• HOME
  • 出産・子育て
  • シンママで子育てをするのが苦痛になるのはどんなとき?

シンママで子育てをするのが苦痛になるのはどんなとき?

ママはどんなことがあって子育てが苦痛になるのでしょうか。また、子どもを1人で育てているシンママさんの場合ならではの悩みや苦痛から脱するためにできることを考えてみました。

タグ: ,

 

子どもはかわいいし、風邪をひけば心配をして、世話をして、ママも自分なりにがんばっていますよね。でも、ふと自分は何をしているんだろうって子育てが嫌になったり苦痛になったりすることってきっとありますよね。ママはどんなことがあって子育てが苦痛になるのでしょうか。また、子どもを1人で育てているシンママさんの場合ならではの悩みや苦痛から脱するためにできることを考えてみました。

 

■子育てが苦痛になるとき

 

子どもの年齢にもよりますが、小さい時は手がかかり、大きくなるとお金がかかるといいますよね。特に子どもが小さいときは体力的に疲れやすく、それが精神的なダメージになることが多いです。また、予想外の行動をしたり言っても理解してもらえなかったりする時期には、ママのストレスが頂点に達してしまうこともあります。

 

どんな時にみな苦痛を感じるのか、子どもの年齢とともに紹介したいと思います。

 

1…子どもが出した食事をほとんど食べません。ちょっと食べてすぐごちそうさまです。ごちそうさましたらジュースあげると言ったからかもしれません。それからしばらくして、「やっぱりいる。」と言うので出してやると、また少し食べてごちそうさまです。

 

怒りが止められず、「いい加減にして!」と怒鳴ってしまいました。「出ていけ」とも言ってしまいました。出ていきたいのは本当は私です。怒鳴ってばかりの自分が嫌になってしまいました。休みなしで生活がすべて子どもに縛られて、がんばっても対価がなく、自分はすり減るばかりです。怒るたびに自分の嫌な面ばかり突き付けられて子育てが苦痛でたまりません。(3歳の子ども)

 

2…離婚して、「女手ひとつでもやりくりしてやる!」「父親がいる家庭よりも楽しい家庭にするし、寂しい思いは絶対にさせない!」と決意して、すべて完ぺきにこなしてきました。でも、現実平日は子どもたちとゆっくり過ごす時間などなく、ただただ生活するだけの時間が過ぎていきます。ある時、上の子が保育園で中耳炎にかかり、そこから1ヵ月ごとに中耳炎になるようなことが続いて、仕事も休みがちになりました。仕事場の人からは、「ひとり親だからって甘くみないでね。」と言われて、仕事もうまくいかず、子育ても苦痛に感じました。(1歳と2歳の子ども)

 

3…子どもが二人いて、しょっちゅうくだらないことのけんかの仲裁をしています。また、洗濯をしていても掃除をしていても、「ママ、見て~!」でちっとも家事が進まない。見ないとしつこく何度も言われるから見ないわけにはいかない。それが2人もいるものだから本当につらい。そして、朝の忙しい時間のトイレの失敗やけんかやわがまま。うちの子どもたちは自分のことを自分でしてくれないから本当に困る。「ママ、やって」「ママ、お願い」ばっかり。私がやりたいことはほぼ中断される。子どもたちを育てることに苦痛を感じています。(3歳と5歳の子ども)

 

■苦痛から脱するためにできること

 

子どもが小さくても、年齢を重ねるごとに知恵がついてきて、親が振り回されそうになりますよね。どれが正解というのはありませんが、ママが少し楽になれる方法を考えてみました。

 

◎こうすべき!という考えを捨てる

 

子育てで、こうしなければならないというのはありません。臨機応変でいいのかなと思います。たとえば、夕食の時間にご飯を食べなかったら、「後で食べようね。」とラップに包んで置いておきます。子どもはお腹がすいたら食べます、勝手に。時間内に食べるのも大切なしつけではありますが、幼児ならまだこれからです。もう少し成長したら、たぶん1年後にはちゃんと食べてくれるようになるかもしれないです。子育てはもしかしたら気長に待つことも大事なのかもしれません。

 

気持ちをゆったりと持っておおらかに構えておこう、くらいの気持ちで大丈夫だと思います。

 

◎誰かにほめてもらおう

 

離婚後、必死に突っ走ってきたシンママさん、仕事や家事と育児に気持ちが張り詰めていませんか。両親に頼ることができない場合は特に、仕事を休むことも多くなり、取引先の人に迷惑をかけてだめだなと落ち込みやすくなります。でも、子どもが小さいのに一人で頑張ってえらいと思いませんか。

 

それを自分で思うのと、実際に人に言われるのは違いますよね。シングルマザーである自分に優しくしてくれる人もいれば、冷たい人もいます。まだまだ優しい人に出会えていないのだと思います。頑張っている自分を受け止めてただひとこと、「えらいね。」と言ってくれる人に甘えましょう。

 

子どもはどんな母親でも母親のことが一番だといいます。だから、自分に自信を持って、目の前にいる子どもと一緒に幸せと感じることができる毎日を増やすことだけを考えていけるといいなと思います。

 

◎今の状況はエンドレスではない

 

子どもが成長すると、自分で自分のことが少しずつできるようになってきます。乳幼児期は本当に嫌になるほど手がかかってうんざりしますが、年長さんあたりから家事を少しずつやってくれたり、自分の用意は自分でするなど、教えたりほめまくったりしているうちにできるようになってきます。

 

ポイントは、ほめまくることです。洗濯物をたたんでくれたら、髪の毛わしゃわしゃになるくらい、よしよしして、「えらいえらい、すごい!ありがとう!」などほめことば連発します。手のかかる時期のさなかにいると、大変でしかないことも、ふりかえればなつかしいけど返ってこない時期なのです。「いつまでもこうではない。」と信じて乗り切りましょう。

 

◎辛い時に手をかしてもらえる先を探しておく

 

あるシンママさんが、ブログでこのように言っていました。「私にも大変な時に助け合えるような人がいたらいいのに。どんなに心や体がいっぱいいいっぱいでも1人で乗り越えて頑張っていかなくちゃいけないんだ。少しでもいいから辛い時だけでもいいから手を貸してくれる人がそばにいたらいいのに。」

 

忙しい時は、猫の手も借りたいほどですよね。親やママ友に限らず、ベビーシッターなどの人の手を借りるのも1つの方法ですね。辛い時は、ブログなどで辛さを吐き出してすっきりしたり、どうしようもない時は子育てサポートセンターなどに相談して人に頼ってしまいましょう。

 

◎1人の時間を作って気分転換を

 

少し休みましょう。家事も育児も仕事も。一日中布団にもぐってぬくぬくしてご飯の心配とかお風呂に入れなきゃとか何も考えずに一日過ごしてみると、リフレッシュできますよ。その時はお子さんを預けてみましょう。

 

あるいは、映画を見たり街をぶらぶらしたりして気分転換をしてみましょう。子育ての苦痛やぎりぎりの精神状態を脱するために他のママが実践されていることですが、いいなと思ったら試してみるといいですよ。

 

~まとめ~

 

子育てが苦痛で辛いと感じたら、たぶんママが頑張り過ぎている証拠ではないでしょうか。少し手抜きをして、1人でいる時間が作れたらそれを楽しみましょう。リフレッシュする機会を大切にして、ママと子どもが幸せになれる育児をしていけるといいですね。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら