• HOME
  • 出産・子育て
  • 子育てが疲れるのってどんな時?疲れた時にはどうしてる?ママの声を集めました!

子育てが疲れるのってどんな時?疲れた時にはどうしてる?ママの声を集めました!

子どもはとてもかわいいし、愛情も持っているけれどなぜかいらいらして疲れてしまうことってどのママも経験したことがあるのではないでしょうか。ママ友や先輩ママの声を集めて、みんなどんな時に疲れたか、それに対して取り組んでみたことや良かったことをレポートします。

タグ: ,

 

子育てはなかなか思うようにいかないものです。日々の生活や家事、仕事もあると苦労も多いです。子どもはとてもかわいいし、愛情も持っているけれどなぜかいらいらして疲れてしまうことってどのママも経験したことがあるのではないでしょうか。ママ友や先輩ママの声を集めて、みんなどんな時に疲れたか、それに対して取り組んでみたことや良かったことをレポートします。

 

【シンママならではの疲れる理由】

 

■母子家庭で頑張ることに疲れた

離婚を選んだのは子どもではなくて自分なのに、今の生活に疲れてしまっています。仕事がうまくいかないことも多くて、もう休みたい、子育てもやめたい、なんていう日もあります。毎日こうだとうつ病かもしれないけれど、そうでなくて、気持ちの波があります。前向きに頑張れる日もあれば、すごく落ち込む日もあって、精神を一定に保つことが難しいです。

 

みんな頑張っていると思うと逆に自分より恵まれている他と比べてしまってしんどくなるから、自分の中で頑張っている自分をほめるようにすると少し落ち着いて毎日過ごせるようになっています。

 

■父親がいないから私が頑張らなきゃと思って疲れる

自分の子育てをフォローしてくれる夫がいないから、その分私がパパの代わりも努めなきゃと頑張ってしまってうまくいかないことが多くて疲れます。

 

夫がいれば、子どもたちをお風呂に入れてくれるだけで助かるし、ママが怒った後にフォローをしてくれるだけでもほっとできる。本当にそれができたらなあと思ってしまうけど、現実的に難しくて気持ちが疲れると体も疲れる。でも、きっと私が今思っているパパはあくまでも理想のパパだから、現実を見て忘れるようにします。

 

■ささいなことで怒ってしまって疲れる

疲れて帰宅した夕方には、特に子どもたちにあたってしまう。きっかけはささいなことで、子どもがご飯をちゃんと食べなかったり遊び食べを始めてしまったりした時。食べない理由はわかっているはずなのに、つい子どもにきつく怒ってしまって、後で自己嫌悪になります。自分を責めると疲れがどっと出てしまいます。

 

気分の悪い夕食の後には、ヨーグルトを子どもと一緒にデザート代わりに食べています。ジャムを入れたりフルーツを入れたりして、甘いけど体にも良いデザートで子どもも私も笑顔になります。さっきはごめんね、と子どもにも謝りつつ、子どもも怒られたことなど忘れたかのように過ごせるひと時で、ほっとリラックスできます。

 

【すべてのママの共通する疲れる理由】

 

■いやいや期に反抗期、かわいさ上回って疲れる

子どもはかわいいけれど、外出して靴をはこうといったら2歳児が「いやー!」といってひっくり返って暴れる。その対応だけですでに一日終わったかのような疲労感があります。

 

小学校に入ってプチ反抗期になった娘が、宿題をしなさいと言っても言うことを聞かないし、学校で覚えてきたのか悪態までつくようになってきました。かわいさ余って憎さ100倍とはこのことかと思いました。ああだこうだと女同士で口論するにも疲れてソファーにひっくり返って魂が抜けたようにぼーっとしてしまいました。子どもはどうしたの?という状態です。しっかりしなきゃと思うけれど、子どものパワーについていけない、完全に母としてのパワー不足です。

 

過去をふり返ったら、「もう少しかわいさを楽しんでおけばよかった。」と思うこともありますが、その時は育児に必死でしたから。今考えたらもったいなかったです。

 

■すべてのことが進まなくてストレスになって疲れる

ママって1日にやることたくさんありますよね。家事だってやりだしたら無限大にあるのに、それらすべてが子どもによって中断させられてしまう。洗濯ものを干していても、「ママちょっとー。」と呼ばれて相手しなきゃいけなくなってほったらかしになるし、やっと終わったと思って食事の準備を始めたら今度は「ママ、お茶こぼしちゃった。」「ママ、トイレ行こう。」などノンストップのママを呼ぶ声。

 

余裕がない時にこれをされると、とても疲れる。やりとげた感がないというか、達成感ゼロというか。これしなきゃと思う義務感みたいなものがあるからリラックスできないで余計に疲れるのかもしれない。もっと適当にゆるくやっても良かったかなと思う。

 

■病気にかかりやすくて疲れる

子どもはしょっちゅう風邪をひくし、熱が出ようものなら急に食欲もなくなってすっかりダウンしていました。病院に連れて行くのも看病するのも全部自分で、夜もまともに眠れない日が続くこともあって正直なところ疲れました。実家は遠くて頼りにできず、どこかに預けようにもすぐ病気になるようだとなかなか預けることができず、一人でゆっくりする時間が持てなくて疲れてしまいました。

 

でも、中学生になった今では病気をめったにしない元気な息子に成長しました。あの時の病弱なあなたはどこにいったの?という感じです。病気をたくさんした分、免疫がついたのかもしれません。

 

【頑張り過ぎず、リラックスして子育てを】

 

まだまだ手がかかる子どもを相手にしていると、思うようにいかなくてストレスもあって疲れるママさんはとても多いです。後から振り返れば、もっとこうしておけばよかった、と反省も尽きないのが子育てです。「毎日修行のようなものだ」「子育てとは長距離の障害物競走のようなものだ」と言うママもいました。終わってしまえばあっという間だけれど、最中にいると長いレースを走っているようなものです。リラックスして気長にぼちぼちがんばりましょう。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

 

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら