SMM4071

起業という選択肢!どうなる?シングルマザーの働き方!

子育てと仕事の両立が求められるのがシングルマザー。子どもを抱えていたら仕事できない?いいえそんなことありません!起業という選択肢があります。

SMM4071

子育てと仕事の両立が求められるのがシングルマザー。子どもを抱えていたら仕事できない?いいえそんなことありません!起業という選択肢があります。

 

(1)みんなはどう?シングルマザーの働き方とは

SMM4072

シングルマザーは非正規雇用として働く人が過半数を占めます。これは、子どもがいると仕事をどうしても休まなければならないときがあることから正社員として働きにくい、また子育てにより離職していると社会復帰しにくくなるという点にあります。日本では働くお母さんを支援する取り組みがまだまだ発達していないため、働きながら子育てをするシングルマザーにとって生活しやすいとは言い難いですね。

子どもの将来を考えると、非正規雇用であることは難しい。かといって子育てと正社員で働くことを両立するのは厳しいものがある。仕事も子育ても自分でやりたい!妥協したくない!そんなあなたに起業という選択を提案します。

 

シングルマザーが就職する時に気をつけるべき5つのポイント

 

(2)シングルマザーの起業という選択肢!

SMM4073

実際に起業して活躍しているシングルマザーもいます。EC studioスペースの大崎弘子さんもそのうちのひとりです。大崎さんは何かあったときに生きていけるよう、資格や仕事の経験などを身につけていたそうです。大崎さんは子どもの病気などで欠勤することが多いことを見越して1社に縛られる正社員という選択ではなくパート、アルバイト、契約社員などの掛け持ちにより解雇のリスク回避をしました。そんなときアルバイトとして働いていた会社での仕事が自分にあっていたため正社員になり、自分のプロジェクトを立ち上げるために起業して独立しました。これももしものためにと身につけていた、資格や経験が役に立ったと、大崎弘子さんはかんがえています。大崎弘子さんのシングルマザーだからと仕事に妥協しないスタイルと自分なりの仕事との付き合い方が確立していたことが彼女の起業につながったのだと思います。子育てと仕事を両立させながら仕事を極め、安定した収入を得ているという点では理想的なシングルマザーの生活スタイルであると言えますね。

引用出典:http://toyokeizai.net/articles/-/84375?page=2

 

(3)どうなる?起業したシングルマザーの生活

SMM4074

シングルマザーが起業することのメリットは、自分が仕事のトップにたつことで、子どもの病気などで仕事を休むということになっても他の人の迷惑になるというようなことにならないという点です。また、雇われる側だと欠勤が続くと解雇というリスクがあるのである意味、起業はリスク回避となるでしょう。ただ、起業は働く環境という点ではシングルマザーによいですが、安定した収入という点ではリスクがあります。ある程度社会的経験やビジネスビジョンを持ったシングルマザーじゃない起業は収入という点でリスクがあります。また、自分が仕事のトップになることでスケジュール管理はたしかにしやすいですが、自分のしたで働く人には説明が必須となります。そう考えると仕事と子育ての両立は簡単なことでないと言えますね。

しかし、シングルマザーだからといって仕事をあきらめていては子どもの手前、格好がつきませんし、シングルマザーという立場だから考え付くこと、女性として、主婦として、時にはオフィスレディーとして、できることもあります。あきらめないで起業してみるのも選択肢の一つではないでしょうか?

 

(4)最後に

SMM4075

シングルマザーでも仕事に妥協しないママさんも世の中にはたくさんいらっしゃいます!フリーランスや起業など働き方が多様化している今の時代、子どものために、なにより自分のためにも起業という選択肢もありなのではないでしょうか?