• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てに父親はいらない?子育てにおける父親の役割って?

子育てに父親はいらない?子育てにおける父親の役割って?

父親に求められる役割ってどんなことなのでしょうか。再婚はせずにずっと母親だけで育てる決意をしているママには父親の代わりも求められる日が来るかもしれないので、母親と父親それぞれの役割についてご紹介したいと思います。

タグ: ,

 

子どもを1人で育てていると、子育てに父親はいらないと思えるときと、父親は必要かもしれないと思うときがあるのではないでしょうか。子育てに父親は本当にいらないのでしょうか。そもそも、父親に求められる役割ってどんなことなのでしょうか。再婚はせずにずっと母親だけで育てる決意をしているママには父親の代わりも求められる日が来るかもしれないので、母親と父親それぞれの役割についてご紹介したいと思います。

 

■子育てに父親がいらない場合

 

子どもにとって悪影響がある父親であれば子育てには必要ないかもしれません。暴力をふるったりお金をいれなかったりするような父親は問題外ですが、それ以外に父親がいらないと考えられるのはどんな父親でしょうか。

 

◎厳格すぎる父親

必要な時に厳しくする態度をとるのはいいのですが、父親があまりに細かく指示を与えるようになると、子どもは父親を頼るようになって、子どもに悪影響が及ぶとされています。具体的には、感受性が低下し、語彙が少なくなるようです。

 

◎子育てに関わらない父親

母親まかせの放任主義の父親の場合は、当然ながら父親から子どもへの情報を伝えることは少なかったりなかったりします。この場合、子どもの精神発達上に悪影響があり、成績も低下すると言われています。

 

■子育てに父親が求められる理由

 

子育てには母親と父親の両方がそろっていると望ましいと言われることがあります。その理由についてまとめました。

 

◎2歳以降から必要となる父性

児童精神科医である佐々木正美先生の本に『3歳までの子育てに大切なたった5つのこと』があります。その本では、「育児の主役は母親です。」と言い切っています。「母親は子どもを無条件に受け入れ、愛するという母性を発揮し、父親は明確な意思をも持って生き方を教える父性を発揮してほしい」「しつけは2歳以降からなので、それまでは、母性によって心からの安心を与えることが大事だ」と書かれています。つまり、2歳までは父親は祖父母と同じ助演俳優で、主演は母親だということです。

 

◎妻を助ける存在

佐々木正美先生の著書に、子どもが2歳までの間は、「父親は育児・家事を手伝うよりも母親(妻)の話をしっかり聴くことが大切だ」とも書かれていました。その理由として、「母親(妻)の話を父親(夫)がしっかり受け止めることで、母親は父親に依存できるようになり、安心して過ごせるようになる。こうして気持ちに余裕が生まれた結果、母親は子どもと穏やかに接することができるようになる」とありました。

 

◎子どもに社会性を教える

幼児期には子どもは遊びを通じて世界を学びます。母親は子どもの身の回りの世話などの養育行為が多い一方で、父親は、遊びを通じて子どもに制限やルールを学べるように、そして1人でできるように励ます。それは何か起こった時の問題解決の訓練にもなるようです。

 

このように、時に体を使ってスポーツのような遊びを通じて、感情のコントロールや同僚との協力関係を教えることは、母親よりも父親のほうが優れていると言われています。

 

■父親がいなくても子育てはできる!父親の役割を果たすには

 

子育てに父親が必要だと言われても、いないものはどうしようもないですよね。しかし、父親の役割を知ったうえで、いない分をカバーする努力はできますね。

 

母親は、感情や人間関係の技術を子どもに多く教えるが、父親は生きていくうえで必要な技術や問題解決の技術を子どもに多く教えるという特徴があります。子どもは特に学校に行き始めてから、父親の役割が必要になる場面があります。しかし、毎日必要としているわけではありません。

 

あくまでも子育ての主役は母親なのです。父親の仕事は子どもの発達を助ける役割です。カナダ政府によれば、「父親の仕事は、子どもの発達を助けることであり、子どもが自分の感情を把握して表現するように教え、生理的な困窮を避けるよう教えることであり、子どもが頑張って目標に到達し、責任を果たすのを助けることであり、市民・配偶者・親としての役割を子どもに少しずつ理解させることである。手短にいえば、子どものお腹を食べ物で満たし、子どもの頭を知恵で満たし、子どもの心を愛と勇気で満たすことである」とあります。

 

父性=社会性であれば、働いているシンママでも、会社などで働く社会人としてその背中を見せることは可能です。子どもを愛情で包むだけでなく、子どもの成長とともに社会の厳しさやルールを教えていく姿勢を持つことが大切なのでしょう。

 

 

(文/ゆー 画像/123R)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら