• HOME
  • 美容・健康
  • シングルマザーも要注意! 子育て中は老けるといわれるのはなぜ?

美容・健康

シングルマザーも要注意! 子育て中は老けるといわれるのはなぜ?

育児中は老けてみられやすいといわれています。子育て中のママは、まだまだ若い世代が多いですよね。しかし、老けてしまうのはなぜなのでしょうか。老けて見えてしまうことがある一方で、保育園や幼稚園に通わせているママでもきれいな人っていますよね。そのママの特徴ってどんなところにあるのでしょうか。

子どものためにも自分のためにも、きれいでいたいシンママ必見です!

■子育て中に老けてしまう原因とは

子育てしていて老けてしまったり、老けて見られたりしてしまう原因は人それぞれです。原因を知って、どんなことに気を付けたらいいか、考えてみましょう。

◎産後の体型変化

産後に太ってしまう人もいれば痩せてしまう人もいます。授乳をしているママで、痩せてしまったどころか、夜間の夜泣きもあって頬がこけてしまったという人もいました。また、卒乳すれば胸が垂れてしまって残念な形になってしまったというママもいます。

また、妊娠中に急激に太ったことで妊娠線ができたり、産んだ後も下腹が出たままもとに戻らず、産前に着ていた服が合わないため、楽なだぼっとした服を好んで着てしまい、おしゃれどころではなくなってしまったというママもいます。

もともと痩せているママが太ると、ファッションもどうしたらいいか分からなくなってしまいがちですし、子育てしていると楽さを重視してしまうため、どうしてもおばさん化してしまいやすいそうです。

◎産後の体質の変化

子どもを産んでから体質が変わって、肌が荒れやすくなったり、太りやすくなったりということが起こることがあります。あるママの場合、一人目を産んだ後はそうでもなかったのに、二人目を産んだ後に、肌質が変わってファンデーションが崩れやすくなり、以前よりも頑張ってもきれいが長続きしなくなったといいます。

◎精神的なストレスと寝不足

子育てをしているとストレスを感じることがよくあるでしょう。さらに子どもの夜泣きやぐずりなどで寝不足になってしまうと、顔色も悪くなり、頬がこけたといわれたり若々しく見られないことがあります。

◎子ども優先で自分のことは後回しになる

子育てをしているママは、誰でも子どもを優先にするので、どうしても自分のことは後回しになりがちです。

特に、働くママやシンママは、メイクの時間さえもゆっくり取れない人が多いです。そのため、スキンケアもオールインワン化粧品で済ませるママもいます。化粧をすることに時間をかけられないため、ファンデーションをさっと塗るだけで出かけることもあるでしょう。ただ、紫外線対策がしっかりできていないと、しみができやすくなってしまいます。

特に、子育て中は、親子で出かけるときに日中紫外線を浴びる機会がどうしても増えてしまいます。そのため、しみがあることによって老けて見えることに悩んでいるママもいます。

■老けて見られないママはここが違う! 今からでも間に合う対策とは

もう今さら若々しさを取り戻すことなんて不可能だと思っていませんか。女性は気持ちや気力でいくらでもきれいを取り戻せるのです。実際に、若々しくきれいなママがしていることや特徴をまとめました。

◎髪型をきれいにする

きれいに見えるママの特徴として、髪の毛につやがあってきれいに見えるということがあります。肌だけではないのです。髪や髪型がきれいなだけで、印象はぐっとよくなります。朝、髪の毛をブローをしたり巻いたりすることは、子育て中のママでもできます。子どもが起きてくる前にそういった髪の毛やメイクを済ましてしまうのもおすすめです。

◎紫外線対策をしっかりとする

メイクをしている時間がなければ、紫外線対策効果がある下地を使うだけでも違います。シミの原因の80%以上は紫外線によるものだといわれています。時間がないからちょっと外に出るだけだし、とメイクや紫外線対策を怠ってしまうと、シミが気付かないうちにどんどんできてしまいます。肌の老化をもとに戻すにはお金も時間もかかるので、今から紫外線対策はしっかりしておきましょう。

◎子育てを心から楽しむ工夫をする

子育てに疲れて精神的にまいってしまうと、どうしても表情や行動に変化が出てきてしまいます。そのことで老けてみられる可能性が高くなります。逆に、子育てを前向きに、いきいきとしているママは若々しく見えるので、小さなことでも子育ての楽しさを見つけるよう気持ちを切り替えてみましょう。

~おわりに~

老けて見られることが残念だと感じたときには、今より少しおしゃれに気を使ってみるといいでしょう。独身時代に気を付けていた髪型やメイクにこだわってみるとか、おしゃれな服を着てみるとかいうことだけでも外見は変わるものです。

子育てを頑張っているがゆえに老けることは、必ずしもマイナスではありません。子育てを立派にしているママの勲章でもあるのです。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:美容・健康

8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!