• HOME
  • 美容・健康
  • 【体験談】シンママの美容院代節約方法!元極貧シンママがお教えします!

【体験談】シンママの美容院代節約方法!元極貧シンママがお教えします!

みなさん美容院代って月どれくらい使いますか?毎月行かないと気が済まない方は髪に4,5千円かけているんでしょうね。でもそのお金、まるごと貯金できたとしたらかなり助かりますよね!シンママの美容院代の節約と節約に関する失敗談についてお話します!

タグ: , ,

 

シンママのみなさん! 子供のために、生活のために、自分へのご褒美のために、節約がんばってますか!? 節約が大切でもどうしても費用がかかってしまうのが美容院代。子供の髪はバリカンでよくても自分の髪は他人に見られるから、きちんとしておきたいですもんね。

 

実は私、元シンママで3姉妹を育てながら節約生活を営んでおりました。その当時役に立った、というか再婚した今でも続けている美容院代節約方法についてご紹介します!

 

■安価で理想の髪型に!カットモデルのススメ

 

カットモデルって何かご存知ですか?

 

カットモデルとは見習いの美容師さんの練習台として自分の髪を切ってもらう、もしくはパーマを当ててもらう事を言います。お値段は0円~1500円くらい。

 

駆け出しの美容師は何年かスタイルストのアシスタントとしてカットの補佐を行いながら、閉店後にカットやパーマの講習を行います。この時スタイリスト直々に髪を切らせることもありますが、そう何回も切らせてあげることは出来ませんよね。かといってマネキンでのブロー、カット、パーマの練習だけではスタイリストになる試験に合格できません。そこで一般の有志の方にカットモデルをお願いし、練習台になってもらっているという訳です。

 

どうやったらカットモデルになれるの??

 

私はカットモデル歴実に5年を迎えようとしています。(笑)5年間でカットする事21回。パーマは2回経験しました。

 

まずカットモデルになる方法ですが、私は近所のそこそこおしゃれそうな美容院の「カットモデル募集」という張り紙広告で発見しました。他には「minimo」というアプリをダウンロードし、近くの店舗でカットモデルを募集していないか常にチェックしています。

 

でもカットモデルの条件というものがある美容院もあり、スグに切ってもらえるという訳でもありません。セミロング以上の髪の長さや髪色も条件で出していることもあります。月1回は美容院に行きたい!と思っているなら、何件かカットモデルをよく募集している店舗をチェックしておく必要があります。

 

■カットモデルで起こったトラブル!

 

さっきも言いましたように、カットモデルとは美容師の見習いに髪を切ってもらう、パーマをあててもらうことです。皆さんすでに多少はお察しかと思いますが、私が体験したカットモデル失敗談を2つご紹介いたしましょう。

 

まず1つ目。理想の髪型にならなかった話。

 

鎖骨ぐらいまでのロングを3cm程度切ってもらうという約束でカットモデルを申し出、見習い美容師さんに切ってもらうことになりました。結構髪の量が多いので、中をすいてもらわないと広がってしまう髪質なのですが、それを伝え忘れたからか、出来上がった髪型はちびまるこちゃん。

 

あれ? しかも切りすぎてない??

 

見習いの女の子は口下手でとても緊張していて、おおよそ10歳くらい年上の私からはダメ出しがしにくく、「どうですか?」と最後に聞いてくれるのかと思いきや最後まで無言…。先輩スタッフさんもなぜか満足気で謎なお店でした。

 

しばらくピンでとめたりヘアバンドしたりでゴマ化していました。

 

2つ目はカラーです。

 

カラーなんて素人のセルフでもできるから、見習いさんでも簡単でしょうと張り紙をみて早速申し出ました。カラーはあまり選べないとの事でしたが、黄色すぎなければ良い職場だったのでかなり乗り気でその日を迎えました。

 

しかし最初の方から何だかもたもた。カラー剤の混ぜ方からいきなり間違えたみたいで「少々お待ちください」と開始5分で見習いさんは姿を消し。15分後に「お待たせしました」と来て早速根元から塗り込み始め、しばらく置くも首をかしげる見習いさん。見るに見かねた先輩が来て私の髪をチェックすると2人はワゴンで何やらごそごそ。

 

頼んだのは元の色に近いブラウンだったのですが、どうやら色味をちょっと待ちがえたようでした。

 

付け根黒いブラウンだった私の髪色は最終的になぜか灰がかったオレンジへと変貌。職場の規則にはギリひっかっかりませんでしたが、肌色に合わず、ファンデーションを買い替える羽目になりました。

 

☆まとめ☆

 

カットモデルに関する事しか書きませんでしたが、ほかにもクーポンやオープン店舗のキャンペーン期間を狙っての美容院代の節約、あとセルフカットやセルフカラーリングでの美容代の節約もアリですよ。

 

髪型が失敗したら…と考えると美容院代の節約はハッキリ言って怖いです。でも子供の将来の為の貯金の為、今もカットモデルを頑張っています♪

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

タグ: , ,