• HOME
  • 出産・子育て
  • 【体験談】高1、中1、小4の3姉妹ママが伝えたい、姉妹の良いところやお得なところ♪

出産・子育て

【体験談】高1、中1、小4の3姉妹ママが伝えたい、姉妹の良いところやお得なところ♪

シンママStyle編集部

 

うちの娘たちはそれぞれ高校1年生、中学1年生、小学4年生。3歳ずつ離れている彼女らを産んで育てて暮らしているうちに、彼女たちを産んでよかった。(彼女たちには兄も1人いるんですが)やっぱり姉妹っていい。姉妹ってお得♪ 普段の生活の中でそんな風に思う事がたくさんあります。

 

ここでは、女の子・もしくは姉妹を育てているママにぜひ知ってもらいたい「大きくなっても姉妹ってお得だなあ~」と思う所をお伝えします!

 

■制服、靴、部活まで助かる姉妹たち!

 

姉妹って、兄弟と違って中学に入ったら制服をお下がりできるところが自慢です♪ 制服ってお金がかかるんですよね。冬服、合服、夏服の代金は、合計10万円近くかかります(地域によります)。

 

うちは公立だったので平均的な金額だったらよかったものの、私立のママなんて制服代で泣いていましたっけ。姉妹だったら、制服を共有できます。姉が卒業した後、妹が入学してそれを着る。

 

制服だけではありません。体操服、柔道着(体育の授業に一時期柔道がある地域のみ)、制カバンもお下がりで利用することができます。上がおにいちゃんだったらこうはいきません。

 

兄妹のママは、妹が来年中学入学という年に「お兄ちゃんのお下がりの体操服、着る?」と聞くと「いや! お兄ちゃんのはクサそうだから!」と、断られてしまったようです。(確かに思春期の男子は臭い…泣)こんな時、姉妹でよかったなあと思います。

 

■部活どうする?姉からのアドバイス

 

私は当時外でフルタイムで働いていたので知らなかったのですが、中学の部活の中にも練習が厳しい、土日も春休み夏休みも冬休みも部活がある。などの差異があるんですね。

 

長女の時は何も知らずに本人の好きな部活に入部させ、後にあわただしく部活のための準備をせねばならなかったりしましたが、妹の時期にはもう姉が中学の部活事情に非常に詳しくなっているので、妹が安心して部活選びをすることができました。

 

姉が持って帰ってくる情報はママ友の持っている情報より非常にリアルで信憑性がありました。

 

「野球部は顧問が死んでる」「女子バスケは先輩超コワい」「卓球部は土日ないけど運動部の中でさげすまれてる」

 

などなど。これが男の子(お兄ちゃん)だと、自分の部活の事以外のことまであまり家で話さないんです。(というか反抗期親兄妹と話さない男子多数)姉が友達のグチやよもやま話から情報収集し、私たちに話してくれたおかげで、妹は自分の思ったスケジュール・環境の部活動に入ることができました。

 

■生理の辛さを共有できる

 

長女は小6の冬、次女も小6の秋に初潮が来ました。私は兄2人、私1人の3人兄妹だったのでそういう経験がなかったのですが、姉妹同士は生理に関するイライラ・もやもや、痛みに関して、感覚を共有することができるんですね。

 

姉も妹も生理前には代表的なPMS症状を持っています。「眠くなる」「風邪ひきやすくなる」「だるくなってやる気がなくなる」。

 

ですから家の中で「姉、昨日昼寝してたよ。もうすぐ生理なんじゃないの」とか「あ~生理きてしんどい。妹に伝染す!(笑)」など言い合うと同時に、生理の諸症状のしんどさを共有しているんです。

 

非常に微笑ましく、本人たちにも友人とは培えない仲間意識があるようです。

 

★まとめ

 

もちろんケンカや言い合いだって盛んにある姉妹たちですが、我が家の場合は何とか嫌悪感までは出ずにうまくやっているようです。あと、小学校で使う絵具道具、習字道具も、授業が被らなければ姉妹で共有できるところも魅力。

 

最初に良いものを買っておくと、長持ちして後々お得ですよ。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

シンママStyleの記事を週一メールでまとめ読み(無料)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!