• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーが子育てを嫌だと思った時に、思い切って視点を変えてみよう!

出産・子育て

シングルマザーが子育てを嫌だと思った時に、思い切って視点を変えてみよう!

シンママStyle編集部

 

シングルマザーの8割以上は働いていると言われて、家事や育児に加えて仕事までこなすとなるととても大変です。シングルマザーの場合は、家で大人1人なので、帰ってからも一馬力で育児や家事をしなければなりません。忙しい毎日を過ごしていると、子育ても嫌だ、辛いと思うことってよくあるのではないでしょうか。そんな時は、思い切って考え方を変えてみると、意外と楽に乗り切れることがあります。他のママが実践している方法を紹介します!

 

■何を一番優先にするかを考えて実行する

 

優先順位と聞くと、家事、育児、仕事の中でどれかと考えてしまいがちです。ところが、家庭内で一番大事なことって、家事や子育てがかんぺきであることよりも、「いらいらせずにいつも笑顔でポジティブ思考でいること」ではないでしょうか。

 

今が大変で子育てが嫌だと感じていると、そもそも子どもに笑顔で接することが難しくなりますよね。その障害を作っている原因を探ってみましょう。本当に子どもが嫌いで子育てが嫌だと思っているママはほとんどいないでしょう。それだったら、離婚の時に自分が子どもを引き取ることはしないはずです。なんだかんだいっても、子どもが一番なんですよね。

 

たぶん、帰宅して洗い物や掃除、洗濯に追われるのが辛くて、そんな時に子どもの相手をするのがきついのかもしれません。それだったら、毎日掃除しなくても自分を責めない、疲れている時は無理してご飯を作らずにデリバリーを頼んだり買ってきたもので済ましたりする、たまに家事代行を頼む、という気持ちで過ごすと楽になるのではないでしょうか。

 

手抜きをすることに罪悪感はいりません。むしろこれでママの体と心が健康になれるのであればいいことだと思います。

 

■自分を犠牲にせず、自分を最優先する子育てを実践する

 

子どもの祖父母に相談しても、「我慢は母親の美徳」とか、「子育て中なんだから、自分のことは後回しになって当然よ。」とか言われたことはありませんか。私も、あまりに毎日が忙しくて自分の母親に愚痴を言ったら、こんな風に言われたことがありました。

 

もちろん、子どもが大事だから、子どものことを先にしていると自分のことはついつい後回しになりがちです。それが普通に苦にならない人もいれば、苦になる人もいるのです。

 

実際のシングルマザーではないママでも、子どもが赤ちゃんのうちから月2回は実家やベビーシッターなどに子どもを預けて1人の時間を作ったり好きなことをする時間を確保したりしていました。今の時代は、子育て支援センターでもママが病院やランチ、美容院に行くために子どもを預けています。保育士さんもみな快く預かってくれています。

 

だから、子育てでは決して無理をしないことが大切です。息抜きや自分のための時間も子育て中こそ必要なのです。自分を最優先にする、というのは子どもをほったらかしにするとか見捨てるとかいうことではなく、子どもがいる家族が根底にあったうえで、自分の生きがいを持つといいよ、というすすめなのです。

 

■良い母親を目指さない

 

育児がうまくいかないと、「私ってダメな母親」「良い母親になれない」と思いがちです。でも、良い母親ってどんな母親なのでしょう。料理がうまい母親、子どもの世話が上手な母親っていろいろあると思いますが、それってたぶん全部理想像です。

 

なんでもかんでもできる母親なんていませんし、かんぺきすぎても子どもが逆に息詰まりしてしまいそうです。子どもがこうあってほしいママというのは、「笑顔のママ」だと言われています。料理がおいしくできても、たくさん一緒にいてくれていても、いらいらした顔のママと過ごして子どもは楽しいとは思いません。だったら、全部できなくても、笑顔でいるママのほうがいいと思うでしょう。

 

かんぺきを目指すと疲れるだけなので、ほどほどに、くらいで考えてみると肩の荷が少し降りるのではないでしょうか。

 

■笑顔になれそうなことを10個書き出してみる

 

笑顔でいることが大事だと思っていても、そうすぐに笑えるわけでもないですよね。そんな時は、ママが笑顔になれそうなことを10個くらい紙に書き出してみましょう。

 

「友達とのランチ」「エステ」「ライブに行く」「好きな本を読む」「1日1人で家で過ごす」などたくさんやりたいことや好きなこと、楽しいことが浮かんでくるのではないでしょうか。考えてみるだけでも笑顔になれそうですよね。そして、少しずつその楽しみを実践してみましょう。

 

子どもにとっても、好きなことをしてイキイキしているママを見る方が嬉しいし、家族も円満になるのではないでしょうか。

 

~まとめ~

 

思い込みを捨てて、考え方を自由にするだけで、少し楽になれることってありますよね。我慢や自分を犠牲にするような生き方をやめて、ママが笑顔になれる生き方にチェンジしましょう。子育てが嫌だと思うママは、心からそう思っているわけではなく、きっと忙しさや日々のストレスが負担になっているのだと思います。

 

子どもを預けたり、家事代行を頼むなどして、仕事を頑張っている分、家では思い切りゆるく過ごしてみませんか。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!