出産・子育て

子育て中、育児ノイローゼを防ぐには?

 

私がまだ赤ちゃんの頃、父は泣き止まない私を布団に放り投げたことがあるようです。一つ間違えれば事件にもなり兼ねない行為ですが、それほど赤ちゃんの泣き声というのは、精神に影響を及ぼします。

 

赤ちゃんは泣くのが当たり前と思っていても、その時の精神状態によっては耐え難い苦痛になることがあります。子育ての中で誰もが経験することで、忍耐と精神力が必要となってきます。まだ自覚している間は何とか乗り越えていけますが、コントロールができない状態になってしまうと、正常な判断が出来なくなります。

 

今回は、気づかないうちに育児ノイローゼになってしまう背景を調べていきましょう。

 

■育児ノイローゼとは?

 

育児をしていく中で、自分でも気づかないうちにストレスをため込み、精神的に不安定になってしまうことを言います。それが悪化していくとうつ状態になり睡眠も十分取れなくなります。子供に対してもイライラがつのり、虐待するという事態に発展することも少なくありません。

 

まだサポートしてくれる家族がいる場合は切り抜けることも可能ですが、シングルのケースでは最悪の事態を招く恐れがあります。必ずしもシンママだからということではなくて、一人で悩みを抱え込んでしまう人は要注意です。育児ノイローゼでは?と思われる状況をみていきましょう。

 

■育児ノイローゼが疑われる状態

 

◆無気力・無関心

日々の生活で無気力状態となり、家事全般が熟せなくなります。掃除や洗濯をしようという気持ちになれないのです。何事にも関心が持てなくなり、酷くなると我が子を愛せなくなります。

 

◆不眠症

子育てをしているとどうしても睡眠は不規則になります。夜中に起こされたりして昼夜逆転することがあるからです。そのような時期を乗り越えていくのですが、ノイローゼになってしまうと眠りが浅くなり、次第に眠れなくなってしまいます。

 

◆マイナス思考

何事に対しても悲観的になり、全て自分が悪いという思い込みが強くなります。急に悲しくなったりしてプラスに考えることが出来なくなります。

 

◆家に閉じこもる

外出することで気分転換になったりしますから、赤ちゃんをベビーカーに乗せて外気に当たるのも精神的には良いことです。けれど育児ノイローゼに掛かっている人は、買い物に出るのも億劫になり、外に出るのが怖くなったりします。人との関りも避ける為、ストレスが溜まり子供への虐待に繋がる恐れもあります。

 

◆社交性の欠如

家に閉じこもると人とのコミュニケーションは取れなくなります。本当は悩みを聞いて欲しい気持ちがあっても、それ自体が面倒になってきます。誰とも会いたくないという気持ちの方が大きくなって、子供と二人だけで過ごす時間が増えていきます。それが悪循環となって、より深いノイローゼ状態を引き起こします。

 

■育児ノイローゼを引き起こす原因

 

先に述べたように、何でも自分一人で抱え込む人がなりやすいというのも確かです。ですが女性特有のホルモンバランスや自律神経の乱れが引き起こすというのが実証されています。そのような身体的なことだけでなく、置かれている環境も関係します。やはり真面目で手を抜きたくない頑張り屋さんに多いのが事実のようです。

 

■まとめ

 

誰にだって理想があって、こうあるべきだというものを持っているでしょう。子育ても自分なりに頑張ろうと思っていても、思わぬことで挫折することだってあります。めげずに向上心を持つことで解決していく問題でも、へこたれてしまうと前進することは難しくなります。自分で助けを求めることが一番ですが、周りの人が気づきサポートすることが必要となってきます。

 

このサポートというのが中々できないもので、誰もが躊躇し行動を起こせません。いつもと様子が違っていたら、お節介かも?と思っても、行動してあげたいものですね。それが糸口になるかもしれないのですから…。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!