出産・子育て

子育て中のママにおすすめ、子どもが喜ぶ絵本のまとめ

シンママStyle編集部

 

未就学の子どもには絵本の読み聞かせが脳の発達に良いと言われているのをご存知でしょうか。寝かしつけにも良いと言われていますよね。シンママは子育てだけでなく家事や仕事があるので、ゆっくりと絵本を選んでいる時間もないかもしれません。ですので、おすすめの絵本をここにまとめました。

 

■『だるまさんが』

『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』の3部作で、ころんとした赤いだるまさんがとてもかわいいです。「だ・る・ま・さ・ん・が…ぼてっ」とこけたりにこっと笑ったり、小さな子どもが喜んでうけてくれそうな絵本です。保育士さんにも大人気で、保育園や託児所などでもよく読まれている絵本です。

 

■『はらぺこあおむし』

エリックカールの有名な絵本です。カラフルなイラストで、最後はちょうちょになる姿が印象的です。数や曜日にふれたり、食べ過ぎたらお腹がいたくなっちゃう様子からも学べるところはたくさんあります。英語版もありますので、英語の学習にも良いです。

 

■『おおきなかぶ』

みんなで力をあわせてかぶをぬく姿に協力することの大切さを自然に学ぶことができます。また、反復するセリフも多いため、セリフが覚えやすく、親しみやすいです。繰り返しが好きな小さな子どもにも受け入れられやすい本です。

 

■『きんぎょがにげた』

親子で一緒に逃げた金魚を探していく楽しみがあります。金魚の他にもぼうしや長靴、いちごなどたくさん書かれているので、たくさん探していくと時間をもたせることができたと助かるママもいました。イラストもカラフルで配色もきれいなので、感受性の高い子どもにも良い影響がありそうです。大人が読んでも楽しいですが、3歳くらいまでの子どもにおすすめです。

 

■『スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし』

黒い小さな魚のスイミーは兄弟みんなが大きな魚に飲まれてひとりぼっちになります。しかし、最後は仲間とともに大きなさかなに立ち向かっていくお話です。みんなで力を合わせて立ち向かえば大きな敵にも勝てるという勇気をもらえるお話です。同時に、協調性や仲間の大切さを教えてくれます。

 

濃い色の絵本が多いなかで、淡いきれいな色彩の絵本は、子どもの感性を刺激してくれそうな印象です。

 

■『ぴょーん』

いろんな動物がぴょーんと飛ぶ姿がダイナミックに描かれている絵本です。一緒にぴょーんと飛んでみるなど親子で体を動かしながら遊べる絵本としても使えます。絵本としてはめずらしく縦にページをめくっていく仕様になっています。

 

■『がたんごとん』

電車にいろいろなものが乗って行くシンプルな絵本です。電車好きなお子さんにおすすめです。赤ちゃんが好きなミルクも乗ってきます。やさしいストーリーにママも子どもの心もほっとします。

 

■『ピヨピヨだあれ』

厚紙でしっかりとした絵本ですが、コンパクトなので持ち運びにも便利です。窓がついていて、いろいろな動物さんが「いないいないばあ」をします。鏡のページもあって、子どもは自分の顔がうつると大喜びすること間違いなしです。絵本の裏表紙が窓になっているので、ママが顔を出して「だあれ?」と顔をのぞかせるだけで子どもは喜んでくれるでしょう。2歳までのお子さん向けです。

 

■『しろくまちゃんのほっとけーき』

ママと一緒にしろくまちゃんがホットケーキを焼くお話です。ホットケーキを焼く工程が「ぺたん」「ふくふく」「ほっ」などという楽しい音とともに表現されているところが子どもに喜ばれるのではないでしょうか。また、食べた後もきちんとお片付けをしているところがえらいですよね。ホットケーキの作り方やお片付けなど学べる要素もつまった人気の絵本です。

 

■『はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう』

はみがき嫌いなたっくんですが、歯ブラシが電車のようにしゅっしゅっしゅ…と入ってくると喜んで口を開けてくれます。そして、お口の中がきれいになってにっこり。

 

歯磨きを嫌がるお子さんに悩んでいるママにおすすめしたい絵本です。この絵本を読んで、歯磨きをするときに「歯磨きれっしゃくるよー。」と言いながら絵本のようにまねっこをしてあげるだけで、子どもは嫌がらずに歯磨きをしてくれるようになるかもしれません。

 

■『パンダなりきりたいそう』

ロケットになったりバナナになったり、いろいろな動きをして楽しく遊べる絵本です。パンダのかわいい姿にいやされます。最後はパンダのママのところにころころ転がってぎゅっとして終わります。親子で一緒になりきって体操してみるのも楽しいですね。スキンシップにも良いおすすめの絵本です。

 

~まとめ~

 

ここには紹介しきれないほど、たくさんの絵本があります。ぜひいろいろな絵本にふれあってみてください。絵本にはそれぞれの良さがあります。親子で遊べたり、スキンシップができたり、大切なことを学べたり。親自身も子どもの気持ちになって楽しめる良さが絵本にはあります。お気に入りの一冊と出会えますように。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:出産・子育て

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!