シングルマザーが抱える子育ての悩みはどんなこと?

幸せになるために離婚したけれど、育児をしていくなかで、いろいろな不安から悩むことがありますよね。シンママに限らず、世の中のママが抱えている悩みが共通しているところもあります。答えがすぐに出るものではありませんが、悩みを共有できる場になればと思います。

タグ: ,

 

幸せになるために離婚したけれど、育児をしていくなかで、いろいろな不安から悩むことがありますよね。シンママに限らず、世の中のママが抱えている悩みが共通しているところもあります。答えがすぐに出るものではありませんが、悩みを共有できる場になればと思います。

 

■子どもを家に留守番させておく悩み

 

シングルマザーになると、子どもを保育園や学童、祖父母などに預けて働く人が多いです。一馬力で働かなければならないため、仕事を優先させなければならない状況もあります。残業をして夜遅くまで働くこともあるかもしれません。

 

そんな時、祖父母宅であれば甘えることができますが、保育園や学童は夜遅くても19時までというところもあり、夜遅くまでママが残業する日には子どもが自宅で留守番をすることになります。小学校4年生くらいから一人でも留守番できる子どもが多いと言いますが、それでも心配ですよね。

 

留守番していると時間が長く感じられてしまうこともあるので、やるべきことをしっかり与えてお腹がすいた時のためにお菓子や軽食を用意するのも方法ですが、親としての心配や悩みは尽きないですね。

 

■同じシンママで相談できる人がいない悩み

 

シングルマザーの気持ちは実際になってみないとわからないものです。また、それは病気を持つ子どもの親が実際に子どもがその病気になってみないと自分の気持ちはわからないものだと思うのと同じです。

 

生活や育児などでいろいろな不安があると思います。そんな時に同じ境遇のママ友達がいれば心強いですが、いたとしてもすでに再婚していて夫の話をされると一人で頑張っている自分がつらくなることもあります。また、なかなか気が合うシングルマザーのお友達がすぐに見つからないという現実もあります。

 

できれば子どもが同じくらいの年齢を持つ同世代のシンママがいればと思いますが、なかなか出会えないという悩みがあります。

 

■子どもにお父さんがいない悩み

 

休日どこかに出かけると、お父さんとお母さんと子ども、親子そろって仲良さそうに過ごしている姿を見たり、お父さんが子どもを連れて出かけている様子を見たりするとうらやましい気持ちになります。そういった姿を見ている子どもがつらい思いをしないか不安に思うことがあります。

 

また、今後父親がいないことで父親に相談したいと思ったときにどう対応したらよいかという悩みもあります。子どもが小さいときは、子どもの友達から「なんでお父さんいないの?」と聞かれることもあります。子どもの友達に悪気はなく、純粋に疑問に思ったことをストレートに聞いているだけだと思いますが、子どもの無邪気な質問は特に残酷です。それを聞かれて、自分の子どもが傷ついていないかと心配になります。

 

■子どもに十分な教育を受けさせてあげられるかという悩み

 

今や不景気で給料も上がりにくい時代、しかし学費は下がるどころか、大学では学費が安いはずの国公立大学も値上傾向にある状況で、教育費に頭を抱える家庭が増えています。所得格差も大きくなり、貧困家庭には教育費が大きな負担となっています。

 

母子家庭の場合は、低所得層が多いと言われています。共働き家庭に対して一人で働かなければならないので、その所得には限界があります。しかし、離婚を選んだ以上は、子どもに不自由な思いをさせず、ちゃんとした教育を受けさせたいと思うのは母親共通の悩みなのです。

 

現役のファイナンシャルプランナーの方によると、今では大学進学の際に奨学金を利用する人が2人に1人はいるという世の中です。2人に1人がシングルマザーというわけではないでしょうから、大学の学費が多くの家庭の悩みとなっているようです。

 

■子どもと一緒にいられる時間が短い悩み

 

仕事のためにあまり子どもと過ごす時間がないというのが悩みです。子どもがそのことでさみしいと思っていないかが気にかかります。

 

子どもに聞いても「大丈夫」という答えで、たくましいのか強がっているのかわかりません。スキンシップをしたり話をしたり、疲れていても笑顔を見せる努力をしているシンママさんもいます。最大限の努力であると感じますよね。

 

子どもと過ごす時間が短い分、その短い時間をどう一緒に仲良く過ごすかが大事なのだと思います。

 

☆まとめ

 

子育てはこれといった正解もなく、ただただ子どもに良かれと思うことを日々重ねていくものだと思います。現実の厳しさに打ちのめされることもあり、なかなかポジティブに過ごすことが難しい時もありますが、小さなことからこつこつ始めてみることが悩みの解決になることがあるかもしれません。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

タグ: ,