• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーの悩みのひとつ、子育てに口出しされるのが嫌な事情とは?

出産・子育て

シングルマザーの悩みのひとつ、子育てに口出しされるのが嫌な事情とは?

 

シングルマザーになって親に子育てについて口出しをされて嫌な気持ちになることってありませんか。シングルマザーの方が育児について口出しをされていらいらしている状況や、そのいらいらを乗り切れる方法を考えてみました。

 

■実家の親の口出しに悩むシングルマザー

 

子どもを1人で育てるからこそ、「この子はこんな風に育てる!」という意識が人一倍強いと言われている、シングルマザー。しかし、実家の親と一緒に暮らしている場合は特に、親がひんぱんに子どものことで口出しをしてくることがあります。

 

たとえば、朝ごはんをあまり食べない子どもがいたら、保育園に行く前に何か少しでも食べさせてやりたいと思うのが親心です。それで、「パンかご飯どっちがいい?」と子どもに聞くと、親がすかさず「それは甘やかしよ。何でも食べられる子でないとわがままな子どもになるわよ。」と言われてしまったママもいます。

 

さらに、ママが子どものために選んだ服なども「センスが悪いわ。」と言って、その親が後日、自分が選んだ服を勝手に着せていたというママもいます。テレビも長時間見せるのはどうかと思って親に言っても、「子どもが見たいと言っているじゃない。」と言って、好きなだけ見せていて、うんざりするママもいます。

 

普段、子どもの面倒をみてもらったり、家に置いてもらっていたり、という気遣いもあって、なかなか不満をぶつけにくくて悩むママも多いです。そして、子育てに口出しをされることが嫌だということをストレートに伝えたとしても、実の親子であるがゆえに言いたい放題言い返される場合もあるようです。

 

■子育てに口出しをされる理由って?

 

◎面倒をみてあげている、やってあげている感がある

 

離婚して戻ってきた娘と子どもを受け入れるのは、実の親子といえども大変なことです。子どもが自立するまで育ててきてやっと手が離れてこれから自分の時間をゆっくり持とうという時に、娘と孫の面倒をいくらかわいくても引き受けなければならないのもストレスになることもあります。

 

ママからすれば、「子どものお世話は自分でするし、自分のことも自分でやるよ!」という気持ちでいるかもしれませんが、仕事もしながら子育てをするのはそう簡単なことではありません。実家にいる以上は、離れて暮らすよりも親に子育てを手伝ってもらう頻度は増えます。

 

親からしても、面倒をみてあげている感があり、つい上から目線で子育てについて口出しをしてしまいやすい傾向にあります。

 

◎経験があるゆえに口出ししやすい

 

仕事のことは、自分に経験がなければ知らないので何も言えないものです。しかし、子育てについてはたとえ世代が違っても、「自分はこうしてきた。」という自負があるものです。両親はある程度の年齢はいっていますよね、年を経るごとに人間は思考がこり固まっていきやすいです。そのため、これが正しいと思うこととシングルマザーである娘のやり方が違っていると、いろいろと文句を言いたくなります。

 

◎お互いに遠慮がない

 

実の親子だと気をつかわなくていい分、遠慮なく言い過ぎて傷つけあってしまうことがあります。親子といえども、子育てについてはいろいろな考え方ややり方があるため、どうしても合わないことが出てきてしまいます。

 

■親の口出しにいらいらしないための解決策とは?

 

1…義母の口出しがない分、楽だと割り切る

 

もし両親と同居していて、これに子育てに口出しをしてくる義母までいたら大変ですよね。実の親であれば、口出しされることの不満を伝えることはそう難しくはないですが、もともと他人だった義母には気をつかってやめてほしいと言うことが難しいものです。それに比べたらまだはるかにましだと思えば、少し気が楽になります。

 

2…実家を出て自立する

 

同じ屋根の下で暮らしているとどうしても距離が近すぎて、余計な言葉もかけたくなるものです。それがどうしても我慢できない場合は、一度実家と距離を置いてみてはどうでしょうか。それでも、いざという時には助けてもらうために、実家から歩いていけるくらいの距離に母子だけで暮らすという方法もいいでしょう。

 

一緒に暮らしていると自分とは同じではない価値観が目に付いて、お互いいらいらしやすくなります。それが、別居という選択肢を選ぶことで、適切な距離が保たれ、何かと干渉されなくて済んだというママもいます。

 

3…「はいはい」と聞き流す

 

子育てをするのは祖父母ではなく親であるママです。だから、何を言われても、「そうね。」とか「その考えは頭に入れておくよ。」とか言ってさらっと聞き流す工夫も必要かもしれません。自分が受け入れられないことを、いちいち受け取っていてはストレスがたまってしまいます。

 

4…感謝の気持ちを伝える

 

親にも不満があるかもしれません。孫の面倒をみているのに感謝ひとつしないと思っているかもしれません。ぶつかり合っている時は難しいですが、ワンクッション置いてから、日頃感謝していることをそっと伝えてみましょう。そうすれば、親も少し言い方が悪かったかもしれないと反省してうるさく口出しすることをやめるかもしれません。

 

~まとめ~

 

親のことは嫌いになりたくないですよね。親子だとつい自分の意見をぶつけ合ってしまいがちですが、感謝の気持ちを忘れず、細かいことには「そうねー。」と言って受け流す努力も必要かもしれません。

それでも、どうしても口出しがストレスに感じられる場合には、別居という選択肢もあります。ママと子どもが笑顔で生活できること、それが一番なのです。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!