• HOME
  • 出産・子育て
  • シングルマザーになった場合、子育てに対する手当はあるの?

シングルマザーになった場合、子育てに対する手当はあるの?

子育てに対しての支援というものはあるのでしょうか? シングル世帯を中心に調べていきましょう。

タグ: ,

 

離婚する際、折り合いがつかないものに金銭面と親権問題があります。例えば夫の不貞で別れる場合は、妻から慰謝料、養育費を請求され、遺産分割や親権も取り決められます。このようなケースではほとんど親権は妻側となり、夫は養育費を支払う義務が生じます。

 

けれど現状ではいつの間にか養育費が滞ってしまい、罰則規定がない為に妻側が泣き寝入りするということも少なくありません。生活が困窮しているシングル世帯が多い中、このような現状では子育てに不安がつきまといます。

 

それでは、子育てに対しての支援というものはあるのでしょうか? シングル世帯を中心に調べていきましょう。

 

■子育てに対する行政の支援とは?

 

◆出産一時金

出産一時金とは、健康保険や国民健康保険などの被保険者又は被扶養者が出産した時に(一定の金額42万円)が支給されます。経済的負担軽減を目的とします。

 

◆児童手当

日本国内に住む0歳~中学卒業までの児童が対象となります。

・3歳未満:月15,000円

・3歳~小学校修了前:月額10,000円<第3子以降は15,000円>

・中学生:月額10,000円<一律>

・受給者が所得制限度額以上の時は、一律月額5,000円となります。

 

◆児童扶養手当

児童手当と違って、シングル世帯しか受給できない手当です。

※平成22年4月から、シングルファザーにも支給されることになりました。

・子供1人:月額42,000円

・子供2人:月額47,000円

・子供3人以降、月額47,000円に3,000円加算

・児童扶養手当にも所得制限があります。

・手当<月額>=41,990円-<申請者の所得額-所得制限度額>×0.0185434

 

◆児童育成手当

主に東京都で実施されている制度で、各自治体が独自に行っています。東京都の場合は、月額13,500円程度で所得制限があり、18歳未満の子供が対象となります。

 

◆特別児童扶養手当

・精神の発達に遅れがある

・精神障害により、日常生活に支障が出ている

・身体の重度、又は中度の障害があり、日常生活に制限がある

 

<支給額:等級1級/等級2級>

・子供1人:51,100円/34,030円

・子供2人:102,200円/68,060円

・子供3人:153,300円/102,090円

 

◆シングル家庭の住居手当

これも全ての市町村で実施されているわけではなく、一部の市町村でのみとなっています。月額1万円以上支払っている人が対象で、月額10,000円、5,000円の助成となります。

 

◆シングル世帯の医療費助成制度

市町村によって助成の内容が異なりますので、事前に役所への問い合わせが必要です。

 

上記のような支援制度があり、シングル世帯に支給されます。詳細を知るには、やはり役所へ足を運ぶことが賢明です。

 

■シングル世帯への助成金の盲点

 

シンママになっても国の支援が充実しているから、生活は何とかなると思っている人も少なくありません。実際昔と比べてみると、確かに支援制度は整っています。年配者の中には、支援制度があるから離婚が増えるというような見方をする人もいます。

 

シンママの実情は子育てと仕事を熟し、節約をしながら生活している人がほとんどです。誰も好き好んでシングルになるわけではないのに、未だ離婚を偏見の目で見ている人がいるというのは悲しい現実です。

 

シンママが支援制度に頼って生きているのは確かですが、その助成金を巡って辛い思いをしていることをどれだけの人が理解しているでしょうか? ある市町村のケースでは、児童扶養手当を貰う為に毎年8月に現況届を出すことになっています。この現況届には男女関係などの屈辱的な質問があり、「何でそこまで!」というようなものもあるようです。正確に記さなければ手当はストップされてしまいます。

 

男性の職員に面談されて鬱になったケースもあり、シンママには辛い現状となっています。ルールを守る為であっても、相手の立場になって行動することが一番大切だと感じます。

 

■まとめ

 

行政の支援制度はそう簡単に受けられるものではありません。時間を掛けて調査され、あらゆる条件を満たさなければなりません。そして自分で行動しなければ得ることができないものです。待っていても行政からのアプローチはありません。

 

ですからシングルになったら、知るという事が大事です。先に述べた支援制度も知らなければ受けることができません。『無知は損をする』というような事にならないようにしたいですね。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら