• HOME
  • 出産・子育て
  • 「今日はもう子育てしたくない…」そんなときにできるシングルマザーの手抜き育児方法

出産・子育て

「今日はもう子育てしたくない…」そんなときにできるシングルマザーの手抜き育児方法

子育てにおいて、きっと「子どもをこうやって育てたい」「こんな子どもになってほしい」という理想や願いを持つ人は多いことでしょう。しかし、なかなか思うようにいかないのが子育てというものです。「こんなはずじゃなかった!」と理想と現実のギャップに苦しむことがあるかもしれません。

とくに、子育てを一人で頑張るシングルマザーや初めての子育てをしているママは、理想通りにいかないことが多いと思ってしんどくなってしまいがちです。

そこで悩めるママさんのために、望ましい子育てがうまくいきにくい理由とその解決法を考えてみました。後半では、上手に息抜きしながら行える手抜き育児についてもご紹介します。

■シングルマザーや働くママが求める理想の子育てと現実

働くママにとって、子育ては時間に余裕がなく負担に感じられることがあります。本当のところの子育ての理想とはどんなことがあるのでしょうか。

◎子どもとの時間をたっぷり持つ

パートタイムで仕事を掛け持ち、あるいはフルタイムで朝から夜まで働くシングルマザーは多いでしょう。そうなると、仕事が休みの日以外は、夜しか子どもと過ごす時間はありません。しかし、帰宅してからは家事に追われることが多く、子どもとの時間を余裕持って過ごせないことにがっかりするママもいます。

◎子どもが3歳くらいまでは専業主婦でいたい

「三つ子の魂100まで」ということわざや、世の中の年長者の「子どもが小さいうちはお母さんと一緒にいてあげて」というような言葉の影響もあるのかもしれません。経済的な問題さえなければ、仕事をするのはもう少し後にして子どもともう少し一緒に過ごす毎日を大事にしたい、という母親は多いでしょう。

◎私立や塾に行かせてやりたい

「公立は画一的でしっかりと勉強できないから私立学校に入れたい」「子どもの周りのお友達で塾に行っている人が多いから、うちの子どもにも行かせてやりたい」と思ったとしても、経済的に余裕がなければその理想も実現できないのです。

◎自分が育ってきたような環境で子どもを育てたい

母親自身が恵まれた環境で育ってきたとして、本人がそれを自覚していた場合、「自分の子どもも自分みたいに育ったらきっと幸せだ」とそのモデル通りに子育てをしてみたいと思うかもしれません。

しかし、自分の両親が育ってきた社会(高度経済成長期で簡単に大企業の社員になれた)とは違います。望むような収入や働き方が得られないと思うことがあるでしょう。

そして、子育てには費用がかかります。乳幼児には、ミルク代やおむつ代を計算すると「え、こんなにかかっているの!」と思うこともあるでしょう。しかし、多くの人は大学費用を最も気にしています。年間100万くらいかかる学費を貯めるときは、子どもが小さくてお金がそれほどかからない時期だと考えて復職せざるを得ない人も多いのです。

■子育てが理想通りにいかないと悩むママへのアドバイス

子どもと1日中一緒なのはストレスだから働きたいという人もいますが、多くの母親が本当は子どもと一緒にいたいし、今しかない子どもとの時間を大事にしたいと思っているようです。そこで、少しでも理想に近づけるためにできることを考えてみました。

◎子育てに理解ある経営者のもとで働く

多くの企業は、小さな子どもを育てるママの大変さを他人事のように感じ、ほぼ理解していません。というのも、そもそも企業のトップや上司が男性であることが多く、仮に女性だったとしてもキャリアウーマンでほぼ子育てをしていないか子育て経験がない人がいることが多いためです。

しかし、そんななかでも、子育てに理解ある会社や、子どもを育てている女性を応援している会社もあります。シングルマザーに理解ある企業もあります。多くの会社が子どもを理由に時短勤務や早退をすることに嫌な顔をしますが、そうではないママに優しい会社も存在しますのでそういった会社を選ぶことも1つの案です。

◎企業内に保育所があるところで勤める

病院や大手企業、女性が主に働く会社などでは社内に保育所が設けられているところがあります。ヤクルトレディで有名なヤクルト営業所はその一例でしょう。

それほど人数が多くなく、クラスがなかったり、異年齢で遊ぶことが主になったりするところもありますが、「勤務すればほぼ確実に入所できる」という安心感があります。そして何より、「そもそも保育所が勤務場所と同じだから、子どもが熱を出すなどお迎えの手間がいらない」というのは働くママにとってうれしいポイントではないでしょうか。

◎自分の理想=子どもの理想ではないことを知る

子どもに手をかけることや、子どもに手作りの料理を毎日出してやること、そんなことが子育ての理想だと思っていませんか。それは、「こうだったら素敵」という、あくまでもママ自身の理想で子どもはそう願っていないことがたまにあります。

例えば、仕事から帰って疲れていたけど頑張って作った夕食を出し、子どもは浮かぬ顔をしていて、「こんなに頑張っているのに!」と腹が立ったことはありませんか。手作りの料理は外食や総菜よりも栄養があるから、これがママの愛情だって伝えたいのに分かってもらえなくてつらいときありますよね。

でも、子どもからしたら、実は「〇〇レストランのハンバーグがたまには食べたい」「○○スーパーのこってりチキンが食べたいなあ」なんて思っているかもしれませんよね。

■シングルマザーの手抜き育児方法5選

食べてもらえないかもしれない離乳食を毎日手作りしたり、嫌がる子どもを無理やりお風呂に入れたり、寝かしつけたり…仕事や家事に追われつつ、こんなことがずっと続くと思うと脱力感に襲われてしまうときってありませんか? それでも、家事は手を抜いても、育児だけは絶対に手を抜いてはいけないと思い込んでいる方は多いと思います。

