• HOME
  • 美容・健康
  • いつだってキレイでいたい! シングルマザー流お得な美容法!

美容・健康

いつだってキレイでいたい! シングルマザー流お得な美容法!

どんなに頑張っても疲れって隠せないもの。とくに目の周りや肌のコンディション。さらにヘアスタイルにまで疲れは出てしまいます。「わたしこんなに老けていたっけ?」と、まじまじ鏡に見入ってしまうこともありますよね。

でも仕事と家事と育児の両立を疲れなしにはできないものです。疲れをぬぐえないなら、とにかく表向きだけでもきちんと健康的に見せたい! そう思ったときに役に立ちそうな、簡単に始められてお得な美容術をご紹介しましょう!

■肌よりも老けを実感するもの。それは髪!

私たちの体を覆っている皮膚。古い皮膚は毎日ボディウォッシュすることで落ち、新しい皮膚へと再生していますよね。でも頭髪は違います。古い髪の毛、つまり毛先の方は、2カ月切らなかったら2カ月間外気にさらされどんどん年を取り、水分や養分が失われていくばかりといわれています。

だからトリートメントを使って髪の美容を維持するわけなんですが、この髪の本当のコンディションを握るのは頭皮といわれています。頭皮に老廃物がたまっていると髪は養分を保てないそうです。水分を失い、広がったりパサついて絡まったりとダメージにも弱くなっていきます。

だからこそ、毎日のシャンプーが髪を美しく見せるための重要なカギなんです。シャンプーって毎日なんとなく洗ってすすいでいませんか? ぜひやってもらいたい毛根に老廃物を貯めないシャンプーの仕方は以下です。

①髪をシャワーで予洗いし、毛束の水分を握って切る

②フェイスウォッシュなどしながら3分程待つ

③手のひらにシャンプーをとって毛先で泡立て、泡立ったら髪全体を包み込むように洗う

④指の腹で頭皮をマッサージする

⑤毛根部分からシャワーですすいでいく

以上が頭皮を清潔に保てるシャンプー方法です。予洗いで頭皮をよく濡らし、頭皮を柔らかくしておくとシャンプーがより浸透しやすく老廃物をしっかりと洗い流すことができます。

これだけで髪がぐんと元気になりますのでぜひ毎日行ってみてください。コンディショナーはなじませた後、しっかりと洗い流してくださいね。

■スキンケアはこれで決まり! お得に時短スキンケア

お風呂上りや朝の時間は子どもの世話で大忙し! ゆっくりスキンケアをする時間がない! というのは世のお母さんなら共感できるのではないでしょうか? そこで、簡単スキンケアについてご紹介します。

◎基礎化粧品はオールインワンを使う

化粧水、美容液、保湿クリーム、アイケアやリップケアもして…なんて出産前のようにゆっくりスキンケアは行うのは難しいですよね。そんなときは、オールインワンひとつで済ませてしまいましょう! 最近は美容液成分が豊富なものや、保湿に特化した商品なども多く販売されていますよ。

また、オールインワン化粧品なら、化粧水・乳液・クリームをそれだけで済ませることができます。コスパもいいですよね。

◎パックはお風呂ですませる

お風呂上りはまず子どもの身体にクリームを塗って、着替えさせたら髪を乾かして、自分のスキンケアは後回しで…自分の肌をケアする頃には顔がカピカピになっちゃう。という方、多いのではないでしょうか?

乾燥はシワや毛穴の開きなど、老け見えの原因になってしまいます。お風呂でパックをして、お風呂上りの肌の乾燥を最小限に留めてくださいね。

◎保湿クリームは子どもと兼用できるもの、身体~顔まで使用できるものを使う

子ども用の保湿クリームと、ママの身体用、顔用の保湿クリームと分けて使うと、どうしても自分の保湿は後回しになってしまいますよね。それならいっそのこと、保湿クリームをお子さんと兼用できるものにして、子どもの保湿のついでに自分の保湿も行えるようにしてみてはいかがでしょうか。これなら、お風呂上りに肌がカピカピになることも防げますね。

◎毎日できる美容法! 水コットンパック!

顔の印象を明るく見せるには肌へ水分補給してあげることが1番大切だそうです。UVケアは欠かせませんが、実はそのUVケア自体で肌も呼吸しづらくストレスが溜まっている状態です。まずはそのコリを洗顔でほぐし、その後きちんと顔パックしましょう。

①コットンを濡らして軽く絞る

②コットンに化粧水を含ませる

③コットンを2、3コに割いて顔に乗せ3分間

これだけでかなり肌の水分が回復し、しわを予防します。コットンも化粧水もドラッグストアで1番安くてたくさん入っているやつで十分ですよ♪

■時短メイクのおすすめは?

子どもにご飯を食べさせて家事をこなしていたら、自分の準備をする時間がなくなっちゃった!という経験がある方も多いのではないでしょうか? 忙しい朝は積極的時短コスメを取り入れて、しっかり自分のでかける支度もしてしまいましょう!

◎ベースメイクは下地不要のファンデーションを使う

「下地をキレイに塗ってから、ファンデーションがムラにならないように塗る」、一見単純な作業ですが結構時間がかかりますよね。それなら、下地不要のBBクリームやCCクリーム、クッションファンデを使って時短メイクを試してみてくださいね。

◎兼用コスメを使う

最近はひとつで二役の兼用コスメが多く発売されていますよね。ひとつあればリップ・チークメイクができるヴィセのリシェリップ&チーククリームなどがおすすめです! 持ち歩きコスメとしてもコンパクトで重宝するので、兼用コスメを上手に使って、メイク時間の時短をしてみてくださいね。

◎眉ティントを使う

眉毛のメイクを失敗すると、その日のテンションが下がってしまいますよね。かといって、丁寧に眉メイクをしていたら時間もかかっちゃう…。そんなときは、いちど塗ったら数日間は眉メイクの必要がなくなる眉ティントを活用して、朝のメイク時間を短縮してみてはいかがでしょうか。

■【体験談】ポイントメイクでもキレイに見せる方法!

