• HOME
  • ブログ
  • 離婚ってどっちから切り出すのがいい?

ブログ

離婚ってどっちから切り出すのがいい?

シンママStyle編集部

 

離婚も結婚同様に人生の転機になります。しかし、離婚の方が想像以上にストレスを感じるし、揉め事も多いのです。

 

特に夫婦お互いが離婚を望んでいる場合はいいのですが、どちらかが離婚したくないと思っているとさらに厄介なことになります。

 

離婚を切り出すタイミングと、どちらが先に切り出す方がいいのか難しい問題ですが、どういった流れで離婚が進んでいくのか確認して行きましょう。

 

■相手を説得できると確信したとき

 

どう言うタイミングで離婚話を切り出すのかわからないなら、相手を説得できると確信したときが一番いいでしょう。長い間辛い気持ちを抱えて生活してきた結果が今なのだから、伝える時は落ち着いて相手にわかりやすく説明することが大切です。

 

あなたが取り乱しては、相手も対応の仕方がわからず、冷静に話すきっかけさえも無くしてしまうかもしれません。話を切り出す方は感情を抑えて冷静に相手と話す姿勢が求められます。

 

■相手が理解してくれない場合

 

うまく離婚理由が説明できず、相手との話も難航する場合は冷却期間を設けた方がいい時もあります。

 

少し距離を置いて冷静に考える時間をお互いに作ることです。それには別居も選択肢の1つでしょう。離婚後の生活設計を考えるチャンスでもあります。

 

勢いで離婚して後の生活設計もないようでは後悔することになりかねません。強い意志を持って離婚を推し進めるのなら、その先にある生活設計もちゃんと考えておくべきです。

 

■妻から離婚を切り出す場合

 

女性は感情的になりやすいところがあります。男性は論理的なタイプが多いので、女性がカッとなって離婚を切り出しても、理解どころか頭を冷やせといった具合になるでしょう。

 

感情的になりやすい人は離婚理由や離婚条件などを紙に書いておくのもいいでしょう。紙に書くことは頭を整理することにもつながります。

 

もし夫の不倫が離婚理由なら証拠となる写真など用意しておく方が話もしやすいでしょう。とにかく女性は事務的に淡々と離婚に至る理由を夫に伝えることが大切なのです。

 

■夫から離婚を切り出す場合

 

夫から離婚を切り出す場合は、妻が離婚に応じるのは難しいでしょう。理由は離婚後の生活が苦しくなるのが目に見えているからです。特に専業主婦である場合、仕事を探すことから始めなければなりません。

 

親権を妻が取得しても果たして生活していけるのか不安でいっぱいです。そんな時に妻が簡単に離婚に応じるとは考えにくいと言えます。

 

離婚をスムーズに進めるためにも夫は離婚後の妻の生活への不安を少しでも和らげられるよう、慰謝料など金銭面での支援をすることを形として残しておくことをおすすめします。

 

■離婚原因が浮気の場合

 

相手の浮気の証拠があれば離婚を有利に進めることができます。そのためには自分の力では限界がありますから、興信所や探偵を使い証拠を掴みましょう。

 

浮気が直接の原因なら財産分与や慰謝料にも大きく影響することになるので証拠集めは早めに、慎重に行いましょう。

 

■それでも離婚に応じない場合

 

夫婦の話し合いでまとまらない場合は、調停や離婚訴訟へと移行することになります。親権が絡む場合は特にどちらが親権者になるか決めないと離婚が成立しないので協議が必要になります。

 

大抵の場合、母親に親権が行くことがほとんどです。夫が親権を取りたいなら日頃から育児に積極的に取り組んでいるかなども大きなポイントになります。何れにせよ弁護士に相談をしましょう。

 

☆まとめ

 

離婚を切り出すのは離婚原因が相手の浮気やDVなど明白なものは実は先に話を切り出す方が有利になるのです。

 

しかし、あなたが抱えている離婚理由を相手が気づきもしない時は難しいことは承知しておきましょう。

 

離婚の話し合いでは離婚理由もそうですが、離婚後の生活などを準備してから、相手の性格を踏まえて最適な時期に言う方がいいでしょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ブログ

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!