• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーにもおすすめ、育児は適当で大丈夫、ママも子どももハッピーになるために

出産・子育て

シングルマザーにもおすすめ、育児は適当で大丈夫、ママも子どももハッピーになるために

シンママStyle編集部

 

子どもはかんぺきに育てないと、育児は一生懸命やらないと、と思っているとママは疲れてしまいますよね。つい子どもに怒ってしまうことが増えたなと感じたら、その方法を見直してみませんか。おすすめは、適当育児。少し見方を変えることで、ママも子どももハッピーになるかもしれません。その方法をお伝えします。

 

■そもそも「適当」って?

 

適当っていうと、みなさん、いい加減というマイナスイメージを持っていませんか? ところが、辞書を引いてみると、①ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること、ふさわしいこと②度合がちょうどよいこと③やり方などがいい加減であること、また、そのさま。とあります。たとえば、「私は悲しむ彼にかける適当な言葉が見つからなかった。」という文なら、①の良い意味になりますよね。

 

子育てが適当、というのはいい加減という意味だけを指すのではなく、ちょうどいいとか子どもに合っていてふさわしいといった意味を指すことだってあるのです。子育てを適当にしたいと思っているシンママさんのほとんどはそういった良い意味での育児をされているのだと思います。日々頑張っているからこそ、たまには適当にしたいと思うのですから。

 

■思う通りにいかない子育て

 

仕事や家事はある程度自分の思うようにできることも多いですが、子育てはなかなかそういかないものです。ママの気持ちに反して子どもはぐずったり反発したり、望ましくないと思う行動をとるものです。計画通りにいかないこともしばしばです。

 

外でわがままを言ったり地べたに座ったりされたりしようものなら、もうどうしたら良いかママも困ることが多いでしょう。講演会に行ったり書籍を読んだりすると、「怒らない育児をしましょう。」とか「子どもはほめて育てましょう。」とか言われます。わかってはいるけど、そう簡単にできたらだれも苦労しないよ!と思いますよね。

 

■適当な子育てをするための5箇条!

 

◎他人と比べない

 

「隣の家の芝生は青い」ということわざがあるように、他人のことは自分よりも素晴らしく見えてしまいがちです。子育てでも同じで、他の子どもと自分の子どもを比べると、だいたい悪い方に目が行ってしまいます。子どもの欠点ばかりを探すようになってしまったり、子どもの悪いところだけ見てしまったりしやすくなるのは良いことではありませんよね。

 

他の子どものことはあえてみない、みないふりをするようにしてみましょう。そして、一番良いのは、子どもは他人とは比べないけれどその子の過去と今を比べてみることです。そうすると、「前はなわとびができなかったけど、今は前とび10回も飛べるようになった!」「今日はちゃんと座って食べている。」など子どもの良い面に目が行きやすくなります。

 

◎ネットや本で調べない

 

子育ての理想論がネットや本にはたくさん書かれています。もちろんそうでないものもありますが、その判別がなかなかつかないものです。良いママを目指しすぎて、疲れてしまうことも考えられます。

 

◎子どもに多くを期待し過ぎない

 

子どもにこうあってほしい、これになってほしいと期待しすぎると、子どもができないことにかっとなってしまったり悲しんだりしまいがちです。多少のことには目をつぶり、手をかけ過ぎないことです。

 

◎怒らなくて済む方法を考える

 

ママがいらいらするシーンはたくさんありますよね。でも、自分の子どもがやりがちなパターンが毎日過ごしていると少しずつわかってくると思います。だから、ママにとって困った行動を起こす前に対策をしておきます。

 

たとえば、買い物に行ってお菓子をねだるけれど、買わなければ泣いたり暴れたりする子どもがいる場合には、買い物に行く前に買わない約束をしておきます。そして、それが守れたら「約束守れてえらいね。」とほめます。逆に、約束を守れず泣いたり暴れたりした場合には、買い物をあきらめてすぐに帰ります。

 

また、子どもがご飯中に歩き回るという場合には、有無を言わさず食事を下げてしまいます。子どもにとってそれは困ることなので、ほとんどの場合は座って食べるようになってくれるでしょう。

 

いろんな方法があると思いますが、うちの子どもにはこれが効く!という方法を試しながら実践してみてください。

 

◎適当スタイルが成功したかの基準を持つ

 

適当な子育ては子育てを投げやりにすることではありません。親の希望を子どもに押し付けずに、子どものありのままを受け入れる子育てです。「あなたはあなた、そのままのあなたが好きだよ。」ということが子どもにちゃんと伝わっていれば、子どもはぐれることもなく、自信を持った大人になれます。

 

子どもの自尊感情を育てることが大切だと言われています。親に怒られてばかり、他人と比べられて悪いところを言われていたりすると、「どうせ自分はだめな人間なんだ。」と自信のない子どもになってしまいます。

 

~子どもと楽しく適当子育てを♪~

 

子どもを肯定的に見られるようになると子育ても楽しくなりますよね。いいママになる必要はありません。この記事を見て悩んでいるママは、きっと真面目で一生懸命がんばっている素敵なママなのですから。子どもに期待をかけ過ぎずに、できたことに目を向けると楽ですよ。自分は自分、という気持ちを持ってほどほどができたらOKと考えて楽しく適当育児をしませんか。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!