体力的にも大変なベビーの子育て、みんなどうしてる?

ここでは、私も含めて先輩ママから、新生児から2歳までの時期を振り返ってこれが良かったと思う子育て法を伝授したいと思います。

タグ:

 

0歳から2歳くらいまでのベビーの時期の子育て、親は寝不足になりやすかったり子どもが病気しやすかったり、色々と体力的にも大変な時期です。過ぎてしまえばあっとう間だけど、そのさなかにいる時ってほんとにどうしようって思うくらい悩んでしまうことってありますよね。

 

大丈夫です、みんな通る道、だからこそ先輩ママに聞いてみましょう。ここでは、私も含めて先輩ママから、新生児から2歳までの時期を振り返ってこれが良かったと思う子育て法を伝授したいと思います。

 

■なかなか寝てくれない新生児期の乗り越え方

 

0歳児の頃は、昼夜の区別がつかなくて、寝たり起きたりを繰り返しています。新生児期を過ぎるとだんだんと落ち着いて夜寝てくれる子が増えてきます。

 

新生児期は、授乳を終えて、やっと寝てくれた!と思ってベビーベッドに置いたらすぐに泣きだしたなんてことありませんか。抱っこしてあやしてみても泣き止まないし、おむつもきれいだし、お腹もいっぱいなはずなのに、なんで泣くのかと思いますよね。授乳の寝不足も重なるといらいらしてしまってママの方が泣いてしまうこともあります。

 

「赤ちゃんは泣くのが仕事よ、理由なんてないの。」と言われたことがあります。わかっていても、ママの気持ちとしては「お願いだから寝て。」ってなりますよね。そんな時におすすめの方法があります。

 

「おひなまき」って知っていますか?私が出産して入院中に助産師さんから教わった方法です。大きめのタオル赤ちゃんをしっかりとくるんであげる方法で、見た目はみのむしっぽい感じです。お母さんのせまい子宮の中にいるような感じになって赤ちゃんが安心するのだそうです。知らない方は、ネットで調べると方法が写真などで説明されているサイトがあります。

 

また、夜なかなか寝てくれずに悩んでいるママは、授乳の方法を夜だけ母乳からミルクに変えてみる方法もあります。ミルク(人工乳)のほうが腹持ちはいいので、母乳よりも赤ちゃんが満腹感を感じやすく、よく寝てくれる傾向がありますよ。

 

■夜泣きがぴたっ?夜泣き対策法

 

夜中3時間おきの授乳からやっと卒業できたと思いきや、子どもによって夜泣きをすることがあります。日々忙しくしているママにとって、夜ぐっすり休みたいのに夜泣きされると眠れなくて本当に辛いですよね。

 

そんな時にある先輩ママが試していた方法をご紹介します。それは、真夜中のドライブです。小さい子どもにとって、車内でのゆれがほどよく心地よいのです。車に子どもを乗せてぐるぐると近所を回っているうちに、子どもがいつの間にか寝てくれていたようです。さすがに毎晩はきついですが、たまに試してみるには良い方法かもしれません。

 

■作るのがとっても大変?時短&手抜きな離乳食作り

 

ベビーの時期にママを悩ませるのが離乳食作りではないでしょうか。子どもに手の込んだメニューを食べさせたいママには不向きですが、ちょっとでも楽をしたいママには必見です。

 

道具は、小さな雪平鍋、すりこぎ棒、ふた付製氷皿、離乳食取り分けパック(チュチュベビーなどのメーカーのもの)、ハンドブレンダーだけで大丈夫です。

 

ここでは簡単なおかゆ(10倍がゆ)作りをお教えします。

1炊飯器で普通にたいたお米を雪平鍋に入れて、お米の約10倍のお水を加えます。

2弱火にかけてこびりつかないよう気を付けながらハンドブレンダーで粉砕します。

3一度ふつふつと火が通ったことを確認して火を止めます。(10倍がゆがどれくらいの柔らかさかはベビーフードなどで事前に確認しておくと間違いがありません)

4少し冷ましてからスプーンでよそいます。余った分は製氷皿や取り分けパックに入れて冷ましてから冷凍庫へ。

 

いかがでしょうか。だいぶいい加減と言われてしまうと返す言葉はないですが、こつをつかんだらとても楽ですよ。おかゆクッカーとか要らないし、時間をかけて鍋でことこと煮る時間も短縮できるのでおすすめの方法です。

 

■保育園で病気ばっかり!最初の1年が辛抱どころ

 

小さい子どもやベビーがいるシンママさんは、お子さんを保育園に預けて働く人が多いでしょう。家庭は無菌状態、保育園はバイ菌だらけだと言われるのが納得せざるをえないほど、小さい子どもはかなりの頻度で病気になります。単純に小さな子どもは病気や細菌に対する抵抗力が弱いので、お友達の病気をすぐにもらいやすいのですよね。病気をうつし、うつされるという状態です。

 

実際に私の子どもも1歳から保育園に預け始めて、1ヵ月に1回は何かと病気になっていました。特に中耳炎は3ヵ月以内に2度かかりました。治ったと思ったら、今度は保育園で風邪と胃腸炎をもらってきました。そのため、最初の1年は仕事を休んで病院に連れて行ったり看病したりでまともに仕事をした記憶がありません。パートや在宅での仕事がメインなので、比較的休みやすかったですが、フルタイムで働いているママは有給を全部使ってしまい、減給されたと聞きました。

 

近くに親がいれば面倒を見てもらえたり、仕事を休みにくい場合には病児保育を利用したりして対応することもできますね。近親者や制度に頼ることが難しい場合には、働き方を考えてみる必要がありそうです。

そんなかんじで、保育園に預けて間もない頃は、子どもは病気がちになることを覚悟しておきましょう。

 

■いやいや期対策はこれでばっちり?!

 

2歳くらいになると、自我が芽生えてきて、何かにつけて「あれいや、これいや!」と言いだします。外出に連れて行けば何が気に入らないのかその場で固まってしまって動かない子どももいます。これといった対策がわからなくて困った記憶があります。

 

ある時、子どもの園で、先生方がケロポンズの「やだっとちゃん」というパネルシアターをやってくれました。なんでもかんでもやだ!やだ!と言っているやだっとちゃんがいて、困ったときにみんなに助けてもらえないというお話です。最後には、みんなが助けてくれるのですが、子どもにはとても好評でした。

 

「♪やだやだやだやだやだっとちゃん~」の歌やくりかえしのストーリーでやだっとちゃんが「やだ!」というたびに子どもたちも笑っていました。お話全体が教訓みたいで、親がだめ!と言うよりも子どもたちの心にすっと入っていきやすいみたいです。

 

私の子どもが「やだ!」と言ったときには、「やだっとちゃんになってるよ~。」と言うと、ぴたりと反抗するのをやめました。Youtubeでも劇が見られるようです。日常の子育てに取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

~まとめ~

 

ベビー期はとてもかわいいですが、何かと手がかかってママも疲れてしまいがちです。いろいろな赤ちゃんがいて、性格や特徴も様々です。手探りでいろいろ方法を試してみながら、自分に合う方法を見つけていくのがいいと思います。私が紹介した方法で試してみたいと思うものがありましたら幸いです。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

タグ: