• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育て中の腱鞘炎は酷使が原因!予防法を考えていきましょう!

子育て中の腱鞘炎は酷使が原因!予防法を考えていきましょう!

今回は、子育てによる腱鞘炎を防ぐ方法や対処法を考えていきましょう。

タグ: ,

 

子育て中は身体の痛みに悩まされることが多く、特に腰痛、腱鞘炎になると子育てに支障をきたします。赤ちゃんを抱っこするというのは避けられない動作ですよね。授乳したりあやしたり、おむつ替えなど、あらゆる動作に手や腕を使います。それが毎日続くわけですから炎症が起こるのも否めません。

 

私も経験ありますが、痛みが出てくると家事も思うように出来なくなります。物をしっかり持てないということは子育てにも支障が出ますから、家族のサポートが必要となります。でも仕事をしながら子育てをしているシンママが発症すれば、身近に頼れる人がいませんものね。今回は、腱鞘炎を防ぐ方法や対処法を考えていきましょう。

 

■腱鞘炎とは?

 

手首の関節が痛むのが主で、筋肉を支える腱が炎症を起こす為だと考えられています。要因は色々あって、パソコンの操作、絵や文字を書く、重いものを持つ等、これらを長い時間行うことで発症します。つまり手の使い過ぎということです。

 

■産後のママに多い要因は?

 

筋力の弱い女性に多く、産後は特に筋力が低下しているので、より発症率が高くなります。

 

◆ホルモンの影響

産後女性ホルモンは身体を元の状態に戻そうとします。そのホルモンは身体の腱を収縮させる作用があります。子宮や骨盤を元通りにするには、その作用が不可欠となります。エストロゲンというホルモンは反対に腱を柔らかくしますが、産後には微量となってしまいます。このような要因で、腱鞘炎が起こりやすくなります。

 

◆子供を抱く

まだ首がすわっていない赤ちゃんを抱くのは大変ですね。慎重に抱っこしようとしますから、余計な力が手に入ってしまいます。それが数ヵ月続くことで、手首への負担は大きくなっていきます。首がすわっても抱っこをすることは変わらないので、手を休ませることは難しいです。

 

◆授乳する

授乳する体勢は、横向きに抱いて左右交互に飲ませます。その間ずっと抱っこして手首で支えることになります。日によってはかなり時間を費やすことになり、手首に負担が掛かります。これも腱鞘炎になる要因の一つです。

 

上記のように、日々の子育てで自然に手や手首は酷使されているということです。それでは、腱鞘炎にならないようにする方法はあるのでしょうか?

 

■腱鞘炎の対処法とは?

 

子育てはストップ出来ませんから、腱鞘炎を予防することを考えなければいけません。今は便利グッズが多く市販されています。例えば授乳時の授乳クッション、抱っこするのも抱っこ紐という便利なものがあります。

 

それから散歩などに欠かせないベビーカーも重宝します。買い物をしても荷物を入れるスペースもありますからね。ほとんどのママがベビーカーを活用しているのではないでしょうか。

 

このように便利グッズを利用することで、腱鞘炎を予防することができます。機械でも長く使い続けていると故障するのと同じです。なるべく手首にダメージを与えない様に工夫し、痛みなどがある時は冷やしたりしてケアするようにしましょう。

 

■まとめ

 

痛みがあるのを我慢していると悪化していきます。冷やしたりシップを貼ったりして労わるようにしましょう。サポーターを使うというのも一つの方法で、やはり固定すると確かに楽になりますね。

 

お年寄りが膝にサポーターを使っているのがよく分かります。年配の人は頑なに愛用しているものに執着がありますが、便利な物を使わない手はないでしょう。「目から鱗」ということもありますから…。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら