• HOME
  • 出産・子育て
  • 「私って子育てに向いていない?」そう思ったときに考えてみてほしいこと

出産・子育て

「私って子育てに向いていない?」そう思ったときに考えてみてほしいこと

シンママStyle編集部

 

子どもの泣き声や駄々に耐えられずにイライラしてしまったり、離乳食を作るのを面倒に感じてしまったりしたことはありませんか?世の中のお母さんたちはみんな乗り越えているのに、自分はそんな状態で、「そもそも私って育児に向いていないのかも…」と思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

 

確かに、子どものわがままにもイラつかずに対応できる人もいますが、そうでない人も決して少なくありません。今回は、自分の性格的に子育てが合わないと感じてしまう原因として考えられることをまとめました。

 

■理想の母親像に追いつけていない

 

最初に考えられるのが、自分の中に「理想の母親像」のイメージが強くあるという場合です。それは自分の母親から来るイメージの場合もあれば、知り合いのママ友の場合もあり、またはメディアや世論などに植え付けられたものの可能性もあります。

 

そうした理想のイメージに自分がなれていないことで、自信をなくしてしまうことがあります。誰しも理想の母親像のイメージは多かれ少なかれ持っていると思いますが、そこに自分を当てはめようと頑張りすぎると苦しくなってしまうことがあります。

 

子どもの性格も母親の性格も十人十色。子どもの成長に合わせて見守ってあげる気持ちが一番大切です。

 

■子どもの自我を認めてあげられていない

 

ほとんどの人が、子どもが言うことを聞いてくれなくてイラついてしまった経験があると思います。想像以上のワガママや融通の利かなさに、思わず頭に血が上ってしまうこともあるかもしれません。「子どもが言うことを聞かないのは自分の育児に問題があるのでは?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

もちろん、寂しさや不満から反抗している場合もありますが、基本的に子どもは思い通りにならないものと理解しておくことが大切です。どんな子どもにも自我や意思があります。コントロールしようとするのではなく、ときには「成長をサポートする」というくらいの気を抜いた姿勢で見守ってあげることが、お互いにとって楽だったりします。

 

愛するがゆえに細かいところまで気になって口出ししたくなってしまいますが、子どもの意思を尊重するのも育児においてはとても大切です。

 

■自分のテンポを守ろうとしすぎている

 

特に乳幼児を育てている親は、自分の食事や寝ることさえもままならないほど子どもに振り回されます。子どもが小さければ当然のこととはいえ、そんな生活を耐え難く思ってしまうことは珍しくはありません。

 

特に、仕事と家事・育児を全て一人で背負っているシングルマザーにとっては、生活リズムを保つのが大切でもあり、人一倍難しくもあります。

 

ちょっとしたときに面倒を見ておいてくれる存在が身近にいないのは、シングルマザーにとって悩ましいポイントのひとつ。子どもが幼いうちは、割り切って自分のテンポを諦める努力も必要ですが、それでも一人の人間として息抜きも必要です。

 

親戚に頼れる人がいれば、たまには子どもを預かってもらってお買い物を楽しんだりするのもおすすめです。身近にそういった存在がいない場合は、有料ではありますが託児所をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

 

子どものテンポに合わせてあげることを意識しつつ、たまには休憩を挟みましょう。

 

★まとめ

 

子育てをしていると辛いことや想像もつかなかったほど大変なこともたくさん起こります。周りを見ていると、みんなさらっとこなしているように見えて、育児への自信を失ってしまうこともあるかと思います。

 

自分のイメージしていた通りにいかないことばかりかもしれませんが、誰しも育児は未経験からスタートします。子どもと共に自分も成長していく気持ちでゆったり構えましょう。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!