筆者である私がフルタイムで働いているときに実践していたポイントメイクは、「眉・アイカラー・リップ」の3つ。

まだ長女が小学2年生、次女が4歳で3女が1歳という時期で、朝は戦争でした。メイクにかける時間がほとんどないなか実践していた方法は、化粧下地+UVカットのベースをササッと手で塗った後、眉を作ります。次にスティックコンシーラーを下瞼から頬骨にかけての逆三角、鼻筋に少しと小鼻の真下、口角の下の4点にポンポンと乗せたたらまた手で広げます。これでベースは終わり。

次に眉を書き、淡いブラウンのアイカラーを目じりから目元に向かって、アイホールにポンポンと広げます(アイラインはナシ! 時間がかかるから)、ナチュラルカラーのリップを塗って完成です。

心配なのが「ファンデーションを塗ってない!」というところ。ですがコンシーラーの色味を自分の肌の色に近いものを選んでおけば案外なんとかなるものです。

ファンデくらい、パウダーインのリキッドささっと塗っておけばいいのでは…と私も思って最初使っていたのですが、仕事してると崩れてきてテカる→休憩中に油取り紙で取る→顔全体の印象が暗くなる→メイクするの繰り返しで、休憩時間にまたメイク時間がかかってしまうことに気付きました。

でも、コンシーラーはオイルコントロールもしてくれるので化粧直しも楽々。固形タイプの激安ファンデでも、コンシーラーでちゃんと下地を作っていればパサついて見えません。

チークだけはどうしても!という方でしたら下瞼のコンシーラーを少なくするなどしてコントラストの調節をしてくださいね。

あとマスカラもどうしても!というときは、小さめのビューラーを用意して、目じりから目の真ん中あたりだけ自然に持ち上げてみましょう。マスカラもお湯で落とせるものを。落とすことを第一に考えていると、洗顔時の時短スキンケアが可能になります。

■体を疲れさせない食事で全身キレイに!

消化酵素ってご存知ですか? タンパク質、糖質、脂質と、それぞれを消化吸収させるために人間の体から出る分泌物のことです。

実はこの消化という作業は、人の体を老いさせるといわれています。例を挙げるとステーキ1枚200gを完全に消化するために、人の体はマラソン約5キロ走れるくらいの体力を消耗します。

ハイカロリーなもの、例えばハンバーガーセットやピザ、ラーメンなどを食べて、直後に眠くなったことはありませんか? これは脳が「今から消化に体力使うから安静にして!」と体に命令しているからというから驚きです。

消化酵素を大量に使うことは体を疲れさせ、内側から老いさせること。なら何を食べて何を制限すればいいのでしょう?

まず制限すべきは肉類。肉類は消化に時間がかかります。また揚げ物もそう。さらに甘いモノもそうです。要するにお腹にたまると感じるものは、消化に時間がかかってお腹にずっといるもの。つまり消化酵素をたくさん要するものという事です。摂らずに生活はできませんが、できるだけ、一気にたくさんは摂らないように心がけた方がよさそうです。

では消化酵素をそんなに必要としないものはというと、それはフルーツです。フルーツは収穫された時点ですでに消化酵素をそんなに必要としません。安価で手に入るものほど熟れていることが多く、バナナ・リンゴ・オレンジ・キウイなどは通年安価で手に入り家計にも嬉しいですね。

まずは朝食のパンをフルーツ盛りに交換することから始めてみることをおすすめします。

次に野菜です。なんと生の野菜からは、消化酵素を取り入れることができます。できるだけ生の野菜を1日1回は食べるようにしましょう。ドレッシングは市販のものより、酢・少しの砂糖・植物油で手作りするとよりいいですよ。

消化酵素を節約・補填していると内臓にストレスがたまらないので血液循環もよくなって、肌も髪も爪もつやつやしてきます。肌は全身的にキレイになるので、1度試してみてくださいね。

■なんだかんだいって時短メイクの強い味方は睡眠♪

働くママだった時代の私の職業は介護職員で、施設職員としても訪問介護(ホームヘルパー)としても働きました。さらに3女が2歳になる前に離婚してからはフルタイム+月2、3回は休日出勤。家事において親族の手助けはないので目が回るような忙しさでした。

そんななか、スキンケアもろくにできていない状態でもなんとか肌質を保てたのは、睡眠の成果のように思います。どんなに家事がたまっていても23時には絶対に寝る!と決めていまして(決めていても実行できるのは2、3回に1回)、健康のためにも肌のためにもそれが1番の栄養分だったように思います。

やることが山積みでもとにかくちゃんと寝る事! これが時短メイクの最強のベースな気がします。

☆まとめ☆

ママにはキレイでいてもらいたい! きっと子どももそう思っています。でもメイクに時間がかかって子どものお世話がおろそかになるのは嫌ですよね。小学生になっても低学年の間は学校へ行く準備に手間がかかるものです。だったらとにかく自分の身支度をササッとする。

時短メイクももちろんそうですが、時短身支度も大事。前日から準備しておくなど、育児にかける時間を逆算して先回りし、導線をつくって、できる準備は前夜にしてしまいましょう。

キレイなママは自然と周りを明るくしてくれます。出発前に最低限のメイクはしておきましょう。化粧品がプチプラでも黙っていれば分かりません! メイクしてキレイになって胸を張って仕事に出かけましょう。

(文/千尋、namiki 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:美容・健康

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!