出産・子育て

絵本で子育て! 成長に合わせた読みやすい絵本5選!

皆さん、お子さんに絵本読んであげていますか? 私はいままで4人の子供たちに、乳児期から学童期直前まで絵本を読んできました。最初はとても恥ずかしくて、病院の待合などでは周囲の目線が気になって「絵本早く終われ~」と思いながら読んでいました。

それから2年3年と読んでいくうちに慣れましたが、継続して子供に絵本を読ませることが億劫なママも多いようです。そんな、絵本苦手ママでも最後まで読め、しかも子供も楽しい絵本を5冊ご紹介します!

■乳児期「がたんごとんがたんごとん」

お顔がついた機関車には最初誰も乗っていません。しかしページをめくるごとにお客さんが…。

4か月のねんねの赤ちゃんの機嫌がいいとき、一緒に寝転んで読んであげるといいでしょう。「りんご」「バナナ」などは赤ちゃんにも認識しやすい色合いです。また赤ちゃんが注視していられる時間と絵本の物語の長さがちょうど一緒くらい。絵本読み初心者のパパやママにもおすすめの1冊です。

■幼児期(1歳~2歳くらい)「おつきさまこんばんは」

図書館・プレイルームどこへ行っても人気の絵本です。特に1,2歳の子供たちから「もう一回読んで」と言われること複数回。

お月様は空の上。どこか馴染みのあるような表情でみんなを見守ります。1ページごと変わるその表情にワクワクドキドキ。短いですが、人の気持ちの変化を読み取ることができる絵本です。

■幼児期(2歳~3歳くらい)「ノンタンシリーズ」

猫のノンタンには友達がいっぱい。妹だっています。ノンタンはみんなの人気者だからいつでも笑顔でいっぱいなのですが、トラブルメーカーでもあって…。

ノンタンシリーズは赤ちゃん向け・幼児向け・就学前のお子さん向けに分かれています。この時期は特に赤ちゃん向けの絵本から始め、子供が好きそうだなと思ったら幼児向けの者に切り替えるなどすると、子供のペースも大人のペースも自然と足並みがそろってくるのではないでしょうか。

こちらもどこの図書館・プレイルーム・本屋さんにもありますので、これはという1冊を探してみてはいかがでしょうか?

■年少~年中期 「たまごにいちゃんシリーズ」

割れた卵から飛び出た両足と顔。きょとんとした表情がなんともかわいい「たまごにいちゃん」。もう卵から出ないといけないのに、彼はどうして殻をつけたままでいたがるのでしょうか?

3歳~4,5歳といえば、妹や弟ができてお兄ちゃん・お姉ちゃんになる時期です。そんな時、子供の甘えたい気持ち。でも妹や弟のために活躍したい気持ちなどが、面白おかしく書かれている絵本です。

実際、うちの長女にも読んでいました。妹とのケンカは減りませんでしたが、お姉ちゃんとしての自覚のようなものを「たまごにいちゃん」~学んでいたように思います。

■年長期「おまえうまそうだな」

恐竜の世界で繰り広げられる、弱肉強食ルールの中にある小さな愛の物語。宮野達也さん著する恐竜シリーズのなかで1番人気があって親世代の方からの「感動した」など反響が多い作品です。

年長期にもなれば、子供はいろいろな相互関係や、その中に存在する多くの感情を、表現できなくても心で感じ取ることができるようになっています。親との関係・親以外の大人との関係・子供同士の関係など、自分以外の人との関りをみるみる学んでいく中で、失ってはいけないもの。そんな大切なものに気づかせてくれる作品です。

少々長いですが、頑張って読む価値ありますよ!

☆まとめ

絵本を読むことに苦手意識がある中で、子供に読み聞かせ、それを継続することはとても大変ですね。我が家の場合、何冊読んでも寝ない子も居たので、「まだ読んでって言うの?」「いつまで読まなくちゃいけないんだろう」という気持ちになったりもしました。

しかし確かに絵本は国語力高めてくれます。子供にも自分にも合った1冊が見つかるといいですね。

(文/namiki 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!