• HOME
  • 出産・子育て
  • 「男手がほしい…」シンママを悩ませる男の子育児【乗り切るコツ!】

「男手がほしい…」シンママを悩ませる男の子育児【乗り切るコツ!】

「心も体も休まらない!」と感じる男の子ママが多い中、子育てをうまく乗り越えていくコツを紹介します。

タグ: ,

 

とにかく元気で、外でも家でも一日中常に動いている印象がある男の子。女の子と比べ、体力も力もありケガも多く、それでいて甘えん坊…。時期が来るとハマる戦隊モノの影響も受け、遊び方もどんどんパワフルになっていきます。

 

男の子の有り余る体力に、遊びに付き合うのも体力的に大変ですよね。行動が読めなくジッーとしてられない動き回るわが子からなかなか目も放せず、こんな時は「男手があったら…」と思うシングルマザーは多いのではないでしょうか?

 

「心も体も休まらない!」と感じる男の子ママが多い中、子育てをうまく乗り越えていくコツを紹介します。

 

■おじいちゃんに頼ろう!

 

子どもですが男でもあるわが子の行動に、親ながら理解できない行動ことが多くあり、それにイライラすることもありませんか? そんな時はおじいちゃんの出番です。

 

身近な男性の意見を聞くことで『男の子ってそういうものなんだ』と受け入れられ、気持ちも楽にしてくれることでしょう。男の子の気になった行動・発言など、気軽に聞ける良い相談相手となってくれます。そして一番のメリットは、おじいちゃんは父親代わりにもなれるということです。

 

父親を知らずに育った男の子の場合、将来自分が家庭を持ち父親になった時に、どう振る舞い接していいかわからず、うまく家庭を築けないことも多く、それを懸念し離婚に踏み切れない場合や、離婚したことに負い目を感じるシングルマザーも多いです。

 

ですが、それはおじいちゃんと交流があることで、「こう遊んでもらった」「こうしてもらった」など、おじいちゃんが父親像となり、自分が家庭を持った時、父親になったときに良い影響となるのです。

 

お子さんの相手をしてもらっている時間は、お母さん自身の休息の時間にもなるので、定期的にご実家の両親に孫との時間を作ってもらうのがオススメです。

 

■スマホ・ゲーム解禁しよう!

 

子どもの脳への影響、視力やコミュニケーション力低下・暴力性…など、子どもの成長への害が問題視されている、ゲームやスマートフォン使用。しかし今では、子ども向けの知育ゲームも多く開発され、「ゲームなんかダメ!」と頭ごなしに禁止しているお母さんは、少なくなってきたのではないでしょうか?

 

ルールを取り決め、そのルールを子どもがきちんと理解し守り、親の管理もある中で使用していくのは、子どもにとって悪いことではない気がします。お母さんが家事などで構ってあげられないときや、疲れて少し時間がほしいときには、重宝する子育てアイテムになりますよね。

 

また「約束を守る」「ルールを守る」ということも、今後お子さん自身にとってとても大切なこととなるでしょう。使い方では薬にも毒にもなるものですから、きちんと考えうまく利用していきたいですね。

 

■うんと褒め、適度にほっとく!

 

子どもは親に褒められることで、認められた気持ちになって自己肯定感が高まります。それが結果的に良い影響を生みます。それは単純な男の子とって、褒めるという行為はとても効果的です。

 

「あいさつできたね」「お片付けできたね」など、できた行動を褒めてあげることで、前向きに色々なことに挑戦する気持ちが芽生えるでしょう。なにかと手がかかる我が子を放っておくことができず、よかれと思いついつい手助けしてしまう男の子ママも多いと思います。しかし、男の子は途中で手出し口出しされるのを嫌いますので、子どもの作業中はグッと気持ちをこらえ見守るのも母親の役目ですよ。

 

世間では大変だと言われる男の子育児。ですが手がかかる分可愛いさも倍増ですし、女の子では味わえない愛おしさも感じられますよ。

 

 

(文/ねこみや 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら