慌ててお金を用意せずに済むのか、今から計画を立てておくといいですね。

☆まとめ

あまりお金を使わずタイトに大学卒業まで行きたい!と思っても、ままならぬものです。実際に高校生2人を抱えて、それを実感しています。子供がどうしても私立に行きたい!と言ったら…というシチュエーションも考えて、計画を立てた方が無難ですね。

(文/namiki 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!