• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てで怒りたくない!怒らない子育てをしているママの思考パターンとは

出産・子育て

子育てで怒りたくない!怒らない子育てをしているママの思考パターンとは

シンママStyle編集部

 

子育てしていると、ついつい子供に怒ってしまうんですよね。「早くしなさい!」「なんでできないの」「ちゃんとしなさい!」時間に追われている時などは、子供に指示が通らないと泣きたい気持ちになってしまいます。

 

この「ついつい怒ってしまう」を、やめたい!そう思ったことありませんか? 子供に怒鳴ってしまった後の後悔。子供の寝顔を見ながら「怒鳴ってごめんね」と心でつぶやく。そんな自己嫌悪から脱出したいママにおくる、怒らない子育てをするための思考パターンの置き換えについてご紹介します!

 

■「ちゃんとさせなくちゃ」から「この子はこういう子」に置き換える

 

子供って人の話を聞いていませんよね。それって、ほとんどの子供がそうです。もちろん怒らない育児をやっているママの子だって同じ。

 

「靴をはきなさい」→おもちゃで遊んで聞こえないふり

「走らないの!」→笑いながら走る

 

など、列挙したらきりがないくらい、1日中注意してるんじゃないかと思う日だってあります。ですが、こういった認識力の低さに対し、「どうにかしてちゃんとできるようにさせなくちゃ!」と気負ってしまうと、結果怒りが爆発して怒ってしまうことになります。

 

責任感が強いママほど、子供に怒ってしまい、後で後悔し悲しい気持ちになってしまいます。では怒らないママは、子供の認識力の低さに対し、どういった考え方で接しているのでしょう?

 

怒らないママは、「子どもは思うままにならない」「この子は本質的にこういった性分の子供なんだ」と半ば割り切って接し、そのうえで子供に躾や指導をしています。

 

例えば走るのを子供がやめないとき。「走らず歩いて○○ちゃん。」「公園だったら走っていいから、ここではのんびり歩こうか。」子供の「走りたい」衝動は否定せず受け入れてあげ、その上で子供に提案をします。それでもやめないときは、その場を離れるしかありません。そうやって子供の行動パターンや思考パターンに呼応するように生活しているんです。

 

■「させる」は「促す」、「導く」へと細工して

 

でもそれでは大人は子供の言いなりでは? 子どもはワガママ、他人の気持ちがわからない人間に育てしまうのでは?

 

いえ、子供は行動を否定されないことで尊重されていると感じることができます。この「相手のいう事を尊重する」という行動は、子供が集団に入ってからも非常に有益。それを子供は親から学ぶことができるんです。

 

また自分が大切にされていると実感できるので、後のママからのお願い事や躾も、通りやすくなります。子供の困った行動に対し、それをやめさせようと思うとしんどいですので、そうならないよう先回りして細工するのも習慣化すると怒らないで済みます。

 

例えば子供がおもちゃを散らかして片づけない。注意するとかえって出すなどイラっと来る行動に出ることがわかっていれば、子供が散らかしているうちに「どんなゲームで一緒に片づけよう」と考えながら見守ります。

 

ママとどっちが多くおもちゃボックスに入れられるか勝負しながら片づけたり、じゃんけんで負けた方が5つずつおもちゃを片づけるなど、楽しい雰囲気でやれば意外と子供はノッてくれます。

 

■ハードルは低く。他の子と比べるのは×。

 

良い子っていますよね。親のいう事は聞くし、靴もそろえるしおもちゃもちゃんと片づける。

 

そういったデキる子とわが子を比較すると、焦りからわが子を怒ってしまいます。口には出さなくても「あの子はあんなにきちんとできている。うちの子と同い年なのに、どうしてこんなにも違うの」と、誰が悪いわけではないのに子供の困った行動が許せなくなってしまいます。

 

これはあまりよくない事。子育てで怒らないママは、育児のハードルをかなり低く設定し、その子のペースに合った子育てをしています。挨拶は出来ないけど、信号できちんと止まってくれる。なかなか泣き止まない子だけど、よく食べてくれる。

 

当たり前のことでも「よくできたね」「すごいね」「ありがとう」と言って褒めてあげると、子供は「自分が大切にされている」と感じることができます。

 

☆まとめ

 

子どもは嫌というほど親の背中を見ています。日々子供から観察されていると思うとちょっと嫌ですが、ママが子供に「こうなって欲しい」という大人像を見せられているか改めて振り返ってみましょう。

 

規則正しい生活をしているか。カバンの中身は整理されているか。他人に対して敬意をはらっているかなど。また親が「頑張っている姿」を見せるのも子供の健やかな成長につながります。怒りとはうまく付き合いながら、ゆっくり考え方を変えて行ってみてください。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!