子どもの世話がつらいという気持ちと向き合うために、たまにはちょっと育児にも手抜きを取り入れてみましょう。ここは、シングルマザーにおすすめの手抜き育児方法を5つご紹介します。

◎たまにはレトルト食品を活用

「子どもにはやっぱり無添加で手作りのものを食べさせてあげたい!」という気持ちがあっても(←はやまやまでも)、毎日離乳食を手作りするのは想像以上に大変なこと。忙しい時間の合間を縫って、栄養を考え、食べやすいように細かく調理した離乳食を拒否されると絶望感に襲われてしまいますよね。

それでストレスをためるくらいなら、たまにはレトルト食品を活用してみてはいかがでしょうか。添加物が心配で避けている方も多いかと思いますが、最近は完全無添加のベビーフードも登場しています。忙しいシングルマザーには心強い味方になってくれそうです。

どうしても手作りにこだわりたい方は、調理の手間を少しでも省けるカット野菜などを活用するのも手です。

◎ながら家事

乳幼児は、常に目の届く範囲にいなければ心配になってしまいます。そのため、家事が思うようにはかどらずに苦労している方も多いのではないでしょうか。そんなときは、この後やらなければいけないタスクを考えるよりも、今子どもの面倒を見ながらできることを考えてみましょう。

例えば、子どもが遊んでいるそばでカーペットをコロコロして埃を取ったり、取り込んだ洗濯物を畳むなどです。「本当は今すぐ料理したいのに!」と焦っていても、小さなタスクでもできることから片付けたほうが心が楽になります。「とりあえず今はできることだけしよう」と気楽に構えられるようになると、日々のストレスも軽減されるはずです。

◎汗をかいていない日はお風呂は手抜き

嫌がる子どもを無理やりお風呂に入れるのはとても骨が折れますよね。しかもそれが毎日あると思うと大きなストレスとなります。そんなときは思い切って、汗をかいていない日のお風呂はカット、もしくは汚れたり汗をかいたりしやすい下半身や背中だけ、さっとシャワーで流してあげるだけの日を作ってみてはいかがでしょうか。

冬場などであれば、ほとんど汗をかかずに過ごせることもありますよね。「毎日絶対にお風呂に入れなければ!」という強迫観念が消えるだけでもぐっと気持ちが楽になりますよ。また、ドライヤーを嫌がる子どもには速乾タオルをしばらく頭に巻いて、ドライヤーをする時間を短縮するのもおすすめです。

◎寝かしつけには教育番組を流す

自分も早く寝たい日に限って、子どもの寝かしつけに時間がかかってしまうときってありますよね。眠る前のコミュニケーションは大切ですが、たまにはここも手抜きしてみましょう。

おすすめは、Youtubeやテレビなどで短時間で見られる教育番組を流すことです。子どもが番組に集中している間、自分は歯を磨いたり明日の仕事の準備をしたりするゆとりが多少生まれますし、子どもの教育のためにもなるので一石二鳥です。

ただ、Youtubeを流しているスマホを手渡してその場を離れてしまうのは、スマホ依存などを招く恐れがあるのであまりおすすめできません。その点は、子どもの心の成長に関わるのでしっかり管理してあげましょう。

◎時短グッズには投資を惜しまない

やるべきことが多く忙しいシングルマザーは、ルーティンワークに費やす時間をできる限り短縮し、少しでもゆとりの時間を生み出すことが重要です。

だからこそ、洗濯乾燥機や食洗機など、その場を離れている間に家事が進むグッズは積極的に導入したいところ。初期費用はかかりますが、毎日の自由な時間が手に入ると思えば十分価値があるのではないでしょうか。時間にゆとりが生まれれば、育児に対しても心の余裕ができるはずです。

■子どもが小さいときは一時保育を利用するのも一つの手段? 大きくなったら本音をぶつけてみよう!

子どもが小さな頃は、休日でも1日中子どもの面倒を見なければいけませんよね。しかし、毎日仕事に追われ家事や子育てをこなしているだけでは、息抜きができません。そんなときには、思い切って一時保育を利用してみるのも一つの手です。

もちろん、お金がかかりますが、半日でもいいですから子どもと離れる時間を作ってみましょう。

ある程度、子どもの年齢が大きいのであれば、疲れていることを正直に言ったほうがよいときもあります。なぜなら、イライラした状態での子育ては、子どもに伝染しますし気を使ってしまいます。

そして、ある程度休めたのであれば、子どもと思いっきり遊んであげましょうね。元気なお母さんの姿を見たら、子どもは安心すると思います。ときには、手を抜きながら忙しい毎日を乗り切っていきましょう。

~おわりに~

男性優位で、社会的にも整備がまだまだな今の日本で、子育てはなかなか理想通りにいかないことが多いです。周りの理想論に惑わされず、子どもが望むことが何か、そのために今の状況で何ができるのかを考えながら過ごすことが無理のない方法かもしれません。

時間に追われて余裕がないことで子どもに罪悪感があるのなら、少ない時間をいかに過ごすか、量より質で考えてみるといいでしょう。最も早い方法は、1日1回愛情表現をすることです。未就学児・小学生中学年くらい(子どもによる)までなら、抱きしめる、それ以上の年齢の子には、「愛してる。大好き」と言葉で伝えることです。

(文/ゆー、まゆまゆ 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!