• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てをできないと思い込んでしまうシンママ達の悩みとは?

出産・子育て

子育てをできないと思い込んでしまうシンママ達の悩みとは?

シンママStyle編集部

子育てに答えを求めても完璧な答えなどはありません。一つの答えしかないということもなくて、その時々のケースによって変わってきます。相談する相手もいないママは孤立してしまって、子育てに行き詰ってしまいます。

時が過ぎれば、「何であんなことに悩んでいたのだろう?」と思えることもあるのに、悩んでいる時は冷静になれないママも少なくないのです。今回は誰にでも訪れるママ達の子育ての悩みを探っていきましょう。

■赤ちゃんに対してママ達はどんなことで悩んでいるの?

子育てと言っても幅が広く、子供の年齢によってママの悩みも変化していきます。まず赤ちゃんの時の悩みを探っていきましょう。2018年にある企業が行った調査は、「子育ての悩みについて」でした。そしてその集計結果から悩みの順位が示されています。

◆順位

1位:子供の生活リズム(61.5%)

2位:子供の食事(50.7%)

3位:叱る方法(42.2%)

4位:直ぐに抱いてしまう(41.1%)

5位:夜泣き:(31.9%)

上記の結果を見ると、思い当たるママも多いのではないでしょうか? 私もほとんど悩んだ内容で、特に「食べてくれない」「夜泣き」には精神的に疲れました。

食事については、昨日は食べたのに今日は食べないというようなムラがあったり、特定の物は一切食べないとかで、ママの悩みというよりストレスになることさえあります。どうしても平均値と比べてしまうことで、少しでも追いつこうと焦ってしまうのも要因だと思われます。

◆悩み解決法

幾つかの悩みの解消法を見ていきましょう。

●子供の好き嫌い

子供は小さい頃には好き嫌いが多く、特に野菜を食べない子が少なくありません。昨今はファーストフードやコンビニ食が人気を集め、子供から大人にまで好まれています。その影響もあってか、バーガーなどを主食としている子供がいるのも確かです。そして中にはお米は食べても、おかずは全く食べないというケースまであります。

この好き嫌いの要因として、とにかく食べてくれさえすれば良いという考えから、好きなものだけを食べさせている傾向があるようです。好き嫌いを直すのはそう簡単ではなくて、叱って食べさせても良い結果は生まれません。

無理強いすればするほど、その食材を受けつけなくなってしまいます。そんな時ちょっとした工夫やアイデアで、好き嫌いを克服できることがあります。

昔と違い今の時代は、可愛いグッズが溢れています。子供用の食器などもカラフルでキャラクターものが安価で手に入ります。それらを上手く使って、褒めながら食事をさせるというのも一つの方法です。

子供は大好きなキャラクターにつられて食べてしまうということもあるようです。又少し面倒でも食べやすく工夫をすると案外上手くいくかもしれません。魚の骨はきれいに取って身をほぐしておく、なるべく子供の口に合わせて小さくする。試行錯誤して食べてくれるようになればラッキーです。

●子供の叱り方

感情に任せてつい大声で叱ってしまいますね。後で冷静になると可愛そうなことをしたと反省し、自己嫌悪に陥るママもいます。けれど人には感情があるのですから、あまり自分を追い詰めないことです。エスカレートして虐待してしまうケースも問題視されていますが、親自身も悩み苦しみジレンマに陥っていることがよくあります。

自覚がある時に相談する相手がいればいいのですが、それも難しい環境なのでしょう。子供が親に叱られるということは悲しいことで、決してプラスには受け止められません。まして大声で怒鳴られることで恐怖心が芽生え、「親に愛されていない」という感情を持つことがあります。小さいながらも感じ取ってしまうのです。

冷静になるのは難しいですが、気持ちが落ち着けば叱った理由を話してあげましょう。

